室内空間のラドン対策
室内空気のラドン濃縮量は十分な換気により減少させることが可能です。また考えられる限りにおいて、屋内へのラドン侵入経路を絶つことも重要です。コンクリート建築で換気を止めると室内に放射性物質のラドンがこもるので被曝量が逆に増加するとも割れますが。資料をもとに考察してみます。地下室において天然放射性物質ラドンの影響が大きいとの心配の声も聞かれます。 人体に与える影響として、血中の中性脂肪やコレステロールの代謝を促すなどのプラス面もあることは、ラドン温泉等の効能からも想像される。一方で発ガン性が多少なりともあるのではないかという疑問は、ラドンが欧米においても自然放射能負荷の原因にもなっているため否定はできない。とはいっても発ガン性に対して神経質になってみれば、化学系床材(塩ビ系)や防虫処理、接着剤(フォルムアルデヒド等)、ポリ塩ビ系壁仕上げから検出される室内汚染の影響、ダイオキシンやフロンの発生等々と比較してみれば、自然界から受ける自然放射性物質というのは人体にとって微々たるものと考えられます。 空気滞留が他の階に比べ大きい地下居室に大切なことは、室内換気と壁の遮蔽性への配慮であることは間違いありません。

Date: 2017/03/30(木)


地盤、基礎、コンクリート等から発生する物質ラドン
ラドンは自然界に存在する物質で、大地やコンクリートの壁から湧きだしてくる気体です。ラドンは、3,8日の半減期を伴う自然発生の放射性希ガスで、226ラジウムの分解によって発生します。岩盤中にはウラン(U238)が含まれています。これが崩壊するとラジウム(Ra226)となり、さらに崩壊するとラドン(Rn222)になります。また建物のコンクリート内にも微量のラジウムが含まれているため、ここからラドンが発生します。ラドンはα粒子を発するため呼吸により肺で内部被曝を生じます。アメリカでは毎年2万人前後がラドンによる肺がんで死亡しているとされ、アメリカ環境保護庁(EPA)による防護キャンペーンが行われています。建材もしくは建築用地の放射性核種の分解により、ラドンは室内空気中に達し、そこで増幅します。ラドン対策として最も重要なのは換気で、部屋の空気を外気と入れ替えることで室内に篭るラドンを追い出します。統計によると、ラドンはその間にタバコに続く、肺がんの2番目に高い要因へとなっていきます。
Date: 2017/03/29(水)


室内空気質に影響する化学物質の発生源
今まで シックハウス症候群や化学物質過敏症を発症させる原因となる物質等を挙げてきましたが室内空気質に影響する化学物質の発生源について考えていきます。建築物からの発生源と化学物質についてです。まず建物の基礎や構造部分の材料、内装材、設備機器、配管、配線材料、塗料、接着剤等の人工的な建材、あるいは自然素材からも化学物質が室内に放散し影響を及ぼすこともあります。建物を形成する多くの素材に化学物質が含有されていることが考えられます。自然の清浄循環メカニズムと人の体も似ていますがどれだけの化学物質を受け入れ排泄することができるかによって人の障害の発症の限界値が変わってきます。今後は具体的に発生源、発生する化学物質、人の免疫システム、循環システムについて考えていきます。
Date: 2017/03/28(火)


複合被爆例;タバコ
タバコは粉塵(大部分は肺胞に付着する1μm以下の粒径範囲内)や気体をはじめとする2,000種以上の汚染物質を発生させる一般室内環境における最悪の汚染源といわれています。ですから実験で一酸化炭素やホルムアルデヒド等々を検出したいときにはたばこの煙を採取します。家庭内においても問題視される受動喫煙ですが、労働環境における受動喫煙問題は、自発的な喫煙とアスベストやウラニュウムなどの発がん性物質との相乗作用が知られていることを考えると、事態はさらに深刻となります。ほかに開放型燃焼器具の排気ガス汚染等があります。以上の室内空気の汚染因子が単独、または複合して、シックハウス症候群や化学物質過敏症を発症させる原因となります。

Date: 2017/03/27(月)


アスベスト
アスベストは、天然に産する鉱物繊維のことで、蛇紋岩系のクリソタイルと角閃石系のアモサイトなどがあります。耐熱性、耐薬品性、絶縁性等の諸特性に優れているため、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等 3,000種を超える利用形態があるといわれています。しかしながら、主に欧米でアスベストの健康に対する危険性が指摘されて以来、わが国では、まず、労働環境の問題として、そして昭和の終わりから平成にかけて、一般環境汚染による一般住民の健康問題として顕在化しました。 その後、製造、使用等が禁止されました。

Date: 2017/03/26(日)


微生物
花粉、真菌、植物胞子、ウィルスなどは浮遊粉塵に含まれる。一般に室内の微生物濃度は、屋外の濃度とは無関係で、居住条件や室内での活動により密接に関連しています。クーラーや低温の霧を発生させるタイプの加湿機は、感染症の微生物を濃縮した後エアゾルとして発生させる装置となることが確認されています。室内空調機は定期的な殺菌清掃をお勧めします。
Date: 2017/03/25(土)


アレルギー反応の起こるメカニズムの概略
動物には、その体内に異物(抗原という、病原菌、寄生虫、ウィルスなどの異種のタンパク質)が侵入した時、それと結び付く物質(抗体)ができる反応(抗原抗体反応)が起こり、細胞に対し抗原侵入の信号を出し、それを受けた細胞は、侵入した抗原を攻撃したり中和しようとする作用、すなわち免疫作用が備わっています。そのような抗体の1つにIgEという抗体があります。これは本来寄生虫の侵入に際し作られる抗体で、寄生虫を攻撃すべくヒスタミンと呼ばれる物質を出しますが、このヒスタミンは、寄生虫攻撃に適する反面、血管を拡張したり、内臓の平滑筋を収縮させるという副作用を持っています。アレルギー体質の人は、この抗体を非常に作りやすい体質となっており、寄生虫以外の抗体が侵入してもすぐにこれが作られ、結果的に肥満細胞からヒスタミンが放出されることになり、血管が充血したり、平滑筋が収縮してくしゃみが起こったりするなどの反応(アレルギー反応)が起こることになります。なお、アレルギー体質者は、通常全てのアレルゲンに反応するのではなく、1つあるいは多くとも数種の特定のアレルゲンに対しのみ反応します。以上のように、アレルゲンは、他の汚染物質とは異なり、特定の人のみ特定の物質が関与すという性質のものです.。ダニ抗原が室内のゴミ1g中に10μg以上になるとアレルギー患者の急性の喘息が起こりやすくなると述べられています。
Date: 2017/03/24(金)


アレルゲン
アレルゲンとは、正常人にはまったく無害ではあるが、それに対し過敏な感受性を有する人(アレルギー体質者)が、吸入、摂取、接触などによりそれを細胞内にとりこむと、喘息、くしゃみ、咳、目・鼻・皮膚などの充血、かゆみ、痛み、炎症などの極めて顕著な反応(アレルギー反応)を起こさせる物質の総称です。具体的なアレルゲンとしては、ダニの虫体及びその排泄物、カビ、動物の毛、ソバガラ、花粉、卵等の食品などに含まれるタンパク質があげられます。
Date: 2017/03/23(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000598
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72