電力計
電力会社と利用者の財産及び責任の分界点である引き込み線取付点から屋内配線までを、特に引き込み口配線といいます。引込線取付点の先には建物の屋外に取り付けられた電力計(メーター)があります。電力計の仕組みにはフランスの学者フランソア・アラゴが発見したアラゴの円盤という原理が用いられています。電力量計では永久磁石の代わりに2つのコイル(電圧コイルと電流コイル)を利用し磁界を作り円盤を回転させています。引き込み線によって導かれた電気が家庭の電気を使用すると電気がコイルに伝わり、アルミ製の円盤が回転し、その回転速度は消費電力に比例して速くなります。
Date: 2016/03/13(日)


家庭の電気設備
変圧器で電圧を落とした電気は、引き込み線で私達の家庭に届けられます。引き込み線と建物側の接続部分を引き込み線取付点といい、ここが電力会社と各家庭の設備の目安(保安責任・財産の分岐点)となります。引き込まれた電気は電力計(メーター)を通って屋外の分電盤に入ります。分電盤からはいくつかの配線に分かれており、各部屋のコンセントや照明器具につながっています。分電盤には通常、電力会社と契約した以上の電気を使用したとき、自動的に電気を止める装置アンペアブレーカー(電流制限器)、漏電遮断器、配線用遮断器(安全ブレーカー)が収められています。

Date: 2016/03/12(土)


地中配電のしくみと設備
多回路開閉器は配電用変電所から送られてきた6600Vの電気を複数に分岐するスイッチです。地中配電に使われる地上変圧器は、柱上変圧器と同様に、配電用変電所から送られてくる6600Vの電気を100V、200Vの電圧に変える装置で、変圧器やヒューズなどの様々な機器をコンパクトにまとめ、地上に設置しています。
電磁波過敏症の方の場合これらの機器にも反応しますので認識しておく必要があるのです。
Date: 2016/03/11(金)


配電のしくみ
送電線から配電用変電所を経て送られてきた6600Vの電気は柱上変圧器で100Vまたは200Vにまで電圧を下げて一般家庭に届けられています。発電所から送電される電気は3相交流ですが、配電線から家庭には、引き込み線を通して単相交流が供給されます。このとき2本の電線で引き込む方法を単相2線式、3本の電線で引き込む方法を単相3線式といいます。家庭に送られてくる電気が単相2線式の場合、100Vの電気しか使えません。一方、単相3線式では3本の電線のうち真ん中の中性線(接地側電線)と上または下の電圧線を利用すれば100V、中性線以外の上下の電圧線を利用すれば200Vと、両方の電気を使うことができます。エアコン、電子レンジなどの定格電圧200Vの家電製品があり、単相3線式を利用する家族も多くなっています。
Date: 2016/03/10(木)


変電所の仕組み
発電所で作られた電気は、電圧を上げて送電し、消費近くの変電所で電圧を下げることにより、効率的に供給されています。変電所はその扱う電圧によって27万5000V〜50万Vの超高電圧の電気をあつかう超高圧変電所、超高圧変電所と配電用変電所との中間にあり、各方面への電気の分配や大工場などの配電用変電所に送電、2万2000V〜15万4000Vの電気を扱う一次変電所、中間変電所、さらに一般家庭に電気を供給するため、電圧を6600Vまで下げる配電用変電所に分類されます。変電所は電圧を制御するほか、電気の流れを集中、分配することで、落雷などによる停電を回避する役割もしています。
Date: 2016/03/09(水)


送電鉄塔
架空送電線は送電鉄塔に支えられています。電線と鉄塔は、電気を通さない碍子(がいし)連と呼ばれる装置で絶縁されておりがいし連の取り付け方法によって耐張型と懸垂型に分類されます。送電鉄塔の最上部には送電線を雷の直撃から守るために、避雷線が設けられています。高い絶縁機能と電線を支える強度をもつ碍子の素材には自然劣化の少ない磁器が用いられがいし連には落雷により発生する雷サージで碍子が損傷するのを防ぐためにアークホーンが取り付けられています。コロナ放電による障害を防ぐためには鉄塔を高くして、送電線を地面から離す必要があります。送電線の電圧が高いほど鉄塔も高くする必要があり、15万4000V[の鉄塔は地上45m、27万5000Vの鉄塔では地上60m、50万Vの超高圧を安全に送電するためには地上80m程の高さの鉄塔にする必要があります。鉄塔の形状には四角鉄塔、方形鉄塔、えぼし鉄塔、門形鉄塔など様々な形状のものがあります。
Date: 2016/03/08(火)


送電線の構造
電磁波の強度やその仕組みさらには改善方法等を考慮するためにはどのように電気が作られどのような方法で送られるか総ての仕組みを知る必要があります。その中でも電気を送る、電流が流れていくケーブルには様々な意味合いがあります。鋼心アルミより線は亜鉛メッキ鋼線を中心として、その周囲に硬アルミ線を各層交互により合わせたもので引っ張り強度を増す構造となっています。CVケーブルは、電線を架橋ポリエチレンで覆って絶縁したもので工事の保守が容易なことから日本の電力ケーブルの主流となっています。架空送電の場合、それらのケーブルが多数ある場合、多導体送電線の間隔を保つためにスペーサーという器具が使用されています。4つの導体(ケーブル)にセットされるスペーサーは27万5000Vまたは50万Vの送電に利用されています。離島の送電には海底ケーブルが使用されています。
Date: 2016/03/07(月)


架空送電
送電線には高い鉄塔に張られる架空送電線と、地中に埋められる地中送電線があります。架空送電線には一般に抵抗の少ない鋼線とアルミ線が使用されています。中心に鋼線を束ね、その周囲をアルミ線で巻いた構造になっています。これは鋼心アルミより線と呼ばれています。送電線は一相分の電流を2本以上の導体(多導体)に分けて流すことにより、送電ロスを減らすことができます。多導体方式は、比較的電圧の高い送電性で発生するラジオやテレビなどの受信障害をもたらすコロナ放電を軽減する働きもあります。
Date: 2016/03/06(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000555
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72