電界と磁界
電界と磁界は自転車の全輪・後輪のように連動して働いています。電流が流れるとそこに磁界が発生し磁界の中で導電体を動かせば電流が流れます。モーターは磁界の中の伝導体に電流を通すことによって磁界が発生し磁界と磁界が反発しコイルが回転するものです。また発電機は磁界の中でコイルを回すことによって電流が断続的発生するものです。交流の電流は1秒間に50回乃至は60回、断続的に流れます。したがって電流が流れるケーブルにも50回〜60回、磁界が断続的に発生しています。人がそのようなケーブルに接近するとその磁界を浴び導電体である人の身体にも起電力が生じ断続的な電流の流れが発生します。それが生体のミクロなパーツでできた精巧な電子機器に影響を及ぼし生体の正常な働きや機能を損なわせることになります。生体の基本的な働きに障害を及ぼすということは様々な病気になる可能性が高いということです。このような人工的で変則的な環境変化が生体にもたらす影響は被爆個体だけでなく深く未来への生体への問題点も内在しているのです。これが奪われし未来へという表現になっているのです。

Date: 2017/12/17(日)


経験とセンサー
私達は日頃から化学物質過敏症や電磁波過敏症、アトピー等のアレルギーの方とお会いしたりご相談を受けることが多いのでそれらの病気のことは理解できていますし私自身も化学物質過敏症、電磁波過敏症になっているのでそのつらさなどもよくわかるつもりですが。全く経験のない方やそれらの話さえ聞いたことのない、あるいは興味のない人にとっては全く理解できないことです。いくら説明を聞いても本当にそのようなことがあるのか疑いさえ出てくる人もいることでしょう。発症するまでの環境の違いやその人の感受性(センサー)等の違いによって閾値も変わってきますので症状に現れる人とそうでない人の違いが出てきます。しかし何らかの障害といかないまでも不定愁訴を抱えている人はそれらの原因が化学物質や電磁波等の環境因子が影響しているかもしれません。その結果、様々ながんや違う病気となって現れるケースもあります。そのような意味合いでは化学物質過敏症や電磁波過敏症になっている人の方が予防することによってほかの病気も予防することになるのかもしれません。
Date: 2017/12/16(土)


消化酵素などの形状と外部環境
私達の体の中で生成される消化酵素等の分泌物は液状のものを推定するが一つ一つの球体のようなものが多数あると考えた方がよさそうである。その一つ一つのものが細胞の中で集まり細胞の中から細胞膜に包まれ細胞膜を破らずに外部に放出されていきそれらの多数の小胞体の集団が標的臓器等の細胞に送り込まれそれらの臓器や細胞に影響を与えている。水が小さな塊(クラスター)の集合であるように液体も分子の固まりが集団になった状態で個々の分子に化学物質や鉱石、ミネラル分等がその分子の結びつきの中で様々な影響を起こしあっている。さらにこれらに外部の化学瀧要因や物理的な要因、生物的な要因、心理的な要因がそれらの分子の結びつきにも様々な影響を及ぼすのである。。
Date: 2017/12/15(金)


胚性幹細胞(ES細胞)
ES細胞はあらゆる場所に立ち止まってどのような特性の細胞になるかタイミングを待っている細胞である。この細胞は数とタイミングに関して本来生命プログラムが持っている時間軸に対する待ったなしの一方向性から免れた性質を有し元々の胚から切り離して栄養を与えると分化プログラムは停止するものの細胞分裂は止まらず無個性のまま無限に増殖することができる。しかしこのES細胞をほかの胚と合体すると分化プログラムを再開させその個性(生物種)となる秩序だった振る舞いをする正常な始原細胞である。これにひきかえ突然変異等により腫瘍などのキラー細胞は正常な細胞の働きを阻害する性質をもってしまう。近年はこれらの突然変異をひきおこす人工的な要因が環境中に多く存在している。
Date: 2017/12/14(木)


分子生物学
分子生物学から生命体を見るとミクロなパーツでできた精巧な電子機器、あるいは分子の機械といった表現になる。したがってDNA上の暗号が細胞内のミクロな部品の規格情報でその部品を組み替えることで情報を組み替える遺伝子操作技術が誕生した。その技術は生命体を作り変え改良することも可能になる。このミクロの世界にはそれぞれの部品により発電所やホルモン等を生産する工場も内蔵している。それらは外部からの大きなエネルギーや化学物質によっても様々な影響を受けるがそのミクロの世界の変化を我々はみることができない。これを見ることができるようになって初めてアレルギーや化学物質過敏症、電磁波過敏症など検証されにくい病気の解明ができる。しかしミクロの微細な機器が強力で変調な人工的な環境変化に影響されることは容易に推定できる。したがってその防御についても考えておく必要がある。
Date: 2017/12/13(水)


電磁波測定に関して
電磁波過敏症の方の測定に行くのですが様々な要因によって電磁波過敏症や化学物質過敏症を発症されているのですが表面的に見える要因に捉われ身近な問題を見過ごしている方が多い気がします。表面的な要因ばかりでなく日常の中でどのような化学物質や電磁波が体に作用しているか総合的に考えていく必要があります。電磁波測定器を保有している方が多いのですが先程のように目の前の要因だけに捉われ身近なところに大きな原因があるのを見過ごしているケースが良く見られます。様々な要因がベースになり重なり合ってついに体の恒常性が維持できなくなっているのです。一つ一つの要因を見つけその負荷をどのように下げていくかを計画し着実に実行することが治癒への第一歩です。さらに体の中の新陳代謝を高め体の中をクリーンにしていくことも大切です。日常的な暮らしの中でなかなか自分では発見しにくい要因は安心できる専門家に依頼して探してもらい改善点を指摘してもらいどのように行動していくかアドバイスしてもらう方が早道かもしれません。
Date: 2017/12/12(火)


地球と細胞の相似点
地球は数層の大気層と磁力によって守られています。地球を通過する地球外物質は熱圏で燃え尽きるか大気層に包まれながら地球をすり抜けていきます。ロケットが大気圏を通り抜け大気圏外に脱出する場合にも大気圏を破ることなく大気に覆われながら大気圏外に出ていきます。細胞の中の小胞体も細胞膜がまつわりついた状態で細胞外に放出されるために細胞膜が破れることはありません。グローバルスケーリング理論では宇宙と小宇宙は対数的に比例しているという表現をとっていますが相似像学では相似という表現をしています。宇宙と細胞内の微細物質が相似であるということが様々な研究によって今後もさらに検証されることと考えられます。
Date: 2017/12/11(月)


人体における膵臓のダメージの影響力が大きい理由とは
膵臓の95%の細胞は消化酵素産生細胞である。残りの5%はインシュリン等のホルモン等を産生・分泌する細胞である。大部分をしめるこの消化酵素産生細胞は、毎日毎日、大量の消化酵素タンパク質を合成し、それを消化管に分泌している。この驚くほどの生産量を誇る消化酵素産生細胞は体の中でも最も特化した分泌専門細胞なのである。膵臓がかくも大量の消化酵素を、大量の細胞によって作り出しているのはとりもなおさず流れを止めない為である。生命の動的平衡状態とは絶え間ないアミに酸の流入と体タンパク質の合成。分解が生命現象の中心としてとうとうと流れておりこの駆動となっているのが膵臓の働きであるといえる。この流れに支障をきたすことは体の働きに大きなダメージを与えることになるのである。
Date: 2017/12/10(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004407
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72