細胞の培養
ヒトなどのような多細胞生物のほとんどの細胞は、そのままでは細菌などの単細胞生物のように生存することはできない。しかし、特殊な環境を整えることでほとんどの器官の細胞を人工的に一つ一つ細胞の状態で培養することができるようになる。また、そういう培養された細胞の中には、元々の体内にあった時の性質を保ったままであるものがあることが知られている。
Date: 2015/04/23(木)


突然変異と生物の進化
突然変異は、DNAが化学物質や放射線、高周波電磁波等に曝された時に起きる可能性が高いが、細胞が普通に生きているだけでも起きることがある。突然変異が起きるとその生物にとっては不都合なので、ほとんどの生物には突然変異を抑制するシステムが備わっている。しかし、、突然変異を完全に無くしてしまうことはできない。突然変異は極めてまれに生物にとって良い場合もあり、そういう効果が積み重なって生物が進化していくと考えられているからである。
Date: 2015/04/22(水)


突然変異とは
突然変異とは、例えば、本来AであるべきところがCなどA以外のものに置き換わることである。突然変異の多くはその生物にとって有害である。一つの細胞にいくつもの突然変異が生じると、人間の場合、ガンなどの疾患の原因となる。
Date: 2015/04/21(火)


DNAの突然変異
遺伝子は、その構造上、大きく分けて二つの部分に分けることができる。一つは具体的な内容を示した部分、もう一つは遺伝子の読み取りを制御する部分である。分子の鎖の上に、4種類の塩基が様々な順番で1列に並んでいることで遺伝子の情報を表している。様々な組み合わせで配列する塩基はその遺伝子が必要となる時期や量に応じて、特定の並び方をした塩基配列が存在している。そしてDNA上の塩基の配列が本来のものと違うものに変化することを突然変異という。
Date: 2015/04/20(月)


遺伝子の鎖
遺伝子は鎖に例えられるがそれはDNAがアデニン(A)、シトシン(C)、グアニン(G),チミン(T)と呼ばれる4種類の塩基と(分子)と、糖分子とリン酸分子で構成されている分子の鎖でできているからである。これらの分子のうち、遺伝子としての情報をになっているのは塩基の部分である。人間の場合、一つの細胞に60億個(30億組)の塩基があると言われている。
Date: 2015/04/19(日)


クローン技術
遺伝子を分子生物学的にいうとデオキシリボ核酸(DNA)と呼ばれるひものような形をした高分子化合物である。このDNA分子上に遺伝子と呼ばれる情報が存在して、必要に応じて細胞内で読みだされている。同じ細胞でも、脳の細胞と皮膚の細胞はずいぶん働きが違っている。これは細胞が、自分が置かれている環境を様々な形で感知して、その環境に応じて必要な遺伝子を読みだしているからである。基本的に総ての細胞は、その生物を構成するために必要な全ての遺伝子をDNAに持っている。このような性質を細胞の全能性といい、クローン技術もこの性質を利用したものといえる。この性質は住環境によって様々な影響を受ける可能性が考えられる。
Date: 2015/04/18(土)


遺伝子の役割
同じ細胞という単位で構成されているのに犬からは犬が生まれヒマワリの種を植えればヒマワリが生え、人からは人が生まれる。それはそれぞれの生物がそれぞれの生物として育っていくために必要な全ての情報を持っているからである。それが遺伝子によるものだということは誰でも知っている。全ての細胞はこの生物の設計図というべき遺伝子をもっている。逆に言えば、遺伝子を持ち、条件が整えば自分を複製することができるのが細胞という単位である。昨今の研究はこれにより病巣や臓器を再生するというものが盛んになってきている。再生技術はヒトの今後の寿命に大きくかかわる問題となる。
Date: 2015/04/17(金)


生物の最小単位
生物を細かく分けていくと細菌も人も全ての生物は、一つ以上の細胞と呼ばれるもので構成されている。それでは細菌等と人の違いは何かという事になる。基本的な違いは、一つの生物を構成する細胞の数が異なるということは単純に考えつくが大きな違いは細菌などは細胞一つ一つの生物として活動しているが、ヒトでは、おおよそ60兆の細胞が役割分担をしながら一つの生物を構成しているということである。これらの細胞の中の機能が外部のどのような要因によって変化するかを研究することにより人の疾病の原因究明の参考となる。
Date: 2015/04/16(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000124
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72