菌類
真核生物の微生物の菌類は菌界に属する生物の総称です。細菌と区別するために真菌等も呼ばれています。菌類は他の生物が作る有機物を利用して生きる従属生物で、無機物を直接利用することはできません。一般に酵母、キノコ、カビと呼ばれるもので菌類には酵母のように単細胞のものとカビのように菌糸や胞子など異なる形態の細胞が群体をつくるものとがあります。酵母は出芽あるいは分裂によって増殖しカビやキノコは胞子によって増殖します。菌類はほかの生物にとって分解の難しい高分子を分解することができるので植物の主成分であるセルロース、リグニンなどの分解の難しい高分子を分解し低分子の物質とすることで他の生物が栄養として利用できるようになり森林の食物連鎖が成り立っています。
Date: 2018/01/19(金)


真正細菌
私達人間は脊索動物門に属していますが真正細菌だけでも23もの門があります。細菌はこのような多様な分類群を含んでいるものの形態は単純で丸い球菌、長い桿菌、らせん状のらせん菌など数種類しかありません。真正細菌はほとんどが従属栄養細菌ですが独立栄養細菌も含まれます。地球上に存在する様々な物質を利用する能力を持つ真正細菌は地球上のあらゆる場所で生息することができます。真正細菌は食品を作るときにも使われますし病原細菌もいます。また放線菌といわれる細菌には細胞が菌糸を形成して細長く増殖する形態的特徴があり抗生物質を生産できる。抗生物質生産菌の大部分が放線菌に属しています。
Date: 2018/01/18(木)


微生物の種類
微生物には原核生物と真核生物のものがあり、細菌は原核生物で菌類、藻類、原生動物は真核生物です。原核生物のほとんどは単細胞で存在するためほとんど微生物といえますが大型の多細胞生物は真核生物ですから当然のことながら微生物でないものもあります。原核生物である細菌は進化の仕方により系統が異なった2つの分類群の真正細菌と古細菌から構成されます。真正細菌はユーバクテリアと呼ばれることもありますが大きさはほとんどが数マイクロメートル以下ですが分裂による増殖スピードは最速で8分に1回ということですので半日で10の27乗細胞にもなり細胞の重さを1兆分の1グラムとすると10億トンにもなる重量ということになります。
Date: 2018/01/17(水)


生物の分類
分類学によると生物は大きく5つの界(動物界・植物界・菌界・原生生物界・モネラ界)というグループに分けられます。その下位に門、綱、目、科、属、種という階層があります。ちなみに人は動物界脊索動物門哺乳類綱霊長類目ヒト科ホモ属サピエンス種ということになります。それぞれの分類群は、形動的、機能的、遺伝的にそれぞれ類似した特徴を持つ群として定義されています。地球上はこれらの生物の連鎖によって生命活動が行われています。
Date: 2018/01/16(火)


腸内細菌と免疫力
昨日のテレビ番組でも腸内細菌と免疫力の関係についての話題がありましたが分析技術の進歩に伴い生息している菌の種類がさらに発見され増加傾向です。腸内細菌は多数の雑多な菌種によって構成され、一人のヒトの腸内には100種から3000種類の細菌が100兆個から1000兆個の腸内細菌が腸内に生息しており、重量にすると約1.5-2kgに相当で、一般にヒトの細胞数は60-70兆個程度と言われており、細胞の数ではその16倍に匹敵するだけの腸内細菌が存在することになる。ヒトの場合、腸内細菌には主に5つの働きがあります。病原体の侵入を防ぎ排除する。食物繊維を消化し短鎖脂肪酸を産生する。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン類の生成をする。ドーパミンやセロトニンを合成する。腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力の約70%を作りだしている。等で免疫力に関する働きの裏である種の腸内細菌が少ない等でアレルギーを引き起こすことも伝えられた。
Date: 2018/01/15(月)


微生物学
生物は微生物によって生かされ死滅することもある。他の生命と共生しその生命になくてはならぬ微生物もバランスが崩れるとその生態に障害を及ぼす可能性もある。また外部からの微生物の侵入により重大な病気が引き起こされるケースもある。この地球の生命体は微生物の誕生からはじまり総ての場所に生息する微生物のバランスによって共生している。これらの微生物の分野を学ぶ専門分野として病理微生物学・口腔微生物学・臨床微生物学・食品微生物学・土壌微生物学・海洋微生物学・環境微生物・応用微生物・分子微生物・微生物生体学などがあります。掘り下げていくと微生物の小さい世界から宇宙まで広がっていくのかもしれませんね。いずれにしても地球の環境と私達の体と健康については微生物の存在無くしては語れないということだけは確かなようです。
Date: 2018/01/14(日)


生物の機本単位となる細胞の構造
総ての生物は細胞の構造が単純な原核生物と複雑な仕組みを持つ真核生物に分けられます。その基本単位となっている細胞は、共通な構造をもっています。細胞内にある様々な構造物をまとめて細胞小器官といいますがこれは原核生物、真核生物の両方に共通して存在するものだがここでは遺伝子の情報に基づき、タンパク質が作られ細胞内工場ともいえます。細胞内部は細胞質と呼ばれ様々な生命活動が営まれる場所です。細胞小器官に運動に必要な鞭毛や繊毛、ゴジル体など様々な仕組みを持つものがあります。真核生物では遺伝子が細胞質の中央付近の核の中に納まっていますが原核生物にはこれを収納する核はありません。真核生物にはミトコンドリアという細胞小器官がありここでは呼吸反応が行われ有機物からエネルギーをとりだしています。また植物の光合成を行う細胞に緑葉体がありますがミトコンドリアも緑葉体も、原子生物の中に別の生物が入り込んで共生を初めたのが起源だと考えられています。
Date: 2018/01/13(土)


地球と生命の共進化
地球上での微生物の進化は環境に変化が現れると直ちに適応しあらゆる場所へ生物圏を拡大し多細胞生物が現れると多細胞生物に共生することで新たな進化の流れを作り出しています。微生物の共生は、真核生物が光合成と酸素呼吸の機能を獲得する場面で画期的な役割を果たしました。微生物と多細胞生物の関係は、バランスの上で成立しています。動物は微生物の侵入から身を守るために免疫システムを発展させてきましたが微生物もまた様々な方法で薬剤耐性や毒性因子などの機能を獲得してきました。これは多細胞生物の捕食者と被捕食者が互いが競い合うのと同じ現象といえます。
Date: 2018/01/12(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004769
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72