体調による室内環境のチェック
以前シックハウス症候群についてこんな症状の人は要注意という記事が様々なシックハウスを考える書籍に掲載されています。ー爾砲△茲蟆鯵阿砲い詈が体調が良い。屋外にいると症状が弱くなる。若しくは症状が改善される。➂旅行や入院中の方が体調がよくなる。➂花粉症、喘息、湿疹、頭痛、イライラ、躁鬱的な気分が家を出るとよくなる。冬のように長時間家にいると体調不良になる。等々です。またシックハウス症候群や化学物質過敏症の症状の二つ以上ある場合には要注意ということになります。
Date: 2016/09/11(日)


住まいの中の空気に含まれる毒性物質と体調について
人工的な化学物質は一般的に使用されるものが数十万、人工的な化学物質は数億種以上になるといわれています。住まいに使用される建材や家具、日用品にもそれらの人工的な化学物質が使用されそれらかが室内空気中に揮発しています。昨今特に省エネの観点から気密性能が高くなり室内空気による人体への影響が懸念されるところです。ホルムアルデヒドやトルエンなどの建材からの影響によるシックハウス症候群が問題視されましたが改めて様々な化学物質の影響について考えていく必要があります。体調によるチェックポイントについて考えていきたいと思います。
Date: 2016/09/10(土)


カビの発生源清掃のポイント
一昨日の室内環境学会では基調講演他6のテーマに関して講演が行われました。特に実務的な研究として一般の家庭ですぐに役に立つ講演としてライオン株式会社リビングケア研究所の柳曽研究員の浴室のカビの汚染と対策という講演が興味深いものでした。浴室のカビを掃除する場合には目に見える壁や窓や床をまず掃除するということになるのですが一番問題になるのは天井の部分だそうです。天井のカビはあまり目立たないものの家じゅうに飛散する恐れがある胞子が一番多いとのことでこれを取り除かない限り浴室の天井から胞子が飛散し続けるため室内のどこかでカビが発生し続けるということになるのです。

Date: 2016/09/09(金)


夏季における過敏性肺炎に関する要因
夏季においてはカビ・ダニの発生期ということもあって室内アレルゲンによる夏型過敏性肺炎の発症の確率が高くなります。室内で特に問題になるのはどこの家庭でも置いている本です。書庫内や一般の棚の上に置いている本の上部には自然に埃が堆積していきます。常に上部を清潔にしていれば問題ないのですが、日ごろあまり気にしていない本の上部は堆積した埃にカビが発生しそのカビを餌にするダニも発生するなどアレルゲンの発生源になっています。これらはあまり意識していないので夏、咳に悩まされている人は室内の日頃あまり意識していないところを掃除することをお勧めします。
Date: 2016/09/08(木)


室内空気中の化学物質の推移
室内における化学物質の気中濃度は厚生労働省の指定物質に関しては規制されているホルムアルデヒドは超過割合が年々低下しているものの自然素材系から揮発するものなどの超過割合が一定度あり、さらに指定物質以外の化学物質が使用され測定の対象になっていないものが次々に使用され新たな健康被害の影響も懸念されています。
Date: 2016/09/07(水)


水道水と塩素
水道水に塩素を入れることで病原菌を殺すことができ感染症から子供たちを守ることができたので現代の地球上の人口が爆発的に増加しました。この塩素は雑菌を殺すだけでなく水中の有機物と反応し発がん性のある有機塩素化合物を発生し人体にも影響を与えます。水道水に指を入れると15万個の細胞が破壊されるとの文献もあります。皮膚細胞だけでなく髪のたんぱく質や野菜のビタミンCも壊すことになります。塩素を取り除く方法は煮沸したり汲み置きしておけば蒸発しますが浄水器でろ過する方法が効率的です。
Date: 2016/09/06(火)


水の吸収と汚染物質
飲んだ水は1分後には脳へ、10分後に皮膚へ、、20分後に肝臓や心臓などの臓器に届くことが動物実験で確認されています。私達の体には適度のミネラルが含まれた安全な水が必要ですが、実際には生活排水や工業排水、農薬排水、農薬などで水源や地下水は汚染されています。水道水から約300種類の化学物質が検出されてことがあるといいます。これらの有害物質は浄水器でほぼ取り除くことができます。

Date: 2016/09/05(月)


水に含まれている有害物質
水にはおなじみの残留塩素や塩素と化合した有機塩素化合物など多くの有害物質が含まれています。残留塩素は細胞や野菜のビタミンCンw度を破壊し有機塩素化合物は突然異変を起こす発がん性物質です。そのほかにも細菌、原虫、農薬、ヒ素、環境ホルモンなどが含まれています。また窒素肥料や家畜糞尿などが地下水を汚染し硝酸性窒素が水に含まれこれが血中でヘモグロビンに結合し酸欠を起こします。昔の鉛の水道管からは溶解性鉛が水に溶け込み神経異常や知能低下の原因となります。
Date: 2016/09/04(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000728
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72