遺伝子の鎖
遺伝子は鎖に例えられるがそれはDNAがアデニン(A)、シトシン(C)、グアニン(G),チミン(T)と呼ばれる4種類の塩基と(分子)と、糖分子とリン酸分子で構成されている分子の鎖でできているからである。これらの分子のうち、遺伝子としての情報をになっているのは塩基の部分である。人間の場合、一つの細胞に60億個(30億組)の塩基があると言われている。
Date: 2015/04/19(日)


クローン技術
遺伝子を分子生物学的にいうとデオキシリボ核酸(DNA)と呼ばれるひものような形をした高分子化合物である。このDNA分子上に遺伝子と呼ばれる情報が存在して、必要に応じて細胞内で読みだされている。同じ細胞でも、脳の細胞と皮膚の細胞はずいぶん働きが違っている。これは細胞が、自分が置かれている環境を様々な形で感知して、その環境に応じて必要な遺伝子を読みだしているからである。基本的に総ての細胞は、その生物を構成するために必要な全ての遺伝子をDNAに持っている。このような性質を細胞の全能性といい、クローン技術もこの性質を利用したものといえる。この性質は住環境によって様々な影響を受ける可能性が考えられる。
Date: 2015/04/18(土)


遺伝子の役割
同じ細胞という単位で構成されているのに犬からは犬が生まれヒマワリの種を植えればヒマワリが生え、人からは人が生まれる。それはそれぞれの生物がそれぞれの生物として育っていくために必要な全ての情報を持っているからである。それが遺伝子によるものだということは誰でも知っている。全ての細胞はこの生物の設計図というべき遺伝子をもっている。逆に言えば、遺伝子を持ち、条件が整えば自分を複製することができるのが細胞という単位である。昨今の研究はこれにより病巣や臓器を再生するというものが盛んになってきている。再生技術はヒトの今後の寿命に大きくかかわる問題となる。
Date: 2015/04/17(金)


生物の最小単位
生物を細かく分けていくと細菌も人も全ての生物は、一つ以上の細胞と呼ばれるもので構成されている。それでは細菌等と人の違いは何かという事になる。基本的な違いは、一つの生物を構成する細胞の数が異なるということは単純に考えつくが大きな違いは細菌などは細胞一つ一つの生物として活動しているが、ヒトでは、おおよそ60兆の細胞が役割分担をしながら一つの生物を構成しているということである。これらの細胞の中の機能が外部のどのような要因によって変化するかを研究することにより人の疾病の原因究明の参考となる。
Date: 2015/04/16(木)


生物進化の証?
酵母が持っている多くの遺伝子が、真核生物にも良く保存されているため、突然変異によりある遺伝子の機能が喪失している酵母に、それと配列によく似たヒトの遺伝子を組み込むことで、失われた機能が回復され異常になっていた細胞の振る舞いが正常に戻る現象が良くみられるとのことである。これとは逆に、正常な酵母に突然変異をもった人の遺伝子を組み込むと、正常な酵母が異常は挙動を示すことが観察されるとのこと。これらの方法を用いることで、ヒトの遺伝的な病気の原因となる遺伝子のスクーリニングや複雑な複合体を作る酵素などの挙動を簡易に検討することができる等に活用されている。
Date: 2015/04/15(水)


生存に必須な遺伝子4%
酵母の6400個の遺伝子一つ一つを壊して変異株を作るプロジェクトでは、酵母全体の96%の遺伝子については変異株が作られているそうであるが残りの4%は生存に必須であり、壊すと致死になってしまうために作ることができないとのことである。作られた変異株は一つ一つの遺伝子の機能あるいは複数の遺伝子の相互作用についての研究が幅広く行われている。
Date: 2015/04/14(火)


酵母の遺伝子が6400個
酵母の遺伝子は6400個あり全遺伝子の配列も20年以上前に判明しその遺伝子の多くが人の細胞にもあるということである。酵母の細胞はその分裂時間が人の12倍も速いことにより実験が早く進められ遺伝子組み込み技術による細胞修復技術などの応用研究に活用でき、これにより病気の解明・改善に大変有用なツールとなっている。
Date: 2015/04/13(月)


酵母でガンのメカニズムが解る
遺伝子レベルの解析の結果から、酵母にある細胞周期に係わる遺伝子群は、他の真核生物(人を含む)の細胞にもほぼ普遍的に存在することが解っている。このことは生物の進化を解明する大きなヒントにもなるが例えば酵母の細胞周期に関連した研究が、ガン細胞の研究に有用であることを示す。何故ならば高等生物のがん化した細胞も細胞周期を制御する遺伝子が突然変異を起こし機能を創出したり細胞周期の制御の異常が高頻度に認められることが明らかになっているからである。
Date: 2015/04/12(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000177
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72