身体が疲労状態の細胞とは
身体が披露している状態や慢性疲労症候群の細胞の中ではエネルギーを生み出す場所であるミトコンドリアの構造が変化しているとのことです。そのためエネルギーを生み出すことができないようになっている。さらにインターフェロンがたくさん作りだされているという事も分ってきた。この物質が増えると激しい疲労状態におそわれるそうだ。慢性疲労症候群はこの両方が影響しているとみられているのです。
Date: 2015/09/30(水)


医者から怠け者と見做されてしまう病気
慢性疲労症候群は、突然発症し急に動けなくなったり、また良くなったりの繰り返しで、この病気を知らない医師に罹ると異常なしとされ、家族や周囲からも怠け病とみなされてしまう病気です。罹患者は身体を動かそうとしても、動くことがままならず、仕事や生活にも支障がでるような強い疲労感が6か月以上続くところからこの名前が付けられたとうのことです。慢性疲労症候群の患者の細胞を調べたところ二つの状態が判明しました。この状態が電磁波過敏症になる経過と共通の要因であると考えられるのです。
Date: 2015/09/29(火)


慢性疲労症候群と電磁波過敏症
電磁波過敏症は突如として風邪のような症状が出、次第に神経症的な症状に陥っていくという症状で、絶え間なく電磁波に曝され続けた結果、電磁波に対して過敏な症状になるという状態です。化学物質過敏症も化学物質に長期間曝され続けるか一度に大量の化学物質に被爆した結果、化学物質に過敏になっていくという症状です。その過程ではやはり身体に障害が起きると神経にも影響する為神経的な症状にも陥っていくことがあります。また電磁波過敏症と慢性疲労症候群とは原因が共通しているのではないかと指摘する学者もいます。
Date: 2015/09/28(月)


電子レンジの中で火花
皿やコップに金線や銀線が入っているものを電子レンジに入れてスイッチを入れると火花が飛びます。使えなくなった白熱電球や蛍光灯管球を電子レンジに入れてスイッチを入れると点灯します。マイクロ波は蛍光灯の菅球の中のフィラメントを熱して、自由電子を飛び出させその電子がマイクロ波によって菅球の中を激しく動かされて、菅球の中の水銀電子に衝突する。すると紫外線が出て、その紫外線が管の壁の蛍光物質に衝突して、菅球を明るく光らせるのです。
Date: 2015/09/27(日)


電磁波に関して健康面で考慮すること
昨日まで電子レンジの実験に関連して人体への影響を考えてみました。今日は少し休憩して電磁波がもたらす健康障害に関し安全性について考慮する必要がある3つのことを考えてみます。
1.電磁波に関してはこれ以下なら安全という閾値は無いという事で長期微量の被爆こそが危険である。
2.細胞分裂が盛んな胎児、赤ちゃん、子供への影響が大きいという事。
3、他の物質との相加、相乗作用があるということ
以上の3点を考慮して身近な電磁波の影響を少しでも低減する対策をしていただきたいと思いm電磁波に関して健康面で考慮すること
昨日まで電子レンジの実験に関連して人体への影響を考えてみました。今日は少し休憩して電磁波がもたらす健康障害に関し安全性について考慮する必要がある3つのことを考えてみます。
1.電磁波に関してはこれ以下なら安全という閾値は無いという事で長期微量の被爆こそが危険である。
2.細胞分裂が盛んな胎児、赤ちゃん、子供への影響が大きいという事。
3、他の物質との相加、相乗作用があるということ
以上の3点を考慮して身近な電磁波の影響を少しでも対策をしてください。


Date: 2015/09/26(土)


電子レンジでゆで卵や目玉焼きができるか
電子レンジで目玉焼きやゆで卵を作る人はいないと思います。しかし何も知らない人は挑戦しないようにしていただきたいと思います。電子レンジに卵を入れてスイッチオンすると中で爆発したり食べる時に口の中で爆発して火傷する恐れがあります。同様に目玉焼きも黄身の部分が爆発する可能性があります。これは卵の殻や黄身の膜の中でマイクロ波のエネルギーが蓄えられ、膜が耐え切れずに爆発を起こしたのです。どうすれば電子レンジでゆで卵を作ることができるでしょうか。コップの中に水を入れその中にアルミホイルで完全に包んだ卵を入れるとアルミホイルがマイクロ波を反射し熱せられた水でゆで卵ができることになります。これを人体に例えると膜でおおわれた部分に関してマイクロ波にあたることが心配になります。携帯電話などのマイクロ波は電子レンジ程、強力に集中的に人体に照射されるわけではありませんがこれらの事例によっても少なからず何らかの影響を受けるという事は理解できると思います。
Date: 2015/09/25(金)


電子レンジに水無のコップを入れるとどうなるか
電子レンジに水の入っていないガラスのコップや紙コップ、陶器のコップ、ポリエチレンコップなどを入れてスイッチを入れるとどうなるだろうか。昨日の説明で行くと水が入っているコップがないのでどのコップも熱くならないという事になるはずだが。結果はガラスコップや陶器のコップが熱くなるである。マイクロ波のエネルギーは水分があるとほとんどそちらに吸収されるしかし吸収するものが無いと通常は吸収しないものもマイクロ波を吸収するようになるからだがこれは容器も電子レンジも傷めることになる。水と氷を入れた場合もやはりマイクロ波はほとんどののエネルギーが水に吸収されるために水の分子がしっかり結びついている氷の場合、分子がほとんど振動しないこともあって氷が温まらないという事になる。
Date: 2015/09/24(木)


マイクロ波を電子レンジで考える
昨日の説明にもあったようにマイクロ波は水の分子を振動して熱する為に電子レンジの中に水入りのコップと水なしのコップを入れて電子レンジのスイッチを入れると水を入れたコップは水が熱せられるのでコップも熱くなるが水無のコップは熱くならないことは皆さんご存知ですが、電子レンジで油を熱することはできません。またアルミホイルに包んだサツマイモも電子レンジでは熱することはできません。電子レンジは水や水分を含んだものを特に発熱させる性質を持っているわけですがそれは水の性質によるものです。アルミホイルに入っているサツマイモが熱されないのはアルミホイルがマイクロ波を反射してしまうからです。またマイクロ波の性質をもう少し電子レンジ等による実験により解り易く考えていきたいと思います。
Date: 2015/09/23(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000665
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72