ドイツで寝室に主電源スイッチを設置する理由
ドイツにおける主電源フリースイッチは主電源カプラーとも呼ばれ、生物学の構築のために頻繁に使用される効果的な機器である。睡眠場所で交流電場を大幅に削減する。フリースイッチの特別な利点は、家屋内から発せられる電界と、電気設備やプルプラグに大きな介入をする必要のない、接続されているすべてのラインとデバイスで、 削減することも、完全に排除することもできる。このようなパワーパッカーは、ヒューズボックス(ディストリビューターボックス)にインストールされ、最後の電源コンシューマーがオフになるとすぐに、メインから目的の回路が自動的に切断される。このように供給ネットワークから分離された回路はもはや存続せず、したがって電界を引き起こすこともない。消費者が再び電源を入れるとすぐに(例ベッドサイドランプ), アクティベーションスイッチはこれを認識し、供給電圧を自動的に、瞬時にオンに戻す。このシステムによる弊害は、日常生活にほとんど支障はない。場合によっては、リモコンによるアクティベーションスイッチが便利だ。これはベッドから操作され、ボタンを押すだけで–ヒューズをオフにし、すべてのラインとデバイスをオフにすることもできる。
Date: 2024/02/26(月)


ラスベガスのNAHB インターナショナル ビルダーズ ショー
ラスベガスで今年も2月27日から29日までNAHB International Builders' Show ® (IBS)が開催されます。何度か見学させていただいていますが建築・建材に関する先進的な技術も毎回展示されますので参考になることもあるかと思います。またビルダーズ ショーは住宅建設業界の中心的な催しです。 60,000 人以上の参加者が集まり他の業界の専門家と出会い、ネットワークを築き、つながるための最大の機会でもあります。また日本では3月12日から15日まで東京ビッグサイトで建築建材展も始まります。様々な住環境改善につながるヒントや素材も再発見できる可能性があります。可能な方は出かけて見られては如何でしょうか。
Date: 2024/02/19(月)


ドイツにおけるラドン問題
連邦放射線防護局は、(ドイツではおよそ10軒に1軒の住宅でラドンの問題が存在する可能性があると推定しています。これは地面から来る日常的な危険であり、特に地下室や地上階では深刻な健康問題になる可能性があります。)としています。ラドンはウランの崩壊生成物であり、さまざまな岩石中に低濃度で自然に発生します。放射性ガスは地面から上昇して建物に侵入する可能性があります。ラドンまたはその放射性崩壊生成物を吸い込むと、それらは肺組織に浸透し、濃度と持続時間によっては、がんのリスクが増加する可能性があります。ガスはどこでも入手できますが、濃度は異なります。連邦放射線防護局の地図で方向がわかります。特に高い濃度はチューリンゲン州、バイエルン州、ザクセン州で見られます。ただし、データは 2007 年のものです。放射線防護法および新しい放射線防護条例(2018 年 12 月 31 日施行)により、現在地図の改訂中です。
Date: 2024/02/12(月)


健康リスクと賠償問題
EUはPFAS汚染に関するこれらの物質の全面禁止を施行しようとしていますが、業界からの大きな抵抗があります。いずれにせよ、特に多くの製造業者がPFASなしで経済の全部門に閉鎖的影響を及ぼすと警告しているため、禁止を実施するには何年もかかるでしょう。実際、これに関連して、ORFが2023年7月に発表した研究では、「がんや肥満などの病気の治療には、年間110億〜310億ユーロの費用がかかることが明らかになりました。企業の適応コストは年間9億ユーロから27億ユーロになるだろう」と述べた。2023年9月初旬、南ドイツ新聞は「保険会社は永遠にリスクが高すぎる」という記事で、保険会社はもはや賠償請求に保険をかけず、米国のさまざまなメーカーがPFASをめぐる法的紛争を解決するためにすでに数十億ドルの損害賠償を支払っていると報じました。
Date: 2024/02/05(月)


ポリフルオロアルキル化合物(PFAS)健康リスク
欧州環境庁(2023年3月):「4,700以上の化学物質を含むパーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物(PFAS)は、時間の経過とともに人間の組織や環境に蓄積する人工の大規模な化学物質のグループです。それらは、私たちの環境や体内で非常に長い間検出されるため、「長寿命」または「残留性」化学物質として知られています。肝障害、甲状腺疾患、肥満、生殖能力の問題、がんなどの健康問題につながる可能性があります。
北ドイツ放送公共局:連邦環境庁(2023年6月6日)を引用し、「連邦環境庁の毒物学者であるマリケ・コロッサ・ゲーリング博士によると、血液中の高濃度のPFASは、臓器(甲状腺や肝臓など)の損傷、がん(精巣腫瘍など)の原因、ワクチン接種や生殖能力の効果の低下、肥満、高血圧、糖・脂質代謝障害の促進など、多くの健康に悪影響を及ぼす可能性がある」と述べています。
Date: 2024/01/29(月)


