オゾン
地球を取り巻く大気中、成層圏に滞留し紫外線から地球生命体を守ってくれるオゾンですがオゾンは粘膜組織、肺細胞および呼吸器能に影響を及ぼし、肺をおかす刺激物です。大部分のオゾンは、自動車やその他の燃焼過程の排気ガス中に含まれている炭化水素と窒素酸化物の光化学反応の結果として生成されます。室内のオゾン量に重要な影響を持ちそうな室内の発生源は、コピー機と静電気式空気清浄機です。オゾンは水の殺菌や空気の殺菌などにも使用されています。
Date: 2017/03/17(金)


有機化合物
有機化合物のことをVOCといいますが、脂肪族、芳香族の炭化水素、塩素化炭化水素、各種ケトン類、アルデヒド類など極めて多くの種類の有機化合物(VOC)が室内空気中に確認されています。公共の建物ではホルムアルデヒドとトルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンが測定対象物質となっています。学校ではこれに加えパラジクロロベンゼンも測定項目に入っています。トータルVOCの暫定目標値400µW/屬發△蠅泙垢揮発性有機化合物の総量によっても健康に影響があると考えられています。これらの内のいくつかは発癌物質である可能性がある(例えばベンゼン、テトラクロロエチレンなど)と思われるものもありますが室内にみられる大部分の有機化合物の健康影響に関しては現在あまりよくわかっていないのが現状です。
Date: 2017/03/16(木)


ホルムアルデヒド
昔は、シックハウスの原因といえばすぐにホルムアルデヒドが連想されていました。ホルムアルデヒド(HCOH)は無色の水溶性のガスで、尿素系やフェノール系のホルムアルデヒド合成樹脂の生産に用いられる重要な化学物質です。これらの合成樹脂は、パーティクルボード、繊維板、合板などを生産する際の接着剤として利用されています。濃縮した尿素ホルムアルデヒドは、コーティング紙や紙の生産過程で用いられます。また、ホルムアルデヒドは、光化学スモッグ反応物質のひとつであり、タバコ煙や、燃焼廃棄物中に含まれ、家具、建材、ホルムアルデヒド樹脂を含むテキスタイル類からも発生します。天然の木材からもホルムアルデヒドは放散されます。
Date: 2017/03/15(水)


硫黄酸化物
硫黄酸化物(SOx)の内、健康上最も興味をもたれ、研究例が多いのは、二酸化硫黄です。二酸化硫黄は、無色の気体であり、硫黄を含む燃料の燃焼などによって放出されます。この気体は、水溶性が強く硫酸となり粘膜を刺激し、咳、くしゃみ、目の痛みなどの症状を起こさせます。一般に、外気の方が濃度は高いが、室内で開放型の石油ストーブなどを使用すると室内の方が高濃度となることがあります。0.03〜1ppm程度の濃度になると、刺激臭として、知覚され始め、3ppmでは直ちに知覚されます。6〜12ppmでは、鼻や喉に刺激をもたらし、20ppmでは、目に刺激を起こさせ、00〜500ppmでは、呼吸困難に陥り、10,000ppmでは意識不明となり、皮膚に炎症が現れるといわれています。
Date: 2017/03/14(火)


窒素酸化物
窒素酸化物(NOx)の影響の大部分は、二酸化窒素(NO2)によるものです。しかしながら、NOxの主要発生源は、おもにNOを排出する燃焼作用でこのNOガスは、直ちに酸化されNO2となります。150ppm以上のNO2レベルは、致命的であり、50〜150ppmの濃度では、慢性的な肺疾患をもたらすといわれています。NO2は、まず臭覚で捕らえられ、0.12ppmで感知されます。0.075ppm〜0.26 ppm程度の濃度に、暗順応の変調をきたします。呼吸器系への影響を知るためには呼吸器系疾患の感染症に対する抵抗力の低下を目安として見ればよいことが、動物実験によって示されています。
Date: 2017/03/13(月)


一酸化炭素の人体への影響
一酸化炭素(CO)は、窒息性のガスであり、その赤血球へのヘモグロビンへの親和力は、酸素の200〜250倍であるため血液の酸素保持能力を著しく低下させます。飽和濃度に対する%として表される一酸化炭素ヘモグロビン(COHb)の濃度は、CO摂取量の目安としてしばしば用いられています。また、喫煙者のCOHbレベルは、非喫煙者より4~6%高いという報告もあり、心臓疾患、特に、狭心症などを伴う心臓病は、比較的低いCOHb濃度でも影響が現れるといわれています。
Date: 2017/03/12(日)


二酸化炭素の人体への影響
二酸化炭素(CO2)は、人間の代謝作用により生成され、肺を通して吐き出される。CO2の生産量は、食べ物の組成と人の活動の程度によります。代表的な活動レベルの事務作業に従事する大人によって吐き出されるCO2量はおおよそ200ℓ/min程度です。健康な人が濃度1.5%のCO2に曝露されると軽度の代謝障害を起こし、7〜10%のCO2に曝露では数分以内に昏倒します。0.7%〜1%のCO2に被爆したために、呼吸量の増加と血液中の酸性バランス慢性的な変化が認められた例もあります。これらの変化は、骨の中におけるCO2の摂取と放出に関係があるといわれています。この影響はカルシウムの放出によって、骨の密度を変化させることになるとの説もあります。二酸化炭素は、汚染質としてばかりでなく、全般的な空気の汚れの指標としても用いられます。ドイツでは気密性の高い建物が多いので住環境測定士の研修中は二酸化濃度の測定器や体感により二酸化濃度の濃度が高くなると受講生が自主的に窓の開け閉めをすることにより空気を入れ替えることにしています。
Date: 2017/03/11(土)


室内空気汚染物質の種類とその健康影響
室内空気汚染物質には大別してガス状の物質と粒子状の物質があります。ガス状物質としては一般的な二酸化炭素・一酸化炭素・窒素酸化物・硫黄酸化物や人工的な化学物質等のホルムアルデヒドや揮発性有機化合物・オゾン等があります。粒子状物質には一般的な粉塵、PM2.5、花粉、アスベスト、微生物、たばこ煙等があります。それらが体内へ様々な影響を及ぼしアレルゲンとなったりシックハウス、化学物質過敏症、ガンや精神的な疾患の要因ともなっています。
Date: 2017/03/10(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000522
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72