携帯電話の電磁波の危険性、解明へ向けた調査が本格化
携帯電話やアンテナ塔が出す電磁波の影響を調べている研究者たちは、主に携帯電話の使用と脳腫瘍との関係、携帯電話の電磁波が血圧に及ぼす影響、幼児期のガンと基地局との距離の関係などを取り上げてきた。 一方、最近の研究では、いわゆる「電磁波過敏症」の科学的根拠などを検証する傾向が見られる。これは、頭痛や倦怠感など複数の症状を引き起こすとされ、携帯電話やアンテナ塔に接近することで発症すると一部で考えられている。の見解を示した。
Date: 2017/05/10(水)


携帯電話の高周波被曝が身体にもたらす影響
電磁環境グループの報告によると、基地局のアンテナ直下で、照射される電波のレベルを電力密度で表すと、その電波のレベルは 日本の指針値の数千分の一から一万分の一以下という微弱であるため、それは安全レベルだというような表現をされています。いくら数値があらかじめ設定された基準値以下だからといって、それを「安全だ!」と言い切れるわけがないのです。 確かに微弱であろうとも、それを長時間被曝し続けた場合、それが病気や障害を引き起こす要因となりうる可能性は否定できないということです。 高周波の電波を被曝したからといって、死亡されたケースなどは今のところ報告されていない。「高周波被曝が原因である」という明確な 症例がまだみえていない。でも、それはただ単に見えていないだけなのかも知れないだけです。まだ結果が報告されていないだけであって、 高周波の電波を被曝し続けている人が、今現在何らかの自分では気付かないような体調変化を起こしているかも知れないことは十分 考えられるのです。それはタバコにもいえること、農薬やアスベストにおいても過っては何の警告もされていなかったのですから同様です。
Date: 2017/05/09(火)


電力密度の単位
RFエネルギーの生体影響は、電力が吸収される割合に依存します。このエネルギー吸収率は、比吸収率(specific absorption rate:SAR)と呼ばれ、W/kg(ワット/キログラム)で測定されます。SARは定まった方法で測定するのは難しいので、通常測定するのは平面波の電力密度です。そのため、平均の全身SARは、電力密度の曝露から計算できます)。測定においては、電力密度の単位をmW/c屬△襪いµW/屐nW/屬納┐靴泙后人がRFエネルギーを吸収するのは1800MHzよりも860MHzの方が多いために、ある周波数での電力密度のガイドラインは他の周波数より厳しくしてあり、実際に重要なのは吸収した電力量です。
Date: 2017/05/08(月)


平面波の電力密度
携帯電話の基地局アンテナから生ずるRFエネルギーへの公衆の曝露に関し、国内および国際の安全ガイドラインがあります。最も広く受け入れられている基準は、米国電気電子学会と米国規格協会(ANSI/IEEE)国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)、米国放射線防護測定審議会(NCRP)により策定された基準です。これらのRF基準は「平面波の電力密度」で表され、それはmW/c屐淵潺螢錺奪函進進センチメートル)で測定されます。
Date: 2017/05/07(日)


高周波電磁波の指針値
最も要注意である高周波は800MHz〜2.5GHzの移動通信用の高周波放射線で、次の要注意が27MHz〜6GHzとなります。ドイツ建築生物学的測定技術標準による寝室用予防放射線密度勧告地は非パルスシグナルで1μW/岼焚次▲僖襯好轡哀淵襪0.1μW/岼焚爾安全の目安で測定値は最大値を有効とし評価します。
Date: 2017/05/06(土)


電磁波過敏症の症状
電磁波過敏症の症状は、顔に不自然なほてりを感じる。顔や体にチクチク、ズキズキといった感覚がある。鼻や喉などの粘膜が乾燥し、目に刺激を感じる。集中できない、だるい。鼻や喉の粘膜が腫れる。カゼのひきはじめのような症状が出る。頭痛やめまいがする。歯やあごが痛い。筋肉や関節が痛い。動悸がする。等の症状が起きます。
Date: 2017/05/05(金)


電磁波過敏症
表には感じない微量な電磁波に対して高い感受性をもつている人の場合は、ただ感じるだけではなく、頭痛やめまいなどの症状が現れます。症状には個人差があり、動悸、関節の痛み、不眠症など多岐にわたりますが、いずれも電磁波が原因なので、電磁波過敏症と呼ばれます。世界保健機関(WHO)の事務局長であった方が、自分も電磁波過敏症であると、告白したケースもあり最初は、携帯電話を使うときに耳の周辺が熱くなるのを感じたそうです。
Date: 2017/05/04(木)


アメリカにおける電磁波勧告
米国では2ミリガウス以上の地域に託児所、幼稚園、学校、遊び場などの建設禁止勧告案を公表、住宅、オフィス等も、室内で2ミリガウス以上被爆しないように設計・建設されなければならないと勧告、世界の規制ガイドラインは人体に有害な電磁波2.0mG以上と規定される方向ですが建築生物学においてはもっと厳しい数値になっています。
Date: 2017/05/03(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000766
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72