電気製品・電子機器とノイズ
電気製品や電子機器にケーブルや機器の受信部から妨害電磁波がたくさん入ってきますと電子機器や製品が誤作動を起こしたり異常音が発生したり様々な変調が表れます。人間の体も人間が作った電子機器以上の最高の精密なコンピュターや電子部品を兼ね備えたと同じように正確な周波数や電気信号・振動・周波数で動いています。人間の体に様々な電磁波が入り込むと体の中で変調され生体の細かいメカニズムに変調をきたします。これが総ての電磁波が生体に様々な影響、成長中細胞に悪影響、ガン発生のひきがね、ガン細胞の成長促進、胎児の異常発育、神経化学物質の変化、生理的リズムの変容、ストレス反応等々を及ぼします。具体的にはガン、催奇形性、流産、自殺、うつ病等々、免疫力の低下等によりあらゆる病気の引き金となります。
Date: 2012/12/28(金)


電荷は生命エネルギーの根源
総ての粒子、原子中にある陽子・電子等は電荷を帯びています。原始期の地球の電磁波の強力なエネルギーが原始有機物を集め地球の10サイクル、10Hz前後の極低周波に様々な分子が反応したことが生命が誕生した要因の一つといわれています。この地球の生命の起源ともなる極低周波が現在でも総ての生命体に作用し生命維持のエネルギーの根源ともなっています。電離層と地上間に、超低周波の電磁波が地球全体と共振していますが言い換えれば総ての生物とも共振しているということが言えます。この強度は10Hz前後が最大で5つのピークがあるといわれています。人間の脳波も周波数によっていくつかのピークがありますがなんとこれが地球の周波数のピークと重なっているということですから明らかに地球の周波数の変化によって生命活動が行われているということが確認できます。そこに人工的な異質な変動電磁場に曝されるとどのようなことになるかは誰でも想像できることです。
Date: 2012/12/27(木)


地球の磁場と生体の電磁特性
土地の活性はその土地の電流の流れつまり静電磁場の状態によって大きく変わります。その土地の静電磁場の調整方法のひとつが埋炭です。生命体の細胞や体液の原子は総てマイナスとプラスの電荷を帯びています。細胞の生命活動はカルシュウムヤナトリウム・カリウム等の原子イオンで営まれています。この過電粒子が地磁場や永久磁石の場におかれると磁場と直角方向にぐるぐる回転運動を始めます。そのスピードは磁場の強さによります。この動きがサイクロトロン共鳴です。同じように細胞に電磁波を照射すると細胞からカルシュウム・イオンが細胞から流出するメカニズムと言われています。人間の筋肉も生体内の微弱な電流の流れによって筋肉内細胞のイオンチャンネルからこれらのイオンが細胞を出入りすることによって動きます。地球上には地磁気が存在します。ある一定角度で電磁場が生体にあたると細胞内の各イオンにサイクロトロン共鳴が起きます。この共鳴を起こす電磁波に0〜100Hzの極低周波の電磁波が含まれており私達の身近にある50Hz・60Hzの送電線や家庭内家電製品の電磁場があり人体影響を与えるという問題があります。
Date: 2012/12/26(水)


電磁波被害のバラツキ
電磁波被害は周波数によって被害が急増したりそうでなかったり不規則なバラツキがあります。脳細胞に電磁波を照射すると脳細胞からカルシュウム・イオンが流出します。ところが地磁気を0にした状態では一定の周波数の電磁波を照射してもイオン流出は起こらなかったという実験がありました。これは電磁波被害は、地球磁場と関連していたということです。つまり地球の磁場と電磁波が共鳴して、イオンが流出する。様々な電磁波の生体影響は、この地球の磁場の向きとの相互関連で強められたり弱められたりするということです。これは「地磁気方向と電磁波照射の角度によりイオンがラセン運動して飛び出す」というブラックマン博士のサイクロトロン共鳴現象という説によるものです。この結果を受けた実験ではサイクロトロン共鳴の起こりやすい地球磁場の家の小児白血病が3倍〜9倍強にまで跳ね上がるという実験結果もあるほどです。
Date: 2012/12/25(火)


生命と電気的な素性
昨日は水の中の電気化学特性が生命の活性化に及ぼす影響について考えてみました。人の体の50〜80%近くが水分量です。その体の中の水分の分布は血液や細胞、尿やホルモン等様々です。その水分体液の中にはミネラル分や様々な成分、酵素等が分布しています。毎日飲む水や体の中の体液のその成分の電気化学特性が体の活性化に影響を及ぼすわけですからいかに電気の及ぼす影響が生命体にとって重要かということが解っていただけることと思います。電気つまり地球上の電気特性、磁界や電界の影響を受けて生まれた生命はそのサイクルや水や食物などの素性のサイクルの中で生きています。そのサイクルの中に入ってきている人工的な極低周波電磁波や高周波電磁波は生命体にとってとてつもなく大きな障害を受けるということで電磁波被爆という言葉が使われているのです。
Date: 2012/12/24(月)


水と電気特性
水とその中に含まれているミネラル分等のコロイド状の自然成分の電気化学特性が水の界面特性を大きく司る等、生命に様々な作用を及ぼしています。その作用の中心的な電気エネルギーがコロイド粒子の表面陰電荷のエネルギーとする研究がなされています。この電気的なエネルギーは生命エネルギーと同種のものであり集団だからこそ作用し生命に直結するエネルギーと考えられています。それらのコロイド粒子は親水力で水の秩序を作り、振動による作用、触媒的な働きをしています。それはミネラルの働きであり、酵素の働きともいえるものです。水の中のそれらのエネルギーが生体の中で働くことによる生命体への活性力は計り知れません。
Date: 2012/12/23(日)


寝室の電磁波の負荷
電磁波負荷に反応して、神経過敏症、めまい、喘息、頭痛、免疫システムの崩壊等の症状が顕れやすい人とそうでない人がいます。これは人それぞれの電磁感受性の違いということもいえます。電磁感受性の高い人は本来は様々な高い能力を秘めているといわれています。現在のように電磁波スモッグが多くなるとその高い能力がゆえに危険を察知する能力が高いために体に変調を起こしてしまいます。ですから少しでも頭痛、喘息、めまい等の症状が発症する場合には日常の環境負荷を少しでも低減する必要があります。特に寝室に関して人工電磁波の負荷を低減しなければなりません。寝室の中ではできるだけ頭部、身体の近くから電磁製品のケーブル、電気製品、照明、壁の配線等を遠ざける必要があります。
Date: 2012/12/22(土)


グローバルスケーリングと水の世界
以前ヨーロッパのグローバルスケーリング理論について研修会をいたしました。人や動物の生体は常に共鳴している。これを陽子共鳴と言います。臓器、器官を構成する全細胞(分子、原子、陽子・電子)個々の陽子は常に振動し相互に共鳴、生体内の陽子共振の状態が私たちの健康や生命に対して重要です。昨日は水の研究者、実用の科学をもって水を活用しその普及をもって環境改善の指導をしておられる第一人者の方にお会いすることができました。水とケイ素等の集団リズム力により水を自然本来のリズムに共鳴させ自然循環を是正する働きを生体や物質に及ぼす水の生成技術で世界をリードされています。この技術は生体における自然治癒力の回復や総ての産業において自然に即した商品づくりに貢献できるものと思います。
Date: 2012/12/21(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000113
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72