3人に1人の子どもが、アレルギーを持って誕生
9月5日より、ドイツ全土のアレルギー専門家が集う会議がボーフムの地で開催される。アレルギー患者の数は増えつつあるのに対して、専門医の数は少ない。これは由々しき事態である。アレルギーを自覚することなく治療もされることなく過ごす者も多い。ドイツのアレルギー専門家は、アレルギー患者に対して専門医が不足していることに懸念を抱いている。アレルギーを持つ子どもや大人が増加しているのに対して、専門医の数は減少傾向にある。9月5日よりボーフムで開催されるドイツ最大のアレルギー会議で主に議題となるのが、アレルギー患者の治療を巡る医師の不足問題だ。喘息、神経性皮膚炎、食物、鼻炎……アレルギーは既に国民病である。5人に1人が発症しているという。患者の数は10年間で増加傾向にある。子どもの3人に1人はアレルギーを抱えて誕生する。アレルギー会議の開催されるルール地方は、特に高濃度のハウスダストによる影響が大きい。既に学者・研究者たちの間では、人材不足が嘆かれている。ドイツの人材不足は、世界でも特に顕著なのだという。患者2000万人に対して、医師の数が決定的に不足しているのだ。
Date: 2014/02/24(月)


スマートフォンの依存性を警告
新しいアプリがスマートフォンの依存性によるスマートフォン中毒を警告している。コンピュータ科学者や心理学者の間で、携帯電話の使用による弊害について同様の研究がされている。「旅行中にはバスの時刻表をスマートフォンでチェック!バスが来る前に、もう一度あなたの電子メールをチェック、最新のミニゲームをテストし、 ソーシャルネットワークで結果を共有しています。多くのスマートフォン利用者の挙動が共通しているという事に気付きます。携帯電話がますます機能が豊富になり、依存性はより頻繁にしかも強くなることが問題視されている。新しいアプリケーションでは、ユーザーはコンピュータ科学者や心理学者の助けを借りて携帯電話の利用を観測しその依存性を推し量ることができるはずです。Menthalという新しいアプリは、スマートフォンの使用を調査するためのより大きな研究プロジェクトの一環である。Menthalをインストールした人、は彼らが電話で毎日どのように過ごし、どのようなアプリケーションが、最も一般的に使用されてどのくらいの時間使用しているかについて確認することができます。匿名化された最も重要なコア•データは、科学者がそれらを評価サーバで分析しコメントします。未発表の研究では、研究者は、6週間にわたってMenthalで50人の電話挙動を調べた。 ボン大学で心理学の講師をしているクリスチャン氏は、その内容について「部分的に恐ろし結果だった」と話している。
Date: 2014/02/23(日)


イランでの疫学調査
イランのイスファハン市で、携帯基地局周辺の250人に対して疫学調査が行われました。過去の疫学調査というのは数十万人規模のものまでの膨大なデーターにより行われたものがあるくらい多数の統計的なものが多かったが今回の調査は有意な症状についてのもので白血病のように病状が確定したものではない。その中でも携帯基地局300m以内では症状が有意に多いことが明らかになっている。調査に協力したのは基地局周辺に住んでいる人たちで、女性が133人、男性は117人でした。住民は、頭痛、睡眠障害、疲労感、うつ傾向、怒りっぽい、不快感、集中困難、食欲不振、吐き気、記憶喪失、視覚障害、聴覚障害、めまい、心臓血管系の問題、性欲低下などを尋ねるアンケートに症状の頻度を記入する内容であった。このような300m以内の住民はそれ以上離れた地域に住む住民と比較すると、症状のほとんどが有意であった。このような結果は、過去にもスペインやオーストラリア行われた研究結果とも一致した。
Date: 2014/02/22(土)


高圧電線の間近で暮らす家族
レッピン家が都会からこちらへ引っ越してきたのは、1989年に東ドイツが政治方針を転換させた後のことである。20年もの間、この家族は高圧電線の間近で暮らしている。高速道路入口の近くに家が位置している。当時は、2003年に突如として220キロボルトの送電線が家の真上に走ることになろうとは予測していなかった。47歳のフランク・レッピン氏は言う「我々家族は5年間薬を服用しています」彼自身は高血圧、妻は甲状腺の薬を摂取しているのだ。「二人の病気が同時にやってきたのが、私には奇妙に感じられました」まず電線が屋根の上に張られ、それから薬を服用する生活が始まった。現在電線の電柱は380キロボルトにも上ることがあるという。24時間電流を走らせるこの電線は、連邦議会がエネルギー革命にあたり建設を急がせたものだ。新しい電線が、レッピン家の屋根の真上に走る。この電線によりドイツは以前よりも高速性と効率性を増したが、ベルリン郊外に住む一家にとっては自分たちを破滅の淵へと押しやる存在にも等しい。
Date: 2014/02/21(金)


