農薬関連物質の環境への経路・分布等
使用目的に応じて、殺生物剤(農薬関連物質)は、地表水、堆積物、土壌、および大気や地下水の環境領域に直接的または間接的に侵入していく。水域への殺生物性の侵入は、プレジャーボートの防汚コーティング等の影響もある。ドイツのマリーナで防汚剤シブトリン(イルガロール®)の濃度調査の結果、年間平均濃度として超えてはならない箇所が50施設中35か所、5カ所では、最大許容濃度の0.016μg/Lをも超過。さらに、連邦環境庁の流動・静水シミュレーション施設では、内陸水域に生息する水生植物や微生物に対する生態毒性の影響が実証されている。これらの容認できない環境リスクにより、防汚剤としてのシブトリンは、2017年1月31日以降、EUで販売されなくなった。その結果、ドイツの主要河川の7か所で環境試料バンクの懸濁物質サンプルを調査したところ、2011年から2020年にかけてシブトリン濃度が低下していることが示された。しかし、活性物質が禁止されているにもかかわらず、浮遊物質中には依然として低レベルが遍在している。殺生物剤は、ファサード塗料や外装漆喰などの建築材料にも、不要な藻類や真菌の繁殖から保護する目的で使用されている。これらの物質は雨によってファサードから洗い流され、生活排水と一緒に合流下水道システムに行き着き、次に下水処理場に入るか、雨水管を介して直接地表水に到達し、多くの場合未処理のまま環境中へ流入している。
Date: 2024/04/22(月)


ドイツにおける環境中の殺生物剤
殺生物性製品は、動物の害虫や害虫だけでなく、藻類、真菌、バクテリアとも戦います。消毒剤や木材防腐剤から蚊よけスプレーやアリ毒まで、さまざまな分野で使用されています。殺生物性活性物質は、環境や人間や動物の健康に潜在的に危険を及ぼす可能性もあります。欧州殺生物性製品規則(EU 528/2012)によると、殺生物性製品は「有害な生物を破壊、抑止、無害化、その効果の防止、またはその他の方法で制御する」ことを目的としています。しかし、それらはしばしば他のいわゆる非標的生物にも影響を与えるため、環境中に意図しない影響を与える可能性も高いのです。殺生物性製品の応用分野は数多くあります。用途は、消毒剤や材料保護剤から、殺歯類や昆虫の防除剤、汚れに対する船舶用コーティング剤まで多岐にわたります。合計22の製品タイプ(PT)が区別されます。欧州連合 (EU) は、殺生物性製品に使用する 150 の活性物質を承認しています (2023 年 12 月現在)。手続きがまだ完了していない殺生物性製品があります。これらは、ドイツで販売できるようにするために、連邦化学品局に報告する必要があります。毎年、連邦政府機関は、22の製品タイプのうち、どの殺生物性製品がドイツ市場で入手可能であるかを発表しています。例えば、2024年3月には、約33,000点の殺生物性製品がドイツ市場で販売可能になりました(約31,250点の殺生物性製品が報告され、約1,650点の殺生物性製品が認可されました。欧州化学物質庁(ECHA)のウェブサイトでは、EUの承認済み活性物質リストに含まれている殺生物性活性物質の調整評価レポートを誰でも閲覧できます。さらに、個々のEU加盟国ですでにテストおよび承認されているすべての製品は、欧州化学機関(ECHA)のWebサイトに掲載されています。

Date: 2024/04/15(月)


室内のダニ分布
またダニ・カビのシーズンがやってきます。室内のダニはご存じの通り7割以上がチリダニ科のダニです。フケ・垢等の不飽和脂肪酸を含んだ塵の多い場所、寝室、居室に多いこれらのダニは同一部屋内でも、居室では座卓の周囲や入口に多いといわれ、部屋の隅では少ないといわれています。素材別では絨毯・化繊約95%、衣類89%、掛け布団、87%、古畳85%、敷布団80%、絨毯・毛72%となっています。以上はチリダニの場合ですがイエササラダニ、ホコリダニ、カザリヒワダニ等の分布状況は少し異なるようです。いずれにしてもチリダニ以外のダニは比較にならないぐらいチリダニ比べ少ないといえます。
Date: 2024/04/08月)


