ホリステイック医学
現在、「ホリスティック」という言葉は、「全体」「関連」「つながり」「バランス」といった意味をすべて包含した言葉として解釈されています。意味する内容はもともと東洋に根づいていた包括的な考え方に近いものといえます。ホリスティック医学をひと言でいうならば、人間をまるごと全体的にみる医学といえます。健康や癒しとは本来、身体だけでなく目に見えない精神・ 霊性も含めた人間の全体性と深く関係があります。これは、病気だけに限定されるものではなく、人生の中の生老病死というステージを考え、病を癒 していくなかに関連する、あらゆる分野の「癒し」も大切に考えるということです。ホリスティック医学とは部分を見ることで急なあまり人間まるごと見ることを忘れてしまった西洋医学に反するアメリカで興った概念で血液や尿や細胞組織の検査結果が正常の範囲内であれば健康であるという消極的な定義ではなく精神 身体 環境がほどよく調和し与えられている条件において最良の生の質を得ている状態を健康と考えるより積極的な状態を考えるより積極的な状態のことです
Date: 2014/04/07(月)


個は全体(宇宙)と連動している
「Holistic」という造語、臓器や細胞などといった部分に分けて研究し、それを総合したとしても、人間全体をとらえることはできない。現実の基本的有機体である全体は、それを構成する部分の総和よりも存在価値があるという理論であり、同時に、一固体は孤立に存在するのではなく、それをとりまく環境すべてと繋がっていると考え方です。Holisticという言葉は、もともとホーリズ(holism)の形容詞から生まれました。ギリシャ語のholos(全体)を語源としていて、そこから派生した言葉にwhole,heal,holy,health…などがあり、健康(health)という言葉自体がもともと『全体』に根ざしています。ホリスティック医学をひと言でいうならば、人間をまるごと全体的にみる医学といえます。ホリスティックな健康とは、「病気でない状態が健康である」という否定的な 定義や「血液や尿や細胞組織の検査結果が正常値の範囲以内であれば 健康である」という消極的な定義ではありません。臓器や細胞などといった部分に分けて研究し、それを総合したとしても、人間全体をとらえることはできない。現実の基本的有機体である全体は、それを構成する部分の総和よりも存在価値があるという理論であり、同時に、一固体は孤立に存在するのではなく、それをとりまく環境すべてと繋がっていると考え方です。
Date: 2014/04/06(日)


経絡とエネルギーの関係
東洋には人の生体のツボにあたるところを経絡とかチャクラと称して身体のエネルギーの重要なポイントとであるという考え方があります。細胞の一つ一つが電気を発電していますが。それぞれの原子も陽子と電子によってプラスとマイナスの電荷を帯びています。その集まりが分子で物質という事になります。原子はそれぞれの質量に応じた振動をしています。つまり原子核の周りのそれぞれの軌道を電子が周って動いています。人体は臓器、細胞、蛋白質の分子からできていますから、これらもそれぞれの段階で、その固有の波長の振動(波動)をもっています。この波動エネルギーは電気的特性へ置き換えられ、一種の電磁波として捉えることができ、同じか近似の波長をもつものに共鳴現象を起こし、これによってエネルギーが伝達されます。その動きは地球や宇宙の動きと連動していますから生体やチャクラを宇宙の振動に共鳴した動きに戻してやるための施術がチャクラや経絡の調整という事になります。

Date: 2014/04/05(土)


イランでの携帯基地局周辺の疫学調査
基地局から300m以内で症状が多いことが判明しました。イランのイスファン市で、携帯基地局周辺の住民250人を対象にした疫学調査が行われ、300m以内では症状が有意に多いことが明らかになったということです。住民は頭痛、睡眠障害、疲労感、うつ傾向、怒りっぽい、不快感、集中困難、食欲不振、吐き気、記憶喪失、視覚障害、聴覚障害、めまい、心臓血管系の問題、性欲低下などを尋ねるアンケートになりました。電磁波の測定と併せ持ってアンケートの結果と対比された結果、電磁波は離れるほど弱くなりましたが、「頭痛、睡眠障害、疲労感等の症状は、かなり離れていても有意に経験され、遠ざかっても顕著な減少を示さなかった」とあります。基地局より300以内の住民は300以遠の住民に比べ有意に多いという結果になっています。このことは近隣住民の被爆量を最小限にするためには携帯基地局等は住居より300m以内に設置されるべきではないことを示唆しています。さらに300m以遠においても電磁波の強度が様々な作用によって増幅されたり変調されて放射されることを考えると一概に300m以遠は安全であると言うことも断言できないと言えます。多重に放射される電波の精密測定によってそれらの状況を検証することが重要となります。
Date: 2014/04/04(金)


