交流発電機と三相交流発電機
台風10号接近しつつあります。今のところあまり雨風はありませんが午後から上陸予定ですが速度がゆっくりなのでその影響が心配されるところです。交流発電機は整流子の代わりにスリップリングという部品によってコイルを回転させる。コイルの回転に合わせて電流の大きさや向きが変わる。この1秒間に回る回転数が周波数ということになる。三相交流発電機は発電所で使用される大型の発電機で、120度の間隔で3組の固定したコイルの中で磁石を回転させ、周期のずれた3つの交流、三相交流を発電する。これにより電圧、電流、周波数の等しい3つの交流を同時に取り出すことができる。
Date: 2019/08/15(木)


エジソンの直流発電機
電気の供給に関して当初、エジソンは直流で供給することを押していた。発電機の仕組みは回転エネルギーを電気エネルギーに変えることであるがその構造の基本はモーターと同じである。磁界の中でコイルを勢いよく回転させると電磁誘導の法則によりコイルに電流が流れる。このとき電流の向きを切り替える整流子の仕掛けでコイルが180度回転しても一定方向に電流が流れるようにしたのが直流発電機である。起電力が一定でないので脈流となる。
Date: 2019/08/14(水)


電離層による電波の反射
オゾン層が存在する対流圏の上部である成層圏からさらに上部の中間圏(高度50Km〜80Km)の上部の500Km迄を電離層といい電離層では大気成分が太陽や宇宙からの高エネルギー粒子と衝突して、光電離して自由電子やイオンを形成している。この電離層は下からD層、E層、F1,F2層があるが、その高度や荷電密度は時間や季節によって変わる。E層では地上からの長波、中波を反射させF層では短波を反射させる。これにより遠距離通信が可能となっている。ちなみにマイクロ波やミリ波は電離層を突き抜けてしまうので衛星による衛星放送、衛星通信として近距離通信に採用されている。
Date: 2019/08/13(火)


周波数区分周波数の高い電波
極超短波(UHF)は300MHz〜3,000MHzの周波数帯で周波数が高くなる程、情報量を多く届けることができます。小型のアンテナと送受信機で移動体通信に最も多く使用され携帯電話や地上デジタルテレビ放送、電子レンジ(2.45GHz)等が代表的である。マイクロ波(SHF)は1GHz〜30GHzの周波数帯で直進性が強く伝送できる情報量が多く光に似た性質がありパラボラアンテナを使用してレーダーに使われている。電離層を突き抜け、雨や霧にも吸収されにくいので衛星放送、衛星通信で使用されている。ミリ波(EHF)は光の性質に近く強い直進性があるが降雨の時には遠くへは伝わらない。至近距離通信や電波望遠鏡、ミリ波レーダー、自動車追突防止レーダーにも使われている。
Date: 2019/08/12(月)


電波の区分
超長波は周波数が3KHz〜30KHzの電波で地表に沿って伝わり水中でも数十メートルまで届くので無線航行用の電波と潜水艦の通信に使われている波長が長く巨大な設備が必要なのでそのほかの用途ではほとんど使われていない。長波は30KHz〜300KHzの電波で非常に遠方まで伝わり昔は無線電信用に使われていたが現在では電波時計や船舶のビーコン電波として使われている。中波は300KHZ〜3000KHzの電波で上空100Kmの電離層で反射するが地球の裏側までは伝わりづらいので主にAMラジオでつかわれている。短波は3MHz〜30MHz帯の電波でやはり200〜400Kmに存在する電離層で反射され地表との反射を繰り返し地球の裏まで届く。各国の国際放送や船舶通信、航空通信、アマチュア無線等に使用されている。超短波は30MHz〜300MHzの周波数帯で直進性が高く電離層での反射は弱いので比較的近距離通信に使用されタクシー無線や航空管制通信に使用されている。明日はさらに周波数が高い電波についてです。
Date: 2019/08/11(日)


電波の干渉
無線でパソコンを使用している方は部屋にアクセスポイント等の機器を置いている場合もありますが複数のパソコンを使う場合、電波の干渉で通信が困難なことがある。光と同様電波も金属によって反射されるので室内の壁や天井部分に金属板のようなものがあるとその金属板に何度も反射され、部屋の中に電波の強い場所と弱い場所ができる。外部の電波は窓から入り内部の様々な反射素材から反射して室内は音がこだましている状態が続くことになる。
Date: 2019/08/10(土)


電波と相似
宇宙にはブラックホールや銀河系の渦巻き状で図示される形状のものが多い。地球上では台風や貝類等にも渦巻き状の形状をしたものが多くあるが線状のアンテナや発信機から発せられる電波も渦巻き状に電界・磁界が表される。電波は直線的に発せられるのではなく円形状に全体に広がっていくというイメージをもって対策しなければならない。太陽の周りをまわる地球や惑星と同様に原子は陽子や中性子の原子核の周りをまわる電子が表わす様態は相似である。様々な状態を推理するときこれらの基本を理解しておくと総ての解決への道筋が見えてくることになる。
Date: 2019/08/09(金)


イヤシロ地
イヤシロ地とは地表面は還元電圧を示し電流方向は総て上(地表)から下に向かい電流値は多く植物育成は極めて良好である。また標準値とは地表面に還元電圧と酸化電圧の小区画が混在している区画である。電流方向も上から下への区であるが電流値は小さい地域である。地球そのものが磁石で、北極(N極)と南極(S極)の間に磁場があり、それが生き物の様々な生理現象と深く関係している。また同じように大地には電気が流れていて(地電流)、大地電位の高い場所は生物活性を高めるのである。電位、磁場のよい土地では人間も健康になることができるだけでなく、家も長もちする。
Date: 2019/08/08(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000495
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72