小冊子の中の予防手段の内容
小冊子の予防手段の内容とは。携帯電話を使う場合、電波への暴露を最小限にする選択ができること。その方法として通話時間を短くする。新しい電話機を買うときはSAR値(比吸収率)が相対的に低いものを選ぶ。子供(16歳未満)が不必要に幅広く携帯電話を使わないように指導しましょう。といった内容である。しかし体制に敷かれ何もしない口実に化学を利用してきた人にはこのような警告も読み上げることさえなかった。とアメリカを代表する疫学者が様々な視点からドキュメンタリー的に文章を起こしている。
Date: 2018/05/02(水)


英国政府が作った小冊子
以前の英国政府の携帯電話等の暴露に関してはの小冊子には国際的指針で定められたレベルに満たない電波の暴露は一般市民の健康問題を引き起こさないことを示唆しているとしながら、しかしながら、これらの指針に満たない場合でも、脳腫瘍に変化が起こり得る証拠があり、その理由は解っていません。我々の科学的知識には明らかに空白部分があるため、独立した専門グループはより多くの研究成果が得られるまで携帯電話を利用する際は予防手段を講じることを推奨しています。等の要旨を小冊子にまとめ発表している。

Date: 2018/05/01(火)


米国のある政治家の挑戦
イスラエルの研究者は10年以上にわたり携帯電話を頻繁に使っていた人々を調査した研究で頬の腫瘍が2倍に増え脳腫瘍のリスクが増加するという同じ傾向を示していた。米国の政治家である彼女はこの結果を受け公的警告を発するに十分な状態であることを認識した。彼女の考えでは健康被害がすでに起こっていることを確認するために長期的な研究結果が出るのを待つより、簡単で低コストの予防措置を取った方がずっと良いと考えている。そして携帯電話が有害としたら子供たちの方がより無防備であることが十分考えられる。そこから彼女の時勢と体制への挑戦始まった。
Date: 2018/04/30(月)


米国携帯会社の警告文
以前から米国の携帯電話会社による携帯電話の取り扱い説明書には小さな活字で、電話を身体から離してもつよう、電話機を使用sysの体から1インチ離すようにという警告文が付いています。イスラエルでさかんに携帯電話を使用している人々は、携帯電話を使わない人々と比べて、頬の腫瘍(耳下腺腫瘍)を発症することが著しく多いいという研究結果がありまたイスラエルの歯科学会委託の研究によると2003年以来この種の腫瘍は3倍に増加しその患者の4人に一人は20歳未満だったという。イスラエルは携帯電話の使用頻度は世界有数である。
Date: 2018/04/29(日)


携帯電話先進国のアメリカにおける警鐘
米国のサンフランシスコ市ではすでに2010年頃から一般の携帯電話が高周波を発することを大半の市民が全く分かっていないことを懸念し市民には2つの権利があることを議会で確認したという。一つは携帯電話が高周波を発するということを知る権利、もう一つは大半の人が捨ててしまう説明書に小さい活字で印刷された警告文を探し出さなくても、暴露量を減らす方法に関する情報が読める権利だ。日本での携帯電話にも最近必ずイヤホンが付いているが何の為についているのかをよく考えて使用しなければならない。
Date: 2018/04/28(土)


室内における電磁波
電磁波対策を一般の人が考える場合によく外部の送電線等の低周波や携帯基地局等の高周波を想定して測定により検知し対策を立てる場合が多いがまずは家庭内の電磁波が何からどのくらい出ているかを検知して対策を考えなければ根本的な対策になっていないケースが多くみられる。外部の前に室内に指針を大幅に超える電磁波が出ていないか確認しなければ問題解決にはつながらない。その家の住人が電磁波を発する機器がないと思っていても実際に測定すると様々な機器から高い数値が検知されるケースが多い。
Date: 2018/04/27(金)


赤外線センサー
テレビのリモコン等は赤外線信号によって本体機器の操作を行います。リモコンから発信された赤外線を本体の赤外線センサーで感知することにより動作します。住宅にでは現在様々な機器がリモコンで操作されるために他のリモコンで電気ストーブなどが点火されるといった誤作動も起きているとのことで信号の偶然の一致が原因と考えられています。空調機器も同じ型のものであれば一つのリモコンで他の機器も動作させることができるものが多く危険性がないのでよいが今後便利になるほどセンサーと機器の誤作動の問題は深刻になる可能性もある。
Date: 2018/04/27(金)


バイオセンサー
患者の様々な体液を様々な機械で分析することによりその患者が罹患した病気が特定できるものが開発されつつあります。実用化されているものの中には患者から採取した咽頭液をセンサーチップに付け、バイオセンサーに組み込んで光を当てると15分で感染症病原体の有無が検出できる。このセンサーチップは収取のインフルエンザ等に反応するという。現在では尿等を採取し分析することによりがん等の罹患の有無を判定するような研究も活発に行われている。
Date: 2018/04/25(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004805
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72