芳香剤・消臭剤と揮発性化学物質
芳香剤や消臭剤は嫌な臭いを感じさせないように生活を快適にするための身近にある日用品です。ラベンダーやレモンライム、キンモクセイの香りを感じさせ、天然素材で製造されているイメージである。しかしその実態は揮発性化学物質の固まりで化学物質の揮発性を利用し、そこに人工的な香料を加えて室内に拡散させている。芳香剤にはトイレ用のほかにも玄関や室内用があり換気の悪い玄関や通路で化学物質が滞留し部屋全体に拡散することにより長期暴露を受ける可能性があるので気を付ける必要がある。幼い子供や妊婦のいる家族では特に気を付ける必要がある。
Date: 2017/07/10(月)


生物農薬の長所と短所
生物農薬を使用することによる長所としては標的以外の生物への影響が少なく選択性が高い。病害虫に薬剤抵抗性(耐性菌)が発達しにくい。開発の費用が安い。安全性試験が簡単等です。短所として挙げられるのは効果が化学農薬に比べて劣る。効果の持続性がなく、処理回数が多くなる。製品の安全性や保全性に問題がある。量産が困難で製造費が高くなる場合がある。対象となる病害虫の範囲が狭いために市場が小さい。等ですが効果面に関しては効果が上がるまでの時間が読めない、環境要因の影響を受けやすいため、安定した即効性を望む場合には採用されにくいという問題があります。現在日本の場合には他国に比べ採用率が低いが今後、環境負荷の低いこれらの生産システムを採用されることが期待される。
Date: 2017/07/09(日)


生物農薬
生物農薬とは有害生物の防除に利用される、拮抗微生物、植物病原微生物、昆虫病原微生物、昆虫寄生性線虫、寄生性あるいは捕食性昆虫などの生物的防除資材の総称で、生きた微生物を有効成分とする微生物農薬と天敵に大別されます。生物農薬は自然界に存在する生物を利用することから安全性が高く環境保全農業に適すると考えられています。有害生物という言葉を使用することがありますが本来地球に生息する生物は有害なものはなくその時々に生息する意味合いがあって誕生したものです。自然循環の中でそれをどのように活用するかは人間の英知を自然循環を阻害しない形で和の心をもって実行しなければなりません。
Date: 2017/07/08(土)


快適性と健康障害
住宅における快適性、利便性、経済性の追求がどのような室内環境における病を引き起こしているかについて考えてみると様々な要因がある。まず温熱環境を考えると気密性の追求、コントロールされた空調設備による快適な温熱環境を作り出すことが目標とされる。この高気密化と空調機器の設置による弊害は各種新建材や空調機器自体から揮発する有害化学物質や室内に封印されたダニカビの存在によるもの等である。こうした気密性の高い室内で殺虫剤を投与すればどのようなことになるか、投与しなくても建材や設備機器、家電製品の中にも農薬系の化学物質が使用され温暖な大気に揮発し空気中は殺虫剤の濃度が高まるということになる。さらに芳香剤や消臭剤は揮発性化学物質の塊ともいえ気密性の高い室内に充満することになる。気密性の高い室内では微生物の臭いも充満しやすく芳香剤や消臭剤に頼ることにもなってくる。これらの環境による微生物や化学物質によるアレルギー、過敏性肺炎やシックハウス症候群、化学物質過敏症の発症の可能性が考えられます。
Date: 2017/07/07(金)


虫に悪いものはヒトも危険
防虫剤は虫によく効き人畜無害で安全だというイメージがあると思います。ほかの生物の命を奪うようなものが人に安全なわけがないということは頭ではわかっていてもイメージで安全だと思ってしまいます。うまい話には気をつけろといいます。天然系も化学物質も虫は殺すが人間には安全であるということは原則ありえないということです。防虫剤で市販されているものにも発がん性のあるもの、触ると炎症を起こすもの中毒症状、めまい、視力低下、頭痛、血圧上昇、肺水腫、突然変異性、化学物質過敏症を起こすものもあります。
Date: 2017/07/06(木)


天然系の防虫剤は安全か
よくテレビなどで未開地の人々の狩りの様子が放映されます。樹の樹液を絞り煮詰めた毒液や様々な天然の毒液を槍や弓矢、吹き針に塗り付け獲物を倒す様子が映されています。自然の中の動植物等の生物内にも様々な毒素を含んでいるものも多数あります。樟脳(カンフル)はクスノキから採取した天然物と合成樟脳があります。中枢神経を興奮させる作用があるので強心剤などの医薬品としても使用されてきました。また古くから衣類の害虫の忌避剤として使われていました。殺虫効果はあまりなく安全なように思われますが実は急性毒性ではパラジクロロベンゼンより強いとのことです。中毒症状は頭痛・吐き気・めまい・けいれんなどで致死量は成人で2g、小児で1gですから、幼い子供が口に入れたりすると非常に危険です。
Date: 2017/07/05(水)


防虫剤ナフタリン
パラジクロロベンゼンにとってかわるまではナフタリンが防虫剤としてよく使用されていました。その前は農薬としても使用されていましたが現在では使用することができません。コールタールから作られるナフタリンは不純物として発がん性のあるベンツピレン類を含む可能性があります。中毒症状は顔面紅潮、頭痛、発熱、吐き気などで、新生児に対しては、溶血性貧血、メトヘモグロビン血症などの血液障害を起こすことが知られています。ナフタリンは油に溶けやすく溶けると皮膚から吸収されやすい性質を持っておりまた誤飲すると死に至るケースもあるので要注意です。致死量は成人で5〜10gですが子供が誤飲すると少量でも危険です。
Date: 2017/07/04(火)


ピレスロイド系の殺虫剤
ピレスロイドは防虫菊に含まれるピレトニンに似た構造をもつ化合物の総称です。蚊取り線香の成分のアレスリンも同様です。無臭で人気のある有名な蚊取り線香もピレスロイド系のエムペントリンが主成分です。ピレスロイド系が主に使用される前は市場の約90%はパラジクロロベンゼンを主原料にした製品でしたがその後ピレスロイド系が急速にシェアを拡大しています。この蚊取り線香、マット、リキッドは無臭ですので使い過ぎに要注意です。ピレスロイドは昆虫に対して強い神経毒として作用し、少量でも強い殺虫効果があります。人体の急性中毒症状は、吐き気、頭痛、などです。また突然変異性がありぺルメトリンのように発がん性のあるものもあります。無臭だから安全だという思い込みはとても危険です。
Date: 2017/07/03(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004384
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72