シックハウスと化学物質
シックハウスに関して一番初めに室内濃度指針値が定められたのが皆さん良くご存じのホルムアルデヒドです。HCHOの分子記号のごとく水素原子2、炭素原子1、酸素原子1から成るこのホルムアルデヒドはプラスチックや接着剤の原料として建材などに大量に使用されてきました。この化学物質は尿素やメラミン等の化学物質や蛋白質などと反応しやすく、尿素と反応すると尿素から水素がホルムアルデヒドから酸素が取り除かれ水と尿素ホルムアルデヒド樹脂が生成されます。水分がなくなった尿素ホルムアルデヒドは固化するので木材の接着剤として利用されたわけですが反対に尿素ホルムアルデヒドが水や水蒸気を吸収すると尿素とホルムアルデヒドに分解しやすくなります。その結果室内のホルムアルデヒド濃度は高温、多湿で分解反応が進みやすい夏が最も高くなる傾向となるわけです。このホルムアルデヒドは無垢の木材などからも発散されるので現在の高気密、高断熱の家では厄介なことになるというわけです。せっかくの天然素材もそれらの化学物質の処理をしないとシックハウス住宅になりかねないということです。自然の木材を豊富に使用した健康住宅が実はホルムアルデヒドやアセトアルデヒドだらけの危険な住宅であるという笑えない結果になるということです。これも測定しなければ解らないことです。実際に天然木の豊富な家は夏には大量のホルムアルデヒドやアセトアルデヒド等の化学物質を放散させている住宅の可能性が限りなく高いと言えます。それは檜や松、杉などの針葉樹からそれらの化学物質が大量に放散されるからなのです。せっかくの自然素材を活かすためにはそれらの化学物質を抜く処理をしなければなりません。しかし現在の方法でそのような処理ができるところ、しているところは99%ないのが現状です。
Date: 2012/10/31(水)


化学物質の分類
住環境の中の室内空気環境における化学物質を的確に理解する為に化学物質を分類して考えてみましょう。化学的視点からは金属、無機物、有機物に、存在形態からは、ガス状物質と粒子状物質、固体、液体、気体などの分類することができます。この中から室内空気の保全という視点で重要なのは有機物質です。有機物質は分子の中に炭素原子を含む化学物質です。その有機物質を分類しますと以下のようになります。
1.芳香族。ベンゼン環(C6H6)持つ化合物
2.脂肪族。炭素原子が鎖状につながっている化合物
3.シクロアルカン。ベンゼン環を持たない環式炭化水素合物
4.テンペル類。基本単位C5H8を2個以上含む炭化水素で、植物の精油成分から得られる化学物質の総称
5.アルコール。脂肪族炭化水素の末端に水酸基(OH)を持つ化合物
6.グリコール。1分子内に2個の水酸基を持つアルコール/グリコールエーテル。エーテル結合(COC)を持つグリコール
7.アルデヒド。水素を取り除いたアルコールで、アルデヒド基(CHO)をもつ化合物
8.ケトン。炭素鎖の中にカルボニル基を持つ化合物
9.ハロゲン化炭化水素。炭化水素の水素原子の一部がハロゲン原子(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチン)に置き換わった化合物
10.酸。水中で水素イオンH+を放出する化合物
11.エステル。酸とアルコールが反応し、水(HOH)を除去してできる化合物
12.フタル酸エステル。無水フタル酸とアルコールからつくられるエステル。ジエステルは可塑剤として使用。
13.その他
Date: 2012/10/30(火)


家電製品からの化学物質放散量例
ノート型パソコンよりの化学物質の放散量に関する測定が行われたケースで面白い結果が出ています。新規に購入したノートパソコンに関してチャンバーテストを行った結果、稼働していないパソコンの化学物質の放散量は低かったが稼働させるとホルムアルデヒドは9倍、アセトンは16倍になりTVOCも7倍になったというケースが発表されています。稼働することで内部のファンが回るために、パソコン内部の部品からの化学物質が放散されたためとみられています。ファンから出てくる空気を直接吸うのはとても危険だということです。子供達の動向に気を付ける必要がありそうです。
Date: 2012/10/29(月)


VOCと建材・仕上げ材の選択
ホルムアルデヒドや指針値が定められているVOC類に関しては放散量が少ないものが多く市販されるようになってきたが新たなる化学物質が使用されるものも次々と開発されています。そこで建材・仕上げ材に関する法律・表示制度などについて考えていきたいと思います。ホルムアルデヒドに関しては改正建築基準法に従いJISやJASの他、大臣認定、事業者団体による表示制度等がありますのでそれらを参考にしてください。VOCに関しては4VOCのみが事業者団体による表示制度が作成されたがその他は検討の途上にありMSDS以外にも使用されている化学物質があることを考えると未だに不明な点が多いのが現状です。また気中濃度の測定も一部の物質に限られているのでその全容解明にはほど遠いが測定なくしては改善はあり得ないという観点から室内空気測定は必ず行う必要があります。また化学物質過敏症やシックハウスを体験した人であれば気中の化学物質よりの忌避感をもつことがありますのでその協力により建材を体感していただき選択することも一つの方法です。
Date: 2012/10/28(日)


