騒音性難聴になりやすい人
聴力レベルの低下は個人差が大きいが、血圧の低い人、中耳炎やストレプトマイシン注射の既往のある人、頭部打撲の既往のある人、慢性の偏頭炎や蓄膿症のある人、アレルギー体質の人等は騒音性難聴をきたしやすいといわれている。
Date: 2014/12/06(土)


騒音の聴力への影響の現れ方
騒音性難聴の起こり方は、暴露騒音の音圧レベル、周波数、衝撃性および暴露時間によって異なる。いずれの場合も4000Hzを中心とした高音域の聴力損失が最初に現れる。日常会話音域は500~2000Hzであるため、早期の聴力低下は自覚がない。騒音暴露が持続すると4kHzのみならず2000Hz、1000Hzにおける聴力も低下し、日常生活に支障をきたすようになる。
Date: 2014/12/05(金)


業務起因性の難聴
災害性難聴は爆発など強大な音響、気圧によってあるいは頭部の外傷などによって瞬時に聴力が低下するもの。前者を急性音響性外傷という。騒音性難聴は騒音に慢性的に暴露されているうちに次第に進行する難聴、騒音性突発性難聴は騒音性難聴が進行するうちに突発的に原因なく起こる難聴、生体側の一過性の抵抗減弱に起因する急性音響性外傷とも考えられる。中毒性難聴は鉛、無機・有機水銀、ヒ素、一酸化炭素等による中毒に伴う難聴、内耳から中枢にかけての部位の障害による。高気圧作業難聴は潜函病に伴って、あるいはその後遺症としてみられる。
Date: 2014/12/04(木)


騒音に関する法律
騒音規制法(そうおんきせいほう)昭和43年(1968年)6月10日法律第98号(最近改正:平成17年4月27日)は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行なうとともに、自動車騒音に係る許容限度を定めること等により、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的としている。(第1条)都道府県知事によって、騒音を防止することにより住民の生活環境を保全する必要があると認める地域が指定され、この指定地域内での工場・事業場と建設作業の騒音が規制される。(第3条)
Date: 2014/12/03(水)


騒音を原因とする裁判や事件
1970年代は:成田空港問題(成田空港反対闘争)・ ピアノ殺人事件、航空自衛隊小松基地訴訟、:福岡空港訴訟等の事件訴訟が起きている。1980年代以降も横田基地、厚木基地、嘉手納飛行場を巡る裁判 、東海道新幹線公害訴訟 、大阪国際空港訴訟、中野テレビ騒音殺人事件等、やはり空港や交通機関に関連する問題が多く発生するが凄惨な殺人事件も発生している。2000年代に入ると奈良騒音傷害事件 : 「騒音おばさん」と言われる、大音量の音楽や布団叩きを使った騒音傷害事件で懲役1年8か月の実刑判決、西東京市「西東京いこいの森公園」の子供の大声 、東京都板橋区「マンション階上の子供の騒音裁判」慰謝料36万支払い命令、『足音がうるさい』と男性をナイフで切りつけ逮捕等、人にまつわる問題が大きくなっている。

Date: 2014/12/02(火)


騒音の発生源(企業・一般)
工場の機械関係、警報音、建設機械、農業機械、土木建築現場。遊園地 - ジェットコースター、プールなど。学校などの公共施設関係 - テニスの音、運動会、校内放送、公園での子供の遊び声。遊技施設 - パチンコ玉やメダルの循環音、ゲーム機の効果音などから発生する騒音は場所や設備機器由来のものである。したがってそこから離れる器械等を作動しなければ騒音から逃れることができる。問題は知らないうちに、あるいは意識しない内にそれらから生体に影響を受けていることを疾病者が知らずにいる事である。
Date: 2014/12/01(月)


騒音の発生源(住宅関連)
カラオケ、ピアノ等の楽器演奏。犬、猫、鳥、昆虫 - 無駄吠え、猫のさかり、ムクドリやカラスの群集、セミや蛙の鳴き声。テレビ、ラジオ、洗濯機、目覚まし時計のベル、掃除機、業務用冷凍機・冷蔵庫。生活音 - 足音、椅子の引く音、床への落下物、ドアの開閉音水洗トイレなどの排水。人の声(話し声・笑い声・騒ぎ声・泣き声など) - 井戸端会議、子供、(夫婦)喧嘩など。風鈴 - 季節はずれのものや、強風時。空調設備 - 換気扇、エアコン室外機等であるがこれらから様々な騒音が発生する。特に日本の場合近隣関係が近いのでこれらの問題は深刻である。反対にこれらの対策をしっかり考えることが相隣関係で重要なこととなる。
Date: 2014/11/30(日)


騒音の発生源(交通関係)
騒音は様々な要因によって発生する。交通関係から発生する騒音は、自動車、オートバイ - エンジン、舗装路面の走行音、過積載、消音器の改造、整備不良、クラクション、高架道の継ぎ目、暴走走行で発生するスキール音、。鉄道(新幹線、在来線) - 踏切警報音、レールの継ぎ目、鉄橋、高架橋脚、モーター音など。さらに航空機関係では(空港、軍事基地) - 飛行機(ジェットエンジン、プロペラ)、ヘリコプター(プロペラ)等で特殊車両関係は、緊急自動車 - パトロールカー、消防車、救急車などのサイレン等による。モーター競技施設、サーキットなどの自動車競技 、宣伝や選挙、右翼団体、市民団体などの拡声器(街宣車)から意図的に大音響を発生するものもある。個々の測定は法令や基準に照らし合わせながら適宜測定して判断することとなる。
Date: 2014/11/29(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000628
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72