生態学的な地域環境
インフラストラクチャの使用法の適切な組み合わせに注意してください。職場、公共交通機関、学校、ショップなどへの短い距離。人道的で環境にやさしい方法で生活空間をデザインする。農村部と都市部の集落に十分な緑地を提供する。地域と自給率を強化し、地域のサービスネットワークとサプライヤーを統合する。汚染サイト、放射線源、汚染物質の排出、可能であれば騒音で汚染されていない建物区画を選択してください。これらも建築生物学的な考えによるものですがドイツ、ヨーロッパの地域性に根差した考え方によるものもあります。いずれにしても理想に根ざしたものですがこれにそれぞれの国柄の地域性も考えた地域環境を選択、創造することも考慮する必要があります。
Date: 2024/04/01(月)


インテリアデザインと建築について
ドイツにおける建築生物学的における建築におけるインテリアデザイン等の考え方について;調和のとれたプロポーションと形状に注意する。見たり、聞いたり、においをかいだり、形などの感覚的な印象を促進する。自然光の条件と色に注意を払い、ちらつきのないランプを使用。生理学的および人間工学的所見を検討する。地域の建築文化と職人技を促進する。環境、エネルギー、水について、エネルギー消費を最小限に抑え、再生可能エネルギー源を使用する。建物や改修の際に環境への悪影響を避ける。天然資源を保護し、動植物を保護する。地域の建設方法を優先し、可能な限り最高の生態学的バランスで材料と経済サイクルを選択する。最適な飲料水品質を確保する等です。これらはあくまで基本的な考え方、抽象的なことも多いので具体的なこと、例えば形状や色等に関しては専門的にも様々な見地から選択していかなければなりません。
Date: 2024/03/25(月)


良好な室内環境を維持するためには
良好な室内環境を維持するためには刺激と汚染物質を減らし、十分な新鮮な空気を供給する。有害なカビや酵母、バクテリア、ほこり、アレルゲンを避けてください。ニュートラルまたは香りのよい素材を使用する。電磁場と電波を最小限に抑える。加熱には放射熱(輻射)を優先。建築材料とインテリアデザイン。放射能ができるだけ少ない天然の汚染物質のない材料を使用する。断熱、蓄熱、表面および室内の気温のバランスの取れた関係に注意してください。湿気補償材料を使用する。低い新しい建物の湿気(乾燥)に注意してください。部屋の音響と遮音性を最適化(含む。インフラサウンド)等々がドイツにおける建築生物学の推奨する室内環境です。新たなる建材や省エネ基準が新基準となる中このような基本的な考え方を忘れないことも重要なことです。
Date: 2024/03/18(月)


エレクトロニクス用アース
エレクトロニクス用アースは近くの金属の塊であれば何でも良いということになるがアースとして有効かどうかということは物の寸法と、金属の塊の大きさとの相対的寸法による。プリント版のような小物であれば土でも立派なアースになりうるということである。エレクトロニクス用アースの目的はノイズ対策、不要輻射対策が目的である。様々な半導体が使用される機器の集合体である機器の半導体による入力インピーダンスよるノイズ対策もその対応には詳細な対応が必要となる。
Date: 2024/03/11(月)


2種類のアース
アースには「電力用アース」と「エレクトロニクス用アース」の2種類がある、言葉は味アースでも、内容は、全く異なる。「電力用アース」は感電防止のめで「ノイズ対策、不要輻射対策ために」というのがエレクトロニクスン連ということになる。家電製品の取扱説明書には感電防止のためアースを必ず取り付けてください付属のアース棒をご使用の時には、湿った地中に40cm以上打ち込んでください等の説明がいてありますが本格的なアース工事は大変である。良いアースを作るには湿地帯に打ち込むのであれば簡単にできるが山の上の団地等では最悪のケースとなる。地域によってはアース工事をするには大変な費用がかかることがある。
Date: 2024/03/04(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000027
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72