電磁波を知覚できない危険性
電磁放射を意識的または苦痛に知覚することができない人々は、周囲の電磁放射量の増加によっても危険にさらされています。「電磁波・放射線によるストレス」は心の状態を乱し、免疫システムを損ない、ストレスホルモンの放出を増加させます。ドイツでは早くから原子力エネルギーからの脱却に関し太陽光発電が推進されています。が一方で私たちの生活環境における電磁波の増加による危険性のひとつに、太陽光発電も指摘されています。太陽光発電機の直流と直流電圧を交流と交流電圧に変換する、いわゆるインバーターから放出される放出量が特に懸念されています。交流通電ケーブル自体と同じように、それらはほとんどシールドできない磁気交流場を生成します。それらが、寝室に影響を与えない状況であれば安心できるのですが寝室に影響を及ぼすようであれ特に電磁波に過敏な人々にとっては大きな問題となっていくことがドイツでは問題視されています。
Date: 2023/11/06(月)


環境における障害リスク要因の把握
健康リスクとしての環境要因は様々ですが目に見えるもの、体感できるもの、体感も目にも見えないものがあります。体感できるか否かになると人それぞれの感受性によって異なる。粒子状物質もPM2.5や花粉、微生物のカビ等でそれぞれ人によって感受性が違います。また化学物質も電磁波も人によって感受性が異なるとかんがえられます。測定の機会が増えるにしたがって私の場合はそれらの状況への感受性が高くなり測定しなくてもある程度、リスクの存在を認識できるようになっています。過敏症の方への対策としてはそれらのリスク(環境負荷)を総合的に低減していくこと、そして生活習慣上の負荷要因も低減してくことも実践していく必要があります。健康への早道は地道な生活習慣の活性化にほかなりません。
Date: 2023/10/30(月)


電磁密度上昇への対処
宇宙インターネットの構築を目指す各社は、それぞれが数万機もの衛星の打ち上げを計画しており、軌道上の衛星の数はかつてないほど増える。そうなれば、既存の宇宙ごみと衝突する可能性は上がり、あるいは宇宙インターネットの衛星自身も宇宙ごみになってしまう可能性も上がる。もちろん、「衛星が地球を覆う」というのは比喩的な表現であり、地球周辺の空間は広大なため、たとえ数万機の衛星が打ち上げられても、文字どおり衛星同士がひしめき合うようなことにはならない。それでも、衝突の確率が確実に上がることは間違いない。いわゆる進歩と気候変動の名の下に、これは私たちの生活環境をますます電磁放射の影響下に置き、これらすべてが人間と自然によって許容できるかどうかについての重要な問題に対しては適切に考慮されていない。2021年、米国連邦最高裁判所は、米国連邦通信委員会(FCC)に、無線放射によって引き起こされた損傷の科学的証拠を長年無視してきた理由を最終的に説明するよう命じた。また、英国では、5G携帯電話事件の訴訟が認められた。2020年、「欧州議会調査局」による欧州議会のブリーフィングは、5Gに関して、「曝露の種類と期間とともに、脈動などの5G信号の特性は、癌の原因と考えられているDNA損傷を含む曝露の生物学的および健康的影響を増幅するようである」と述べている。実際に時々でも偏頭痛による断続的な痛みを感じたなら対処すること、その備えに対する心構えを持っておく必要がある。
Date: 2023/10/23(月)


人工電磁波と自然環境に於ける電磁気圏
60年前には宇宙に人工物はなかったが2022年に軌道上に打ち上げられた人工衛星等の機数は過去最大の2,368機。過去10年間で約11倍に増加、増加の中心を占めるのは商業衛星であり、 商業衛星の打上げは、今後さらなる増加を見込む。主な通信衛星コンステが計画する衛星の打上げ機数は5万機を超える。政府衛星としても、安全保障分野におけるミサイル防衛や宇宙領域把握を目的とする衛星や、新興宇宙国の衛星などの打上げが見込まれる。今後10万機以上もの、まさに無数ともいえる数の小型衛星が地球周辺に打ち上げられることは、地球空間にさらに高濃度の電磁波スモッグをもたらすことになる。全体として、人間、動物、植物の生活を形作り続けてきた自然の電磁気圏の大きな乱れはだれも予測できない計り知れない大変革をもたらそうとしている。我が事務所や居住空間も頭痛やその他の体の異変を感じ測定するとある程度プロテクトしていても非常に高い数値が検出され対応せざる負えない状況となっている。今後、地上から観測できる10cm以上の物体が約2万個、観測はできないものの、理論上1cm以上の物体は50〜70万個、1mm以上になると1億個を超えると推測されている宇宙ゴミによる宇宙空間の事故同様、地球上の全生命に対する危機状態が起きる可能性を考えると、経済戦争といえるこれらの活動も戦争以上に恐ろしい結末を生体に及ぼす可能性があることは否定できない。
Date: 2023/10/16(月)


