原発近くの湖で放射性物質=10年以上前から排出―スイス
【ジュネーブ時事】14日付のスイス日曜紙ルマタンは、首都ベルンに近いビール湖の堆積物から放射性物質のセシウム137が検出されたと報じた。湖に流れ込む川の上流にミューレベルク原発があり、2000年から原発の排水に含まれ、湖底に沈殿した可能性があるという。湖水は飲料水にも使われているが、専門家は人体に影響はないとみている。ただ環境保護団体や一部政治家は、10年以上前から放射性物質が垂れ流されていた実態を当局がこれまで公表しなかったことに反発している。
Date: 2013/07/14(日)


EU 2011年は多くの大気汚染物質が排出上限値を下回る結果に
欧州環境庁は、「長距離越境大気汚染条約に基づくEU排出インベントリ年次報告書1990−2011」を公表した。これによると、2011年は、窒素酸化物(NOx)を除く多くの大気汚染物質が排出量上限値を下回ったことが示されている。また、三大汚染物質であるアンモニア(NH3)、非メタン揮発性有機化合物(NMVOC)、粒子状物質(PM2.5)の2011年の排出量は、2020年の目標値に非常に近づいているという。排出削減の要因として、発電における固形・液体燃料から天然ガス燃料へのシフト、自動車からの排ガスに対する法的制限の導入、複数の液体燃料における硫黄含有量の削減、古い産業施設の閉鎖などが挙げられている。【欧州環境庁】
Date: 2013/07/13(土)


大気汚染:粒子状物質による年間死者数百万人
厚いスモッグが大都会の大気を覆う。粒子状物質による死者は年間210万人との研究報告が発表された。特に南・東アジアでの死者数が多いという。二百万人以上が世界中で毎年大気汚染により死亡している。粒子状物質は肺を傷つけ、ガンを引き起こすだけでなく、重大な死因ともなり得るのだと報告したのは、専門誌「Environmental Research Letters」の研究者たちだ。ジェイソン・ウェストとラケル・シルヴァによるチームが、オゾンによる影響14モデルを計算したデータと、粒子状物質による影響6モデルを比較し、さらに疫学モデルを合わせて総合的判断を下した。それによると粒子状物質は総計210万人の死因になっていると、上の研究を参照しながらノースカロライナ大学が報告した。加えて毎年約47万人が高いオゾン濃度により死亡しているという。「室外空気の汚染が極めて大きな環境危機だということが、我々の研究で明らかになりました」と共同著者ジェイソン・ウェスト。こうした大気汚染による死亡例が特に多いのが、人口密度が高く、大気汚染の激しい南・東アジアであったという。国際研究チームによる先頃の報告では、スモッグ汚染の激しい中国北部での寿命は、南部に比べて平均して5年短かったという。中国のデータをもとに研究者が計算したところによると、1㎥の空気に100mgの粒子状物質が汚染すると、平均して寿命が3年短くなる。これは過去の計算結果の5倍であると、専門ジャーナル「PNAS」の研究者たちは報告している。
Date: 2013/07/12(菌)


都会の環境
日本全国の都会の環境はとても厳しい環境になっています。空気汚染による化学物質過敏症、電磁波スモッグによる電磁波過敏症、低周波騒音による低周波音過敏症、微生物アレルギー等、多重なストレスによる多重過敏症といってもいいようなストレスを抱えている方々がどのように環境を整えるかを考えることは至難の業と言えるでしょう。一つ一つ他のストレスが発生しないように軽減していく工程を慎重にとっていく必要があるからです。現在、人が住んでいるところで電磁波過敏症の人が住めるところを探すのはこれまた至難の業です。多重過敏症になった人はもちろんまだそれらの疾病が発生する前にそれらの負荷をできるだけ軽減し自己免疫力がそれらのストレスを上回る施策を取ることが大切です。
Date: 2013/07/11(木)


負の遺産
私達は現代文明に入り次々と生活を快適にする道具や生活用品を作りだしてきました。しかし多くの地球上の恵みであるかけがえのない資産も無くしてしまいました。さらに次の世代の人類には、多くの重い負の遺産を残してしまいました。地球上を循環する化学物質や放射能汚染物質、地球を覆う電磁波スモッグ、これらの地上のあちこちで汚染された環境は、次世代への負担となっていきます。日を増すごとに枯渇していく資源、激しいスピードで蔓延していく文明病、拝金主義によるこれらの悪循環をストップするためには自然への畏敬の念と感謝の気持ちをもって行動することです。
Date: 2013/07/11(木)


