騒音の発生源(交通関係)
騒音は様々な要因によって発生する。交通関係から発生する騒音は、自動車、オートバイ - エンジン、舗装路面の走行音、過積載、消音器の改造、整備不良、クラクション、高架道の継ぎ目、暴走走行で発生するスキール音、。鉄道(新幹線、在来線) - 踏切警報音、レールの継ぎ目、鉄橋、高架橋脚、モーター音など。さらに航空機関係では(空港、軍事基地) - 飛行機(ジェットエンジン、プロペラ)、ヘリコプター(プロペラ)等で特殊車両関係は、緊急自動車 - パトロールカー、消防車、救急車などのサイレン等による。モーター競技施設、サーキットなどの自動車競技 、宣伝や選挙、右翼団体、市民団体などの拡声器(街宣車)から意図的に大音響を発生するものもある。個々の測定は法令や基準に照らし合わせながら適宜測定して判断することとなる。
Date: 2014/11/29(土)


騒音に起因する健康障害
騒音はその人に心理的悪影響を及ぼし、生理的には血圧上昇、食欲減退、聴覚障害等が生じ仕事や勉強の作業能率が低下することもある。騒音測定は様々な原因を調査する為に重要な項目となるが一般的な普通騒音計には聴覚補正回路と呼ばれるA,B,Cの三つの回路感度特性がある。A特性は、等感度曲線の40ホンの、B特性は70ホンの、C特性は85ホン以上の平たん曲線に感度が近似するように作られている。
Date: 2014/11/28(金)


一過性聴力閾値上昇
TTSは騒音暴露後短時間に起こる聴力低下で、可逆的なものであり、聴覚の疲労現象とも解される。永久性聴力閾値上昇PTSは一日の作業で起こるTTSが十分回復しないうちにまた騒音暴露を受けることを繰り返すと、コルチ器官の器質的病変を生じており、騒音性難聴はこの状態をいう。音響外傷 災害性難聴に分類されるもので、きわめて短い時間のうちに強大な音響により聴器が損傷されて起こる永久的聴力損失をいう。
Date: 2014/11/27(木)


騒音と耳鳴り
騒音レベルが大きければ大きいほど、また、連続音より衝撃音の方が騒音性難聴の発生率が高い。騒音性難聴の前駆期には耳鳴りが起こる。一般健康診断で 4000Hz の周波数で「所見あり」と判定された人は必ず詳しい聴力検査を受けることが重要である。
Date: 2014/11/26(水)


騒音の聴力への影響の現れ方
騒音性難聴の起こり方は、暴露騒音の音圧レベル、周波数、衝撃性および暴露時間によって異なる。いずれの場合も4000Hzを中心とした高音域の聴力損失が最初に現れる。日常会話音域は500~2000Hzであるため、早期の聴力低下は自覚がない。騒音暴露が持続すると4kHzのみならず2000Hz、1000Hzにおける聴力も低下し、日常生活に支障をきたすようになる。聴力レベルの低下は個人差が大きいが、血圧の低い人、中耳炎やストレプトマイシン注射の既往のある人、頭部打撲の既往のある人、慢性の偏頭炎や蓄膿症のある人、アレルギー体質の人等は騒音性難聴をきたしやすいといわれている。

Date: 2014/11/25(火)


騒音加害者の意識
音圧が基準値を超えるものは騒音と認識され、また、ある人にとって好ましい音であっても、他の人にとっては騒音と感じる事もある。一般的に不協和音などは騒音に聞こえるが、具体的に何を騒音と感じるかは、個人の心理状態や感覚、生まれ育った環境によって異なる。騒音被害者は精神的ストレスを受け、一方騒音加害者はその意識が薄い(または認めようとしない)為、 騒音に端を発するトラブルは発生しやすく、事件に発展するケースも多い。騒音被害者が泣き寝入りをしたり、引越しする事になるケースも多い。
Date: 2014/11/24(月)


高齢者になったら耳が遠くなる
高齢者になると耳が遠くなったと感じるのは高周波の音が聞こえなくなった、聞きづらいと感じるからである。私達は実は、耳で音を聞いているのでなく、脳で聞いて音の音源が何であるか脳が理解しているのです。ところが、私達の身の回りでは、人の耳に聞こえない、感じられない音が沢山存在している。これらの音は測定器を使用して測定しないとキャッチ出来ない音である。人の耳が聞き取ることの出来る領域を可聴域といい20〜2万ヘルツであると言われているが、20ヘルツ以下が超低周波音で2万ヘルツ以上が超音波である。
Date: 2014/11/23(日)


静寂の価値観
静寂によって脳にどのような影響が生じるのかについてはまだまだ解明されていないことが多いものの、例えば、ノイズキャンセリング機能のついた高級ヘッドホンや瞑想を体験するツアーなどのように、近年、「静寂」をウリにするビジネスが増加しています。また、フィンランドの観光局は「静寂な環境は重要な観光資源である」と考え、静かな環境を優れた利点として積極的に売り込んでいるとのこと。一見、「何もないだけ」とも思える「静寂」を、多くの人がお金を惜しまずに求めているという事実こそが「静寂」の効果や価値観が高まっていると感じられます。

Date: 2014/11/22(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000332
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72