建材中揮発性有機化合物(VOC)放散量測定
建材中揮発性有機化合物(VOC)放散量測定
建材に含まれている化学物質の放散量を測定する方法としてチャンバー法という測定方法があります。チャンバー法はチャンバーと呼ばれるステンレスの容器に試験体を設置し、通常の室内のように換気を行いながら化学物質の放散量を測定する方法です。チャンバーの形状により、小型セル法、小型チャンバー法、大型チャンバー法の3種類の方法に大別されます。JISA1901で規定されている小型チャンバー法はチャンバー内部に試験体を設置して測定する方法で海外の規格としては米国の規格ASTMD5116、欧州規格案のENV13419−1などがあります。JISA1901では測定温度を28℃としています。前処理としてチャンバーを加熱しベークアウト後、温湿度が定常に達した後、チャンバーに試験体を設置しチャンバー内の化学物質が定常になると予測される時間(約15時間)が経過するまで換気を行った後、空気採取を行う等の方法によります。
Date: 2012/10/27(土)


水(雨と雪と結晶)
雨は蒸発した過冷却の水滴が氷の結晶にくっつきしだいに大きく重くなって雲を落下していき、落下の途中で、また雲の水滴とぶつかり成長し、ついには0℃以上の温かい層の付近でとけて、水滴となって落ちてくるものです。また気温が低く氷の結晶のまま落ちてくるのが雪です。夏のように気温が高い時は氷の結晶部分がなく水滴だけでできている雲があります。このような0℃以上の雲の場合には、海水が蒸発してできた塩の小さい粒などが核となり、そこへ周りの水滴がくっつきます。そして気流によって雲の中をさまよったり落下したりしながら、ほかの水滴をくっつけて大きな雨粒になって落下していきます。雪の結晶は六角形の同じ形をイメージしますが、雪の結晶に同じものはないと言われています。雪の結晶の形が一つ一つ違うのは、気温や水蒸気の量、地上に降りてくる間の条件が総て違うからです。したがって雪の結晶を観ればその結晶がどのような条件で作られたか分るといいます。雪の結晶は天から送られた手紙であると表現されています。
Date: 2012/10/26(金)


雲が浮くのはなぜ
雲は小さい水滴と、氷の粒でできています。どうして水と氷りが浮いているのか不思議だと感じたことがあるでしょうか。そしてそれがなぜだかと考えたことがありますか?水は0℃で凍り、100℃で沸騰するなど液体、固体、気体に変化します。太陽光線の熱に温められると水分が蒸発し、それが上に行くほど冷やされます。冷やされた水蒸気は水滴になり集まって雲となります。雲は2000〜1万メートルの高さにでき、小さな雲でも100〜1000トンの水が含まれています。こうした水滴や氷の粒がなぜ浮いていられるかそれはこれらの雲の粒がとても小さいからなのです。地上に降ってくる雨の大きさの約100分の1、体積では100万分の1しかないのです。この粒が上昇気流に流されて浮いているのが雲です。実際には雲は1秒間に1〜2cm程度落下するのですがそれ以上の上昇気流によって浮き流されているのです。
Date: 2012/10/25(木)


昔から売られていた水
今は水が売られるようになり当たり前とすでに感じていますが江戸時代に水道があり水道料金が徴収されさらに水を売る商売があったということで驚かれる方が多いのではないかと思います。江戸時代にもやはり水道の維持費が必要だったということです。その水道料金、武士はもらっている給料に応じて、町民は地所の間口の大きさによって支払う額が決められていたということです。この料金で最も頭を痛めていたのが地主だったということだそうです。長屋等の借家の場合、水道料金は総て地主が払わなければならなかったということだそうです。良質な井戸の近くに住んでいなかった人々は生活水の確保に苦労していたということです。そこで幕府の許可を得て末端の放流されていた水を汲んで水船でこれらの地域の人々に水を売り歩いていた人が水屋と呼ばれました。町にはこの水屋が天秤棒の両端に水桶を担いで水を売り歩いていたようです。この水屋は明治30年近代的な水道が引かれるまで続き庶民の生活を支えていたようです。このころの水の値段は朝夕2桶で1銭、今のお金で20円程度だったそうです。
Date: 2012/10/24(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000087
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72