オーストラリアの修正決議
オーストリア国民議会は、水曜日に電力に関する規定の修正を議決した。オンラインで電力会社を変更することができるようになったという。データセキュリティの専門家たちの間で電力量計を巡る議論が勃発していたが、これに関しても矛盾してはいるが新たな選択が加えられた。「スマートメーター」と一般に呼ばれる次世代電力量計の取付けに関して、大枠となる条件に変更が生じた。新しいメーターを希望しないものは、それを受け取ることがないという。新しいメーターは15分おきの検針を可能にするものだが、これを導入するには使用者の明確な同意が不可欠なのである。当然のことだがこれを当然としないから今回の決議に至ったのであろう。次世代電力量計により、消費者は電力を浪費の有無を明確にすることができた。しかし電力消費を1秒単位で正確に計測するスマートメーターを利用して、一日の出来事や余暇の過ごし方などを推測することも可能であった。これがデータセキュリティの専門家たちにとっては厄介で大変不都合なことだったということである。
Date: 2013/07/09(火)


携帯電話に関するシールド効果に関する活動記事
「携帯電話電磁波過敏症に一定の効果、小学校にシールド設置とした見出しで加藤やすこさんの記事が2013年5月17日発行『週刊金曜日』8ページに掲載されています。同記事は加藤やすこ著の「電磁波・化学物質過敏症 克服するためのアドバイス」の中にも同様の著述が記されています。記事の内容は 福岡県太宰府市の市立東小学校の保護者らが結成した「大宰府東小シールドの会」が、昨年六月から、携帯基地局に面した北側の窓にシールド・フィルムを設置する活動を始めた。 四月中旬、専門家に依頼して電磁波の精密な測定を行なったところ、窓を閉めると被曝量が10分の1に減衰することが分かった。 東小学校の校舎から約100メートルの場所に携帯電話基地局が設置されてあり、設置後まもなく児童や周辺住民の間で体調不良が発生していた(詳細は「金曜日」刊『本当に怖い電磁波の話 身を守るにはどうする?』)
 症状は「いらいらする」「体がだるい」「朝起きられない」など多様で、被曝量が最も高い校舎3階で症状を訴える子供が多かった。子供は細胞分裂が活発なので、電磁波被曝によって、大人よりも大きな影響を受け、発達障がいとの関連を指摘する報告もある。同会の保護者によると、「この小学校では、入学した1年生の間で鼻血が頻繁に出ていた。ある子どもは、教室で座った際に基地局側(北側)に面した耳に炎症があったが、シールドフィルムを設置した後は耳鼻科検診でも異常がみられなくなった」という。 これまでに、約半分の窓に設置したが、シールドフィルムの購入資金が不足している。(以下略)ということです。保護者が自らこのような意識をもって具体的な行動をとれるというのは全国でもとても意識の高い人々が暮らしている地域といえます。自らの命、自らの子供達は予防原則をもって自ら守るという気概が無くては今後、後悔しても遅いといった事態が予測しがたいぐらい起きてくると思われます。奪われし未来にならないためにも積極的に勉強し高い意識をもって行動していただきたいと思います。
Date: 2013/07/08(月)


細胞と磁場
細胞培養基の磁場が、細胞培養基の中と細胞培養基同士の間で量的に大きく変動し得ることが、このほど発表された。数センチ離れた同じ細胞培養基の中で、また同じ研究室にある全く同じ細胞培養基との間で行われた観察結果である。計測された値は、自然に地表に存在する磁場とも、通常室内で計測される磁場の数値範囲外にあったという。こうした変動する磁場に曝露するということは、培養細胞に数多の影響を及ぼすことになる。水を構成する酸素や水素の原子がプラスとマイナスの電荷で構成され水の分子が双極子であることを考えると細胞を包む水の分子が磁場によって影響を受けるのは当然といえば当然のことである。
Date: 2013/07/07(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000456
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72