ドイツにおける5G - モバイルの第5世代に関する記事
携帯電話の標準5G(第5世代)は、大量のデータを迅速に転送することになる。しかし、それはまた、健康に害を与える可能性があるということである。5Gに関する情報の混乱、無知、半知識、熱意からパニックや陰謀のシナリオまで、すべてが進行中。専門家からの声明を引用し、現状を把握するための参考に・・ドイツの一般医学の専門家から連邦ネットワーク庁長官への公開書簡・・・・これは、2G、3G、4Gによる無線通信技術の拡大が始まって以来、環境医学の訓練を受けた医師にとって時間の問題として私たちの職業生活の中で見てきた罹患率の心配な増加です。これらは、いわゆるマイクロ波症候群(電気過敏症とも呼ばれる)に苦しむ人々、すなわち、高周波放出システムに即座に反応または遅延して永久的な健康障害を有する- 個々の臓器感受性に応じて:睡眠障害、 全身疲労、頭痛や身体の他の領域の痛み,視覚障害,めまい,吐き気,眠気,障害,集中困難,学習と記憶,耳の痛みおよび耳の騒音,高血圧,腸蠕動の突然の加速,心の障害,緊張,過敏性または抑うつ気分等、名前を付けると、最も一般的な病気の一つとなるが私たちの環境ケアでは、神経変性疾患やてんかんをますます観察しており、専門機関では、燃え尽き、早期認知症、若い患者の脳卒中、癌の大幅な増加に関する記事が増加しています。社会のほとんどどこでも、電磁波過敏症の人々は信じられないほど、無理解と拒絶に遭遇します。多くの場合、私のところに来るこれらの無線感受性の患者は非常に困窮しています。彼らは彼らの不快感を軽減するために、彼らの生活の領域の劇的な変化を受け入れなければなりませんでした。医師として警鐘を鳴らすべきは、連邦政府機関の最優先事項が、すべての市民、特に次世代を健康に保つことではなく、威信と利益にあるということに焦点を当てることです。

Date: 2021/05/17(月)


5G基地局の功罪
近年5Gが普及することで自動運転や遠隔医療などが実現可能等のメリットと人体に及ぼす健康被害の危険性が常に両サイドから指摘されている。周波数は5Gとなれば30から100GHzになり一般の市民がこれほど高い周波数にさらされることは前代未聞のこと。5G基地局の電波は遠くまでは届かず、数百メートルから1キロメートルほどしか飛ばないとされています。したがってより多くの5G基地局を設置される予定で4Gの基地局が設置されている場所に5G の基地局も設置するよう進められていることにより全国から問題視する声も上がっています。5G基地局と併用し、4Gの周波数を利用する「DSS(動的周波数共用)」も5Gに移行させることができます。基地局周辺で住民の健康被害としては欧米各地の医療・研究機関の研究結果として、人の皮膚や目、そして生殖能力への悪影響が懸念され5Gの基地局が設置された周辺では、相次いで住民の被害が報告されている。ベルギーのブリュッセルでは5Gの実験、導入が全面的に禁止されスイスでは放射線のもたらす健康被害を調査するシステムが完成するまで、新たな5Gの設置は延期する方針が決定され、アメリカでも5Gの健康への影響を調査する委員会の設置が決まったところ。新たな5G基地局の設置が禁止されたところもある。家族の基礎的な健康を今後も維持するためにはこれらの負荷を低減するための自己防衛脳が必要である。
Date: 2021/05/10(月)


住環境障害は総合的な因子について検討
電磁波過敏症やシックハウス症候群、化学物質過敏症、アレルギーなど住環境による障害は時間やそれと併存した体験環境による様々な要因が絡み合って起きています。さらには遺伝子的要因や年齢・性別によっても影響度が変わってきます。したがって過去の推定要因、現在の測定等による現実に存在する要因、それらを総合的に捉え分析して改善し新しい環境を作る必要があります。したがって住環境測定士は総合的な個々の要因を測定する能力、あるいは推定する能力、そして基本的にそれらの要因を改善しその結果をおよび持続を検知しうる能力が必要となります。つまり住環境における総合的な知識・測定能力、総合的な判断力、改善施工力、改善後の持続検知力が必要となります。
Date: 2021/05/03(月)


ドイツにおける建築生物学における住環境障害と測定・改善
ドイツの建築生物学における住環境障害に関する直訳です。「家の病気」の一般的な原因は、建築材料や内部の有害な汚染物質、貧しい屋内気候、躯体、エレクトロスモッグまたはラドン(ガス)です。睡眠障害、アレルギー、頭痛、慢性疲労、感染症、うつ病または呼吸器系の問題などの健康症状が結果として起こり得る。生物学的測定技術者を構築する建築生物学研究所は、睡眠室やリビングルームだけでなく、職場や地形の障害や危険因子を物理的に測定し、それらを専門的に評価し、適切な実施工または改善施工の提案を行うことができます。
ドイツでは限られてはいますが高度な知識と現場での対応力のある測定士が活躍しています。環境被害者には知られるこれらの専門家ですがやはり一般の人々にはあまり知られていない状況で協会や測定士の啓蒙活動が続いています。
Date: 2021/04/26(月)