PFAS汚染
PFASの毒性については神経疾患との関連の可能性を考えると、これを解明していくためには、神経毒性作用の可能性のあるメカニズムの批判的分析が必要でこれらの論文では、(1)神経伝達物質レベルの変化、(2)シナプスカルシウム恒常性の機能不全、(3)シナプスおよびニューロンタンパク質の発現と機能の変化など、神経毒性の潜在的なメカニズムの原因を調査した研究を批判的にレビューしています。その結果、PFASへの曝露は、加齢に伴う精神疾患や神経変性疾患に関与する神経伝達、特にドーパミン系とグルタミン酸系の破壊を通じて神経毒性を引き起こすという要因が増えていることがわかりました。評価された研究では、PFAS曝露後に海馬のグルタミン酸レベルと視床下部のカテコールアミンレベルが上昇し、脳全体でドーパミンが減少することが高度に再現されていることが示されています。
Date: 2024/01/22(水)


FASの神経毒性の神経伝達標的:有害な神経学的なメカニズムと潜在的な影響
パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物(PFAS)は、環境中に遍在し、人間を含む事実上すべての生物に見られる残留性環境汚染物質のグループです。PFASは血液脳関門を通過し、脳内に蓄積します。したがって、PFASは神経毒性のリスクとなる可能性があります。ヒト、ホッキョクグマ、ラットの脳内のPFASレベルを測定した研究では、脳の一部の領域に大量のPFASが蓄積されることが実証されています。さらに、ヒトでは、PFASへの曝露が子供の注意欠陥・多動性障害(ADHD)や、高齢者のパーキンソン病やアルツハイマー病による死因の増加と関連しているという証拠があります。フルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物(PFAS)という用語は、炭素骨格上の水素原子のすべてまたは大部分がフッ素原子に置換された有機フッ素化合物のサブグループを指します。このクラスの物質の古い名前は、過フッ素化炭化水素(PFC)です。極性炭素-フッ素結合は有機化学において最も安定な結合の1つであるため、PFASは類似の炭化水素化合物よりも高い熱的および化学的安定性を示します。これまで伝えられてきたのは、主に地下水や飲料水のPFAS汚染でした。現在、ほとんどすべての製品群にPFASが含まれている可能性があり、この毒は世界中で土壌、空気、食品、さらには人間や動物の血液中にも含まれていることがわかっています。
Date: 2024/01/15(月)


ビルフォレンジックランプによるカビ検出
室内カビ調査に関しては以前からのカビ診断の確立された方法に加えて、数年前から、短波またはUV光でカビ菌を照らすことでカビ菌を可視化することが可能になりました。
室内の湿気問題やカビの蔓延は、建築生物学における最大の問題の一つであり、何百万もの世帯に影響を与え、かなりの健康リスクをもたらしています。さまざまな測定方法とサンプリング方法、およびそれらを調査し、どのような危険が存在するか、適切な改善策がどのようにあるべきかを明らかにするための分析方法があります。これらは主に次のとおりです。
培地の実験室調査(培養後、カビの培養後など)
培地を使わない顕微鏡検査
空気サンプル
サーフェス サンプル
材料サンプル
粉塵と吸引のサンプル
MVOCまたはマイコトキシンの臨床検査
目視検査
空気、表面、建築用ファブリックの湿度と温度の測定...
それにもかかわらず、まだギャップがあり、明確にするのが困難または費用のかかる問題がまだあります(たとえば、多数の実験室サンプルとそれに対応するコスト)。
以下に示すUV光などの照明下での検査などの新しい方法は、ここで新しい可能性を開き、より徹底的かつ効率的に内部を検査するのに役立ちます。この方法論の原理は、短波長の可視光線または紫外線(365nmや445nmなど)で特定の分子を照射して蛍光を発し、可視にすることです。このようにして、通常は肉眼では見えないカビの蔓延が、コンポーネント、壁、天井、床、家具などに見られます。その過程で、カビ菌が染料または色素を備えた真菌胞子をすでに形成している場所だけでなく、カビ組織全体が表示されるようになります。
Date: 2024/01/08(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
001589
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72