ネットワーク・アナライザ
ネットワーク・アナライザはネットワーク(回路網)の解析を行うための測定器である。低周波回路のように回路の様々な部分の特性を測って回路網の解析を行うのではなく回路に入力した信号の電力と、回路から出てきた信号の電力を測定して、入出力間の伝達特性(通過特性)や反射特性を求める。高周波測定で最も使用頻度の高い測定器で様々な回路の特性評価に使用されている。スカラ・ネットワーク・アナライザは回路に入出力される電力の大きさだけを測定する。測定量の比から通過特性(ゲイン・減衰量)や反射特性(VSWR,リターン・ロス)を算出する。スカラ・ネットワーク・アナライザの測定には本体のほかに専用の検波器、専用の方向性ブリッジ、信号発生器などが必要となる。ベクトル・ネットワーク・アナライザは回路に入出力される信号の振幅と位相を測定する。測定値をベクトル量で取り扱うので、スカラ・ネットワーク・アナライザに比べて測定できる特性が格段に増える。
Date: 2022/05/02(月)


高周波における汎用測定器
高周波では測定評価項目に応じて、様々な測定器が単独または組み合わせて使用されます。また測定器には基本的な汎用測定器と、ある特定の評価だけに使用される専用測定器があります。使用頻度の高い汎用測定器としては回路網の解析を行うためのネットワーク・アナライザや周波数成分の解析・表示を行うスペクトラム・アナライザ、電力を測定するパワー・メータ等があります。また信号発生器では出力信号の周波数とレベルを変えることができさらに変調を加えることもできます。
Date: 2022/04/28(月)


高周波測定と低周波測定
機器に関する測定では低周波回路で特性測定というと信号の電圧による測定が中心でオシロスコープが主に使用される。人体の影響への微細な低周波の測定には専用の低周波測定器が使用され電界と磁界の測定が行われる。この人体測定の精度は同じドイツの測定器によっても値段によってかなり違うということを認識しておいたほうがよい。高周波に関する機器の測定で高周波回路の測定では、高周波でも安定して正確に測定可能な電力が使われる。人体に関する測定ではμW/屬箸いθ細な電力密度の測定となる。これもドイツの測定器で現場のピークホールドを捉えることになるが測定器の精度によって測定値にかなりの差異が生じる。常に変化する微細な電力量を捉えるにはそれなりのシステムが必要となる。
Date: 2022/04/18(月)


電磁波に関する人体への影響を検知するための測定と機器の性能等に関する測定
人体に関する電磁波測定とは人体に関する低周波電磁波や高周波電磁波等に関するできるだけ最小限の閾値を検知するための測定になるので専門の測定器を使用することで意外とシンプルな測定ができる。しかし各種電子機器の性能を検知するための測定は以下のように複雑で周辺機器も多岐に亘り複雑である。機器性能に関する測定には電力の測定からインピーダンスの測定、反射特性の測定、通過特性の測定、アイソレーション特性の測定、周波数の測定、高周波の測定、P1dBの測定、IM,IP3の測定、NFの測定、スイッチング・スピードの測定、フィルターに関する測定、アンプに関する測定、ミキサに関する測定、発信回路特有の測定、検波回路の測定、基盤特性の簡易測定、受動部品の寄生成分の測定、伝送線路の損失測定、伝送線路の不整合個所を特定するための測定、アンテナ特性の簡易測定、受信機に関する測定、送信機の関する特性の測定、EMI問題個所の測定等々と多岐に亘る。また周辺機器に関するケーブルやコネクタ、備品もその性能も多岐に亘る。
Date: 2022/04/11(月)


騒音の定量化と騒音評価
騒音を定量化する方法としては騒音レベルの測定と騒音の周波数分析による。また騒音評価にはNCなどによる騒音評価及びNRNによる騒音評価がある。SIL(会話妨害レベル)は騒音が会話や電話の通話等に影響する程度を知る方法である。SILに直接関係ない周波数帯域も考慮に入れて提案されたのが基準騒音曲線(NC曲線)である。NC値を求めるには騒音のオクターブ分析を行わなければならない。NCをさらに発展させたのがNRN(騒音評価指数)による騒音評価である。
Date: 2022/04/04(月)


