絶対病原微生物
ウイルスで起こる病気で感染後、発症率が大変高くなる原因ウイルスは絶対病原微生物といわれている。西ナイル熱、デング熱、エボラ出血熱などが絶対病原微生物によって引き起こされるといわれている。しかしこのような絶対病原微生物は前にもふれたように200種程度で多種多様な微生物のほんの一握りに過ぎない。この数は既知の微生物全種の中では5000分の1以下とされている。したがって病原微生物といっても多くの場合は宿主が元気で免疫機能がしっかりはたらけば、どれもあまり強い病原性は発揮しないといわれている。
Date: 2018/02/02(金)


日和見感染菌
コレラ菌を飲んだからといってコレラを発症しないケースもある。感染しても発病するケースと発病しないケースがあるということで発病しない例としてよく例に挙げられるのが「日和見感染症」である。これは原因微生物はどこにでもいて知らずに感染はしているものの通常宿主が元気な時は発病せず、何らかの原因で宿主が弱ったときにはじめて発症するケースで緑膿菌(シュードモナス エルギノーザ)等が日和見感染菌の代表例である。住環境に於いて電磁波や化学物質、騒音、悪臭等様々な要因で生体恒常性に異常をきたすなど免疫力が弱り日和見感染菌が異常に増殖し発病に至るケースもある。環境と生体は常に連動しているからである。
Date: 2018/02/01(木)


病気と微生物
総ての生物は病気にもなるし最終的には死ぬことになります。病気の原因は様々ですが微生物が他の生き物の体で増えて起こす病気が感染症です。微生物の感染をうける生き物を宿主といいます。感染はしても病気に至らないケースもあり感染と発症は分けて考えます。感染症を起こす微生物は多種多様でウイルス、細菌、カビ、酵母、原生生物などです。しかし実際に人や動物に病気を起こす微生物は極一部の病原微生物だけでほとんどの種は地球環境の維持にかかわる地球生命体の根幹となり、私達地球生命体には必要不可欠な存在です。
Date: 2018/01/31(水)


環境負荷と閾値
毎回、化学物質や電磁波、音、微生物等、環境における人の健康に影響する様々な因子を取り上げていますがそれらが直接的に人の健康に影響を及ぼすのであれば人も簡単に意識できるのでその対策も簡単に確立されるのですがそれらが日常見えない、感じることができないことが多いことやそれらの要因が複雑に絡み合って人の免疫力を弱めたり遺伝子レベルや細胞に影響を及ぼしているのでことが厄介なのです。一つの要因がもうこれ以上負荷を与えると人の生理のメカニズムが狂い症状を表す限界値を閾値といいますが本来は環境における様々な要因が相互にあるいは相加、相乗的に人の生体恒常性に影響を及ぼし様々な健康障害の症状を引き起こすということを理解しないと環境における本来の予防措置は実行できないということを理解していただくことが最も重要なことです。
Date: 2018/01/30(火)


腐敗と発酵
微生物の活動によって人が食べる食品類にも腐敗や発酵が行われますが腐敗は人が食べられないものとなるように食品が分解されるだけでなく食中毒の原因になることもあります。さらに発酵により人の役に立つ食べ物やモノを生み出します。タンパク質は細菌の分解酵素によりペプチドを経てアミノ酸に分解され、さらに各種有機酸、アミン、アンモニア、アルコール、炭化水素などを生じ、硫黄を含むアミノ酸からはメルカプタンや硫化水素が生成され、強い異臭を発します。炭水化物は細菌類の分解酵素で糖類を経て有機酸やアルデヒドに分解され二酸化炭素となります。食品に限らず微生物の活動により大気中に有毒ガス等が発生する可能性もあります。
Date: 2018/01/29(月)


自宅でできる電磁波対策
現代の生活は電気や通信機器のおかげで快適で楽しいものになっているといえます。様々な人工的な障害も家庭の中で少し工夫する、あるいは新築時、改築時に気を付けて対策をするだけでより健康的な生活をおくることができることと思います。心がけ次第で家族の健康を守ることが出るのです。住環境を作るのは主に親の責任です。通常、子供たちはその環境を受け入れることしかできません。特に寝室は体を休めて免疫力を正常に戻すための居場所ですからその環境はとても重要です。低周波電磁波に関しては少しでも発生する電界や磁界から遠ざかることがその影響を免れることになります。高周波に関しては部屋(特に寝室)の中に電波の発生する機器を置かない、また外部からの電磁波が窓や壁から入ってこないようにすることが重要です。どちらも簡単にできることですから特に寝室では電磁波や化学物質ができるだけ存在しない環境作りを心がけてあげてください。
Date: 2018/01/28(日)


生物と電磁波
昨日まで地球上のあらゆるところに無限に生息する微生物群についてお話してきましたがこれらの微生物には人工的な電磁波はどのように影響しているのでしょうか。地球上の生物にとっては太陽光に含まれる紫外線以来の脅威がここ100年の間に増してきているのが低周波や高周波の電磁波ということになります。生物にとっては今までなかった強力な人工的な変動電磁波が体の細胞や遺伝子、構成物質に直に影響を及ぼしている訳ですから強力な障害を受けているといえます。この影響は人や動物に腫瘍や白血病、認知症等の精神障害を及ぼしていると同様、植物や微生物にとっても様々な障害を及ぼしていることが想像できます。植物や果実にもガン化の症状が発生していることが観測されていますが目に見えない微生物にも大きな影響があるものと思われます。体内のあらゆるところに生息する微生物の影響が人や動物にも何らかの形で現れることは容易に推測できることです。
Date: 2018/01/27(土)


原生動物
原生動物は、単細胞の真核生物で自ら動くことができる微小な生物の総称です。鞭毛虫類、肉質虫類、胞子虫類、繊毛虫類などがあります。鞭毛虫類は1本乃至は数本の鞭毛と呼ばれる長い毛状の細胞小器官をもち、運動する真核の単細胞生物の総称で光合成できるものを植物性鞭毛中、そうでないものは動物性鞭毛中と呼び植物性鞭毛中ではミドリムシ等、動物性鞭毛虫では眠り病の原因となるトリパノソーマ類が含まれます。肉質虫類はアメーバー等で、胞子虫類は他の生物の細胞内に寄生する単細胞生物でマラリア原虫などでマラリアは高熱を発生させる感染症でハマダラカが媒介して人体に持ち込まれます。繊毛虫類はゾウリムシやツリガネムシ等になります。
Date: 2018/01/26(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000248
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72