細胞質雄性不稔性雑種の野菜
エコロジー食品経済連盟では、遺伝子組換え野菜の栽培が禁止されている。「禁止を発表した以上、それが守られるように我々が力を尽くさなくてはなりません」そう話すのはエコロジー食品経済連盟長フェリックス・プリンツ・ツー・レーヴェンシュタインである。農民、加工者、商店を対象に調査をすることが必要だ。レーヴェンシュタインは現在、種子証明ラベルの導入を要請している。先の二社から発見された問題の野菜は、細胞質雄性不稔性雑種と呼ばれる類のものである。細胞質雄性不稔性とは、植物が受粉することなく、収穫量が増加するものである。そのためカリフラワーとブロッコリーといった野菜の細胞を核融合させることにより養殖する。
EUの政令によると、細胞核融合は遺伝子組換えの一部になる。しかし細胞質雄性不稔性雑種に関しては、政令では例外として定められている。一般の農業者だけでなく、有機農家でも細胞質雄性不稔性雑種の栽培と販売が認可されているのだ。しかしドイツ有機連盟やHipp社は細胞質雄性不稔性雑種の栽培と販売を激しく拒絶している。
Date: 2014/04/03(木)


細胞質雄性不稔性雑種が有機食品に混入
(遺伝子組換え野菜をHipp社・Demeter社の有機乳児用食品の中に発見)遺伝子組み換え野菜が、有機乳幼児用食品の中に含まれている。いわゆる細胞質雄性不稔性雑種の栽培が、有機農家にも認可されているのだ。第2ドイツテレビのニュースショー「WISO」が、Hipp社とDemeter社の食品から問題の野菜を発見した。どちらも遺伝子組み換えを否定する方針を取っているにも関わらずだ。Hipp社とDemeter社から出ている有機の乳児用食品に、遺伝子組み換え技術によって作られた野菜が使われていたことが判明した。第2ドイツテレビのニュースショー「WISO」による抜き取り検査によって明らかになったことである。Demeter社の乳児用食品ブランドHolleの製品「ブロッコリー玄米ペースト」は何度検査をしても、遺伝子組み換えの野菜が見つかったという。さらに「WISO」は、Hipp社の製品を検査したところ、対象となった製品の4分の1弱に遺伝子組換えの野菜が使われていることを発見した。検査にあたり「WISO」は複数の都市やインターネットで、Hipp社、Demeter社、Alnatura社、Bioland社の4社の有機乳児用食品・計37製品を調査させたという。Alnatura社とBioland社の製品検査の結果は陰性であった。詳細な結果については「WISO」の司会マルティン・ロイトケが9月7日に番組の中で報告した。
Date: 2014/04/02(水)


イスラエルの教育省が、学校におけるWi-Fiを制限する政令を公布
GSMAアソシエーションの発表によると、イスラエルの教育省は、学校でのWLANの使用を制限する政令を公布したとのことである。イスラエルの教育省はこの度新たな政令を公布し、1年生の教室に無線インターネットを設置することを禁止し、1年から3年生にはWi-Fiの使用を制限する方針を定めた。この政令が施行されるのは2013年8月で、イスラエルの学校ではWi-Fi設備は設置前と設置後に安全値を遵守しているかが試験されることになり、またデスクトップ・コンピュータや電源装置を生徒たちから最低20cmの距離をとることが要請されるようになる。また教師が不必要に電磁波に曝露することを制限するため、携帯電話やWi-Fiルーターなどラジオ波を放射する装置は教育目的で使用する場合を除いて、その電源を切ることも要請される。1年生がWi-Fiが学業でWi-Fiを使用する場合、1日1時間まで、1週間3日までと制限されることになる。また1年から3年生がWi-Fiを使用する場合には、1日最大2時間まで、1週間では4日以上使用しないことが定められた。2012年イスラエル最高裁判所に学校でのWi-Fi使用禁止の嘆願書が提出されたことを受けて、裁判所はイスラエル政府に対して、ラジオ波に対する過敏症に苦しむ子供の数を調査するように命じた。
Date: 2014/04/01(火)


バウビオロギー連盟、環境有毒物質の増加に警鐘
住環境に潜む有毒物質は、急激なアレルギー患者の増加と無関係ではない。バウビオロギーの専門家たちが住居と住環境を調査した。住宅建築物の建設やその内装に明らかに有毒物質が多く使用されていることに対し、バウビオロギー連盟は批判の声を挙げた。アレルギー患者がこの10年間で20〜30%上昇したことは、脅威的である。
ドイツには、現在のところ2000万人のアレルギー患者がいる。ドイツ皮膚科医協会は、この10年間のアレルギーの上昇を20〜30%のものと推測している。ところが住宅建設や改装によって、新旧様々な人工有毒物質が使用されているのだ。パーティクルボードにホルムアルデヒド、ポリ塩化ビニルの床には可塑剤などなど、こうした衝撃的な実例は挙げればキリがない。加えてカビや、ハウスダスト、その他のアレルゲンが、住人たちの気付かぬうちに健康を長期的に傷付けていく。「我々は1日のうちの時間の約80%を室内で過ごします」とバウビオロギー連盟長ヨアヒム・ゲルテンバッハは話す。「アレルギーやその他の病の上昇は、いわばアラーム信号のようなもので、すぐにでも考え方を改めることが求められているのです」バウビオロギー連盟に加盟している約500人のバウビオロギー専門家たちは、25年にわたって、人間が直接関わる環境からの健康への影響という問題に取り組んできており、リスク因子に対して彼らが設定した指針値は国際的に認知されている。
Date: 2014/03/31(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000531
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72