嗅覚異状の分類
化学物質過敏症は化学物質に敏感に反応するが今回は臭いに関する症状による異常な症状に関する分類を取り上げてみます。感覚上からは嗅覚の異常を嗅覚の程度の異常と、異状な嗅感覚の二つに大別される。嗅覚の程度の異常には嗅覚脱出(全くにおいを感じなくなった状態)と嗅覚減退(正常者に比べ弱くしか感じなくなった状態)に分類される。また異常嗅感覚は異臭症1(すべての臭いそのもののにおいとは異なった臭いとして感じる)、異臭症2(におい刺激があるとそのもののにおいとは関係なくある一種の臭い様の感覚がおきる)、自発性異常嗅感(においの刺激がないのに自発性に異常なにおい様の感覚がある)に分類される。これに対し精神疾患(分裂症など)が原因で嗅覚に関する幻覚(幻嗅など)を訴えることもある。
Date: 2022/03/28(月)


戸建て住宅の「音環境」性能表示(等級3〜等級1)
戸建て住宅では、外部からの騒音や室内の外部にもれる音に対して弱点となる外壁開口部(玄関ドアやサッシなど)について、空気伝搬音をどの程度遮断するかによって等級が定められている。開口部の評価は東西南北の方位別に行う。戸建て住宅における「音環境」の等級3は特に優れた遮断性能で平均25db以上の遮音性能(JIS等級T-2以上のサッシ・ドア)。 25db(デシベル)の遮音性能とは、ささやき声や木の葉のすれあう音よりやや大きめの音を遮断できる防音性能を表す。閑静な住宅地の騒音レベルは40〜45dbとされているから、そこからさらに25db相当の音を遮断した状態、かなり静かな音環境ということになる。JIS等級T-2以上のサッシとは、JISで規定されたサッシやドアで遮音等級がT-2以上のドアやサッシであるという意味。サッシでいうと複層ガラスの一重サッシや二重サッシなど防音効果の高いものに相当する。等級2は優れた遮断性能 平均20db以上の遮音性能(JIS等級T-1以上のサッシ・ドア) 。20dbの遮音性能とは木の葉のすれあう程度の音を遮断できる防音性能。静けさを感じることができる音環境と言える。JIS等級T-1以上とは、JISで規定されたサッシやドアで遮音等級がT-1以上のものであるという意味。複層の一重サッシや公称5舒幣紊涼曳張ラスの一重サッシ、断熱構造やアルミ製の出窓など、一般的なサッシ・ドアよりやや防音効果のあるレベルのものを指す。等級1は等級2に満たない程度 一般的なサッシ・ドア
Date: 2022/03/21(月)


住宅内の測定と評価
住宅で、同一建物内の隣戸の話し声は窓または外壁の遮音性能により上階の足音や子供の飛び跳ね音や走りまわり音は床衝撃レベルの測定により評価できる。重量床衝撃音対策としては共同住宅のみ「重量床衝撃音対策等級」または「相当スラブ厚(重量床衝撃音)」のいずれかを選択して評価・表示する。重量床衝撃音対策等級は上の階の床から下の階の居室に伝わる重量床衝撃音(重量のあるものの落下や足音の衝撃音)を遮断する対策の程度を表示する(等級5〜1)。 軽量床衝撃音対策としては共同住宅のみ「軽量床衝撃音対策等級」または「軽量床衝撃音レベル低減量(床仕上げ構造)」のいずれかを選択して評価・表示する。 軽量床衝撃音対策等級は 居室の上下階との界床の軽量床衝撃音(軽量のものの落下の衝撃音)を遮断する対策の程度を表示する(等級5〜1)。内外部からの様々な機器等による20Hzから80Hzまでの低周波音も昨今気になる測定の対象となる。さらには風力発電のあるところでは20Hzまでの聞こえない騒音である超低周波音も測定の対象になる。それぞれの測定が専門性の高い測定となる。
Date: 2022/03/14(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004205
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72