耳鳴りと騒音・電磁波
耳鳴りに関しては騒音や電磁波に関連する要因が考えられる。電気機器には電波を発生するだけでなく周波性に派生する音波を発生するものもある。サウンドレベルメーターで、乱動周波数を、7.5 kHzでその原因音が特定されたケースもある。近隣の工場が要因である可能性がある場合、会社全体の電源をオフにすることで測定器に検出されていた音が消える場合がある。耳鳴りに関しては原因を特定しその原因音源を完全に撤去できたとしても脳は不穏な音の出来事を覚えていて、それを知覚し耳鳴りもやまないケースもある。そして数日後まで続いた後、改善するケースがある。したがって、電子物体の数が増えているのは、より多くの電力消費、環境問題、電界および無線放射線を引き起こすだけでなく、さらなるストレス要因として不穏な音のイベントの増加を引き起こす可能性がある。
Date: 2021/04/19(月)


地下ケーブルによる健康上のリスク
接地(アースケーブル)に敷設された高圧ラインの場合、電界(隣接する電圧の結果)は、接地された金属ケーブルカバーと導電性土壌によって完全にシールドされるが、磁場(流れる電流のシーケンス)を遮蔽することはできない。原則として、最大110kVの地下ケーブルは、約1メートルの深さでコンパクトな3バンドルに敷設されている。互いに近い3つのねじり線のそれぞれで、1つの変動電磁波が120°位相で導かれ、その結果、3本の導体の周囲の磁界は、個々の相が均等にロードされる。すなわち3つのケーブル総てで等しく強い電流が流れる限り、大部分が分散する。しかし導体間の距離が大きく、相の流れが異なることで、それに応じてより強い低周波磁界が作り出される。110 kV を超える電圧を持つ地下ケーブルの場合、熱放散性が高いため、互いから導体間の距離を長くとる必要がある。これにより強い磁界が発生する可能性がある。このため、家から地下ケーブルまでの距離をできうる限り長くなるように維持することが推奨される。生物学的観点から有意なフィールド負荷が期待できない場合に関する明確な距離の表示は示すことができないが、距離が長ければ長いほど良い。現場の状況に関するより詳細な状況を把握するためには、建物の生物学的測定技術SBMの基準に従って測定した結果でなければできない。建物、特に寝室における負荷発生源との距離は、可能な限り大きくする必要があり、20メートル未満の距離は、常に測定する必要がある。
Date: 2021/04/12(月)


5Gから6Gへ
電磁波環境、特に高周波に関してはここ100年、そしてここ数年で激流のごとく地上空間を変化させています。コロナの影響で人の流れも急変しましたが総てが急速に変化しつつあります。情報を急速にするために電波の周波数や強さを増し人工的な地球の温暖化は地球の気候をも激変させています。電磁波はミリ波からさらにテラヘルツ波を使う計画が進んでいます。慢性的なこれらの長期被曝が地球上の生体へどれほどの影響を及ぼすか推理する必要があります。ヒトへの健康への影響は経済的にも根本的にダメージを与えることは今回のコロナでも人類は再学習しました。様々な因果関係を簡単に推理できることが目先の事だけでなおざりにされただ突き進むだけの活動は避けなければなりません。

Date: 2021/04/05(月 )


電磁波と健康
電磁波が健康に影響有りとする問題に関して低周波・高周波そして何が生体へ影響を及ぼすのか基本的なことが理解できていない方が非常に多く問い合わせでも何度も重複してご説明するようになります。そこで分かり易く電磁波に関する問題点をお話ししてみましょう。電磁波に関しては大きく電力会社から供給される送電線を使った電力・電気と送電線やケーブル等を介さず空気中を飛び交う電波に分かれます。健康への影響が懸念されるのはこれらの電気が常時一定に流されるのではなく変動して流れているということです。人の身体も一定の周期で心臓が鼓動し脳波も振動し地球や宇宙と連動して動いています。この周期を周波数といい1秒間に何回周期があるかが周波数です。発電所から送電される低周波と呼ばれる電気は1秒間に50回から60回の周期で家庭の機器にケーブルで送電されます。そのケーブルの周りには電界と磁界が発生します。その電界や磁界の変動が人の電気の流れに影響を及ぼすということが根本的な問題なのです。総ての物質は電気を帯び一定の周期で振動しています。人工的で強いで電気の変動が総ての生物に影響を及ぼすのです。自然にない変動電磁波,さらには空中を飛び交う数十億回という周期の電波は全く自然とは異なった異質な空間を生み出し地球上を生体の恐ろしい実験場化してしまったということです。自然が豊かなことが真の地球の豊かさであるべきところを見失っているのが現状といえます。しかしながら現在を生きなければならない私たちはその中でも自らを防衛する知恵をもって対処していかなければなりません。
Date: 2021/03/29(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004204
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72