生態学的な地域環境
インフラストラクチャの使用法の適切な組み合わせに注意してください。職場、公共交通機関、学校、ショップなどへの短い距離。人道的で環境にやさしい方法で生活空間をデザインする。農村部と都市部の集落に十分な緑地を提供する。地域と自給率を強化し、地域のサービスネットワークとサプライヤーを統合する。汚染サイト、放射線源、汚染物質の排出、可能であれば騒音で汚染されていない建物区画を選択してください。これらも建築生物学的な考えによるものですがドイツ、ヨーロッパの地域性に根差した考え方によるものもあります。いずれにしても理想に根ざしたものですがこれにそれぞれの国柄の地域性も考えた地域環境を選択、創造することも考慮する必要があります。
Date: 2024/04/01(月)


インテリアデザインと建築について
ドイツにおける建築生物学的における建築におけるインテリアデザイン等の考え方について;調和のとれたプロポーションと形状に注意する。見たり、聞いたり、においをかいだり、形などの感覚的な印象を促進する。自然光の条件と色に注意を払い、ちらつきのないランプを使用。生理学的および人間工学的所見を検討する。地域の建築文化と職人技を促進する。環境、エネルギー、水について、エネルギー消費を最小限に抑え、再生可能エネルギー源を使用する。建物や改修の際に環境への悪影響を避ける。天然資源を保護し、動植物を保護する。地域の建設方法を優先し、可能な限り最高の生態学的バランスで材料と経済サイクルを選択する。最適な飲料水品質を確保する等です。これらはあくまで基本的な考え方、抽象的なことも多いので具体的なこと、例えば形状や色等に関しては専門的にも様々な見地から選択していかなければなりません。
Date: 2024/03/25(月)


良好な室内環境を維持するためには
良好な室内環境を維持するためには刺激と汚染物質を減らし、十分な新鮮な空気を供給する。有害なカビや酵母、バクテリア、ほこり、アレルゲンを避けてください。ニュートラルまたは香りのよい素材を使用する。電磁場と電波を最小限に抑える。加熱には放射熱(輻射)を優先。建築材料とインテリアデザイン。放射能ができるだけ少ない天然の汚染物質のない材料を使用する。断熱、蓄熱、表面および室内の気温のバランスの取れた関係に注意してください。湿気補償材料を使用する。低い新しい建物の湿気(乾燥)に注意してください。部屋の音響と遮音性を最適化(含む。インフラサウンド)等々がドイツにおける建築生物学の推奨する室内環境です。新たなる建材や省エネ基準が新基準となる中このような基本的な考え方を忘れないことも重要なことです。
Date: 2024/03/18(月)


エレクトロニクス用アース
エレクトロニクス用アースは近くの金属の塊であれば何でも良いということになるがアースとして有効かどうかということは物の寸法と、金属の塊の大きさとの相対的寸法による。プリント版のような小物であれば土でも立派なアースになりうるということである。エレクトロニクス用アースの目的はノイズ対策、不要輻射対策が目的である。様々な半導体が使用される機器の集合体である機器の半導体による入力インピーダンスよるノイズ対策もその対応には詳細な対応が必要となる。
Date: 2024/03/11(月)


2種類のアース
アースには「電力用アース」と「エレクトロニクス用アース」の2種類がある、言葉は味アースでも、内容は、全く異なる。「電力用アース」は感電防止のめで「ノイズ対策、不要輻射対策ために」というのがエレクトロニクスン連ということになる。家電製品の取扱説明書には感電防止のためアースを必ず取り付けてください付属のアース棒をご使用の時には、湿った地中に40cm以上打ち込んでください等の説明がいてありますが本格的なアース工事は大変である。良いアースを作るには湿地帯に打ち込むのであれば簡単にできるが山の上の団地等では最悪のケースとなる。地域によってはアース工事をするには大変な費用がかかることがある。
Date: 2024/03/04(月)


ドイツで寝室に主電源スイッチを設置する理由
ドイツにおける主電源フリースイッチは主電源カプラーとも呼ばれ、生物学の構築のために頻繁に使用される効果的な機器である。睡眠場所で交流電場を大幅に削減する。フリースイッチの特別な利点は、家屋内から発せられる電界と、電気設備やプルプラグに大きな介入をする必要のない、接続されているすべてのラインとデバイスで、 削減することも、完全に排除することもできる。このようなパワーパッカーは、ヒューズボックス(ディストリビューターボックス)にインストールされ、最後の電源コンシューマーがオフになるとすぐに、メインから目的の回路が自動的に切断される。このように供給ネットワークから分離された回路はもはや存続せず、したがって電界を引き起こすこともない。消費者が再び電源を入れるとすぐに(例ベッドサイドランプ), アクティベーションスイッチはこれを認識し、供給電圧を自動的に、瞬時にオンに戻す。このシステムによる弊害は、日常生活にほとんど支障はない。場合によっては、リモコンによるアクティベーションスイッチが便利だ。これはベッドから操作され、ボタンを押すだけで–ヒューズをオフにし、すべてのラインとデバイスをオフにすることもできる。
Date: 2024/02/26(月)


ラスベガスのNAHB インターナショナル ビルダーズ ショー
ラスベガスで今年も2月27日から29日までNAHB International Builders' Show ® (IBS)が開催されます。何度か見学させていただいていますが建築・建材に関する先進的な技術も毎回展示されますので参考になることもあるかと思います。またビルダーズ ショーは住宅建設業界の中心的な催しです。 60,000 人以上の参加者が集まり他の業界の専門家と出会い、ネットワークを築き、つながるための最大の機会でもあります。また日本では3月12日から15日まで東京ビッグサイトで建築建材展も始まります。様々な住環境改善につながるヒントや素材も再発見できる可能性があります。可能な方は出かけて見られては如何でしょうか。
Date: 2024/02/19(月)


ドイツにおけるラドン問題
連邦放射線防護局は、(ドイツではおよそ10軒に1軒の住宅でラドンの問題が存在する可能性があると推定しています。これは地面から来る日常的な危険であり、特に地下室や地上階では深刻な健康問題になる可能性があります。)としています。ラドンはウランの崩壊生成物であり、さまざまな岩石中に低濃度で自然に発生します。放射性ガスは地面から上昇して建物に侵入する可能性があります。ラドンまたはその放射性崩壊生成物を吸い込むと、それらは肺組織に浸透し、濃度と持続時間によっては、がんのリスクが増加する可能性があります。ガスはどこでも入手できますが、濃度は異なります。連邦放射線防護局の地図で方向がわかります。特に高い濃度はチューリンゲン州、バイエルン州、ザクセン州で見られます。ただし、データは 2007 年のものです。放射線防護法および新しい放射線防護条例(2018 年 12 月 31 日施行)により、現在地図の改訂中です。
Date: 2024/02/12(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
007311
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72