基準アンテナ
アンテナの利得(ゲイン)を調べるときに必要なのが基準アンテナである。ゲインとは、アンテナの特性の1つで、電波の放射方向と放射強度の関係を指向性という。その指向性を持つアンテナにおいて、基準のアンテナと供試のアンテナがあり、両方が作る電界強度が同等になるための電力の比をゲインという。電力を様々な方向に拡散させるアンテナと、指向性があり、電力を効率良く集中させるアンテナの到達距離の差が利得(ゲイン)の差になる。基準アンテナには、アイソトロピイクアンテナ(等方向性アンテナ)と反波長ダイポールアンテナがある。
Date: 2023/10/09(月)


自然と生命力
私達の体は個々に存在しているように感じられるかもしれませんが大きなエネルギーに包まれた細胞の様に大きく言えば宇宙と連携したエネルギーの分身、分波といえます。人の体を考えると全体的には身体(ボディ)がありそれは皮膚、血管、臓器、ホルモン、血液、細胞、分子、原子、陽子、電子、さらに微細なエネルギーの素粒子的なものとミクロの世界まで考えていくと人の体もまるで宇宙と相似的な体系となります。体全体を包むエネルギーは地球や宇宙のエネルギーとも連携しているエネルジェティック・フィールドです。現代では様々な人工的な環境障害が発生しています。これを克服するためには負のエネルギーの一定の低減と薬やメスによる治療のみではなくまず生命力を高めることを選択し健康を維持することが大切です。自ら完治といえる方向に舵を切るのは自分自身です。
Date: 2023/10/02(月)


高周波電磁波に関するアンテナ特性
アンテナ特性を正確に測定するためには、電波暗室やオープン・サイトなどの施設や測定設備が必要となる。正確な測定はお金と時間を要するアンテナの指向性を簡易に把握するためにはアンテナの基礎事項を知っておく必要がある。アンテナから放射される電磁界(電波)は、そのアンテナの固有の方向特性をもっている。この方向特性を指向性または指向特性という。その方向特性が総ての方向に対して均等でないものを指向性があるといい、方向性が全くなく、総ての方向に均等なものを無指向性あるいは等方性という。ある特定の方向に強い指向性を持つものを単一指向性という。
Date: 2023/09/25(月)


高度情報時代へのリスク回避対策
人工衛星や地上のスポット受発信基地による高速大容量通信システムは世界的に武器を使用した戦争や情報戦の要となり一般的には交通や学習、経済活動に必須なものとなる。すでに一般道のリンク旅行時間の提供による最適なルート検索、タクシー車両などから得られるプローブ情報への対応、すべての気象情報や災害情報、特別警報(地震を除く)のナビゲーション、地図上への表示VICS WIDEサービスはサービス開始以降に発売されたカーナビであれば対応している。基幹送信所ETC2.0(電波ビーコン5.8GHz帯)では、道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信で、路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができる。渋滞回避支援は道路交通情報をITSスポットでリアルタイムに配信する。これにより、カーナビが最速のルートを検索し、その時々の最新情報に従った最速ルートが賢く選択される。安全運転支援とは、ドライブ中のヒヤリを減らすため事前に注意喚起情報の提供を行う。SA/PAや道の駅などに設置されているITSスポットを利用してインターネット接続が出来る。ETC2.0(電波ビーコン5.8GHz帯)サービスは主として高速道路に、DSSSは一般道に設置されている。これらの風潮は今後もち密かつ拡大化していく。今後我々は地球上に張巡らされたこれらの電磁空間から逃れることが次第にできなくなっていく。この環境から過敏症の患者が自らを守る対策が必要となる。外出時、就寝時様々なスポット的対応を学んでおいていただく必要がある。
Date: 2023/09/18(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000030
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72