温暖化とカビ
熱帯地域(インド・台湾・マレーシア・シンガポール・アフリカ等)では人体の骨・脳・目・内臓・生殖器・皮膚を侵して死に至らしめるようなカビによる真菌症の事例が数多く報告されています。日本の風土は今までこのような恐ろしい真菌症が発生した例は無いようですが今後、地球の温暖化の状況次第では熱帯地域と同様な真菌症が大流行することも視野に入れておかなければなりません。地球の気象変化はその地域の微生物による分布の変化とともにその地域に今まで体験したこともないような病気が発生する可能性を秘めているということになります。日本ではなじみのあるカビの研究に関しては諸外国より後れを取っているとの評価があり、医師の間でもその治療法の知識や認識が低いともいわれ、治療上の失敗といえるケースも多くみられるとのことですでに解っている真菌症でさえ治療法や予防法が確立されていません。

Date: 2014/07/01(火)


化学物質が神経に与える影響
化学物質が脳や神経に与える影響は計り知れない。心身の恒常は脳のコントロールのもと、神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系の大きな3本の柱の相互バランスによって保たれている。これらのどれかに異常がでれば他の柱も異常をきたし、全体のバランスが崩れてくる。農薬は、神経系に働きかけて殺虫する化学物質である。そのためこれらの農薬に触れると人の神経にも異常がもたらされ、それが内分泌系や免疫系、脳への異常へと影響が拡大していく。防犯対策のなされた住環境も重要であるが、住環境をよりよいものにすることによっても犯罪を少しは予防できるともいえる。都市の国際化や住環境の悪化に伴い犯罪が増加するとともに多様化してきた。空気中の化学物質は脳神経細胞等に影響を与え攻撃性の強い性格を創出させたり電磁波の影響でホルモン分泌に影響を生じキレやすい子供や女性も増えてきた。これらは住環境が脳内ホルモンの分泌に大きく係わっていると言う事をあらわしている。全身の組織や臓器に移行する有害物資の量はその有害物質の親和性が大きいかどうかなどの性質によって体内分布が異なってくる。
Date: 2014/06/30(月)


アトピーでなぜ象のような皮膚に
アトピーでなぜ象のような皮膚に
母乳保育によって赤ちゃんのアトピーは低減できる可能性がある。赤ちゃんの胃腸がまだ充分に完成される前に離乳すると、高分子のタンパク質である卵や牛乳がそのまま血液に入る。そこで異物として入ってきた牛乳や卵に対して、自分を守るために体がそれらの異物に攻撃を加える。これに反応してIgE抗体が大量生産される。この抗体がマスト細胞に付くと、そこからかゆみの物質であるロイコトリエンやヒスタミンが大量に発生し体中をかゆくさせる。赤ちゃんがこのようにかゆくなると全身をかきむしり、血が出たり、炎症をおこしお母さんも赤ちゃんも一晩中熟睡できなくなる。炎症が起きると二次感染を防ぐために大量の合戦酸素が発生し体中が酸化する。アトピー、喘息の子は炎症が起きるたびに、内臓、体中の皮膚が酸化され皮膚が過酸化脂質に変わる反応が起きる。このため角質層が象の皮膚の様なカチカチの角質になってしまうのだ。
Date: 2014/06/29(日)


家庭に農薬をまく
戦後、何の意識もなく農薬やそれに類する恐ろしい化学物質が家庭内で塗布・散布されてきました。防蟻、防腐剤としての農薬、抗菌剤やダニやゴキブリ退治のために使用された殺虫剤や蚊などに撒くスプレー式の殺虫剤等、有機リン系、ピレスロイド系の農薬等です。現在では使用が禁止され人体にも非常に有害で危険なものを使用し続けてきました。多くの農薬は神経障害も引き起こす可能性がありスプレー式のものは直接吸い込むこともあり、天井や壁、家具等にも付着します。殺虫剤を10秒間スプレーしただけで数日間部屋に残るものですからとても怖いことです。子供体の為にも安易な殺虫剤等の使用は避けるようにしたいものです。
Date: 2014/06/28(金)


住宅内の複合汚染
現在では住宅の室内における人へのストレス要因は多岐に亘る。過去に降り帰り鑑みるとその原因は世界的に住宅の建て方自体が変化したこと、さらには人工的な建材や使用エネルギーの変化によることが推定できる。エネルギーは水車や薪等の自然から人工的な電気へ。建材は自然素材から工業製品に変わり、室内では化学物質や電磁波、様々な騒音、ダニ・カビ等の微生物、これらの複合汚染によって、アトピーや、喘息、化学物質過敏症、電磁波過敏症、騒音過敏症、ガン、痴呆症等、住環境がらみの病気がすごい勢いで増加する結果となってしまった。人工的な化学物質は室内にとどまらず地球全体にばら撒かれ水や植物、生物が汚染された。それはまた私達の食物や水に浸透し私達の身体に戻ってくる。現在、私達の身体は過去にはない大きく多重な被爆によるストレスを受け体力が疲弊していると言える。
Date: 2014/06/27(金)


富営養化の原因りん酸をしらべる
りん酸は自然界の水中にはわずかしか存在しません。河川・湖水の水を測定してリン酸が検出された場合は比較的近くで急激に家庭排水や肥料が流れた可能性があります。通常の自然界のリン酸はプランクトンや藻に吸収されそれほど増加することはありません。リン酸は防腐効果があり、食品添加物として加工食品に多用されています。富栄養化はこれらの窒素やリン酸が流れ込み藻類、植物性プランクトンが大量に発生し、やがて植物が枯れその腐敗過程で窒素やリンがまた水中に放出されるという悪循環を繰り返します。このような富栄養化により棲んでいる魚の種類が変わったり大量死や、悪臭が発生します。
Date: 2014/06/26(木)


浄水器の残留塩素
水道の水があまりおいしくないといわれる原因や匂いの原因の一つに残留塩素があります。浄水器で残留塩素が除去できると言われていますが本当に除去されたかどうか蛇口型の軽便な浄水器の場合においてもパックテストで調べることができます。浄水器を通す前の水と浄水器を通した水をコップ半分程用意します。両方の臭いを嗅いで確認します。少し温めると臭いが強くなるのが解ります。コップの水をそれぞれパックテストに吸い込み10秒後に比色した結果により判定します。浄水器を通った水道水からも残留塩素が検出されるようであればフィルターの交換時期となります。このパックテスト学校等へ実験機材を販売している専門商社で販売していますが当協会にも様々なパックテストがあります。
Date: 2014/06/25(水)


電磁波詐欺
シールを貼ると電磁波が低減できる等のグッズを売りつける商法があります。別の商品等で信用させるようなプレゼンテーションをしてシールを売りつけるというものです。昔その人の気を入れただけで病気が治ったり良いことが起こるといってシールを販売していましたが同じような類といえるでしょう。気持ちの問題でそのような気がするだけで決して電磁波を低減することはありません。あくまでも測定しなければ検証できません。時々トリックのようなものもありますので気を付けていただきたいと思います。電磁波は物理的なストレスです。電磁波の影響は電界・磁界、高周波等の電波を測定してその強度を調べることによって判断できることです。電磁波過敏症や白血病・脳腫瘍等々の症状は体を構成する細胞や遺伝子などが人工的な電磁波に曝されて免疫力が低下して身体の機能にトラブルが生じて発生するものです。電磁波が問題となるのはこの変則的な自然には無い人工的・物理的なストレスによるものです。
Date: 2014/06/24(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000126
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72