フランスの電磁場被爆規制法
フランスの電磁場被爆規制法の主なポイントは「保育園や託児所でのWiFiの禁止」、「携帯基地局を設置したり変更を加えたりする場合、自治体や利害関係者との協議を行うこと」、「この法律制定から一年以内に、電磁波過敏症発症者のために、とくに市街地に無線周波数の電磁場の少ないエリアを設けること」となっている。フランスでは、政府機関が電磁波の影響について継続的に研究を進めており過去にもすでに成果報告が3回なされ今後の報告が期待されています。
Date: 2014/02/20(木)


帝王切開によるアレルギーリスクの上昇
デュイスブルク=エッセン大学により先頃公開された研究では、アレルギー専門医の不足による問題点が明らかにされている。この研究では4000万人の被保険者を4年間観察した。その結果、過敏症状の継続的治療を受けているのは鼻炎患者のうち7%だけ、ぜんそく患者の5%だけであることが判明した。「恐るべき事実だ」と専門医たちは懸念を強め、ドイツ全土で予防キャンペーンを呼びかけている。アレルギー予防は、乳幼児の頃から始めなくてはならない。この際両親が誤った判断を下さないように専門家たちは警告する。予防注射を摂取すると、アレルギーが発症する恐れがある。「ただし、この懸念については証明されていない」という。一方で、帝王切開によって生まれた子供のアレルギーリスクが上昇することは証明されている。
Date: 2014/02/19(水)


ヴァーシュタインに発生した致死性のバクテリア
レジオネラ菌の発生により既に2人の死者が出ている。感染者は150人を超えている。当地の下水処理場からレジオネラ菌が発生したのではないかと推測されている。ヴァーシュタインに発生したレジオネラ菌の発生源は、当地の企業が所有する冷却装置だ。恐らく下水処理場から水と共に流され、川を経由し、冷却装置へと侵入したのだと思われる。当局の報告によると、ヴァーシュタインの下水処理場には高濃度のレジオネラ菌の繁殖が確認されたという。この下水処理場がそもそもの発生源であるとして今後調査を進めていく方針であるという。ドレスデン工科大学の調査によると、企業の冷却装置から発見されたレジオネラ菌は、感染患者から発見されたものと同じであるという。この冷却装置は蒸気を発生させるタイプのものであるが、蒸気と共にバクテリアが広範囲に拡散されたことは明らかである。下水処理場や、企業の周辺に位置する川から検出したサンプルの分析結果は未だ出ていない。しかし高濃度のレジオネラ菌繁殖を確認したという。現在のところ感染に対する警戒を解除することはできないという。ひとまずサンプルの分析結果を待たなくてはならない。当局はヴァーシュタインへの観光や出張、滞在を控えるように呼びかけている。ボン大学保健・公衆衛生研究所所長マルティン・エクスナーは、このヴァーシュタインのレジオネラ感染問題について「ドイツや、恐らくヨーロッパでも過去に例のない」事例であると話す。「地区の下水処理場そのものが感染源になった事例など、これまでになかった」という。まずは感染源を明確にする必要がある。レジオネラ菌の発生により既に150人以上の感染者が出ており、うち2名が感染により死亡している。レジオネラ菌に感染すると肺炎の症状が現れ、また不快感、頭痛、四肢の痛み、発熱、刺激性咳嗽、下痢などを伴う。重症患者の場合、死亡率は7%だ。レジオネラ菌は温暖で湿気のある環境で繁殖する。特にプール、空調設備、ボイラーなどに多い。
Date: 2014/02/18(火)


3人に1人の子どもが、アレルギーを持って誕生
9月5日より、ドイツ全土のアレルギー専門家が集う会議がボーフムの地で開催される。アレルギー患者の数は増えつつあるのに対して、専門医の数は少ない。これは由々しき事態である。アレルギーを自覚することなく治療もされることなく過ごす者も多い。ドイツのアレルギー専門家は、アレルギー患者に対して専門医が不足していることに懸念を抱いている。アレルギーを持つ子どもや大人が増加しているのに対して、専門医の数は減少傾向にある。9月5日よりボーフムで開催されるドイツ最大のアレルギー会議で主に議題となるのが、アレルギー患者の治療を巡る医師の不足問題だ。喘息、神経性皮膚炎、食物、鼻炎……アレルギーは既に国民病である。5人に1人が発症しているという。患者の数は10年間で増加傾向にある。子どもの3人に1人はアレルギーを抱えて誕生する。アレルギー会議の開催されるルール地方は、特に高濃度のハウスダストによる影響が大きい。既に学者・研究者たちの間では、人材不足が嘆かれている。ドイツの人材不足は、世界でも特に顕著なのだという。患者2000万人に対して、医師の数が決定的に不足しているのだ。

Date: 2014/02/17(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000380
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72