低周波騒音苦情事例発生源と感覚的・心理被害
低周波騒音苦情事例発生源と感覚的・心理被害に関してはコンビニエンスストアの冷蔵庫等による感覚的・心理的被害、圧迫感 、バイパス高架部の大型車走行 による物的被害 建具のがたつき、砕石場の振動ふるいによる物的被害、料亭の高圧トランスによる感覚的・心理的被害、特に夜間、ヘリコプターによる 物的・感覚的・心理的被害 騒音苦情と建具のがたつき、染色工場のスクリーン捺染機による物的・感覚的・心理的被害 建具の揺れ、圧迫感、空調機用送風機による 感覚的・心理的被害 夏季は24 時間運転、低周波数の騒音、変電所の変圧器による 感覚的・心理的被害、病院のクーリングタワー による感覚的・心理的被害、木材製造工場の風力選別機による物的被害 建具の揺れ、金属加工工場のバレル(研磨機)感覚的・心理的被害、原料倉庫軸流ファン・搬入用トラックエンジン音による感覚的・心理的被害、焼肉店の排気ダクトによる感覚的・心理的被害、新幹線トンネル出口の物的・感覚的・心理的被害 衝撃音、振動、隣接する作業場の工業用ミシンによる 感覚的・心理的被害 、家具製造工場の集塵機による 感覚的・心理的被害、食品加工工場のコンプレッサによる 物的・感覚的・心理的被害 、大規模小売店鋪の空調機による感覚的・心理的被害、豆腐製造工場のボイラーによる 感覚的・心理的被害・早朝の睡眠妨害、繊維工場の排風機による 感覚的・心理的被害、市清掃工場の稼動音他による感覚的・心理的被害・睡眠妨害、低い音、24時間稼動民家の泉水ポンプによる 感覚的・心理的被害、環境整備工場の誘引送風機による 感覚的・心理的被害、製紙工場の水蒸気排気ファンによる 物的・感覚的・心理的被害、 鋳物工場のバイブロドラムによる 物的被害、玩具工場の振動バレル研摩機による 感覚的・心理的被害、 睡眠妨害などの事例が発生しています。
Date: 2013/02/09(土)


低周波音苦情の分類
低周波音の苦情は人体に関する苦情(心理的苦情、生理的苦情等)と建具等に対する苦情(物的苦情)に大きく分けられる。それぞれの苦情内容はつぎのようなものである。心理的影響( 気分のいらいら、胸や腹の圧迫感)、生理的影響( 頭痛、耳なり、吐き気)、睡眠影響、物的影響( 家具、建具)、(戸、障子、窓ガラス等)の振動、置物の移動です。超低周波音の心理的・生理的影響の評価特性として、ISO-7196 でG特性が規定されています。ISO-7196 では、G特性音圧レベルで平均の人では約 100dB を超えると超低周波音を感じ、G特性音圧レベルで 120dB を超えると強く感じると記されています。低周波音による睡眠への影響について低周波音の音圧レベルと周波数を変化させた場合の睡眠深度別の覚醒の割合を示したデータによると、浅い眠りの場合 10Hzで 100dB、20Hz で 95dB あたりから影響が現れ始めるという結果が得られています。10Hz;100dB および 20Hz;95dB はG特性音圧レベルに換算すると各々100dB、104dB になり、G特性音圧レベルで 100dB あたりから睡眠影響が現われはじめることになります。
Date: 2013/02/08(金)


風による影響
風による影響については、若干の順風(発生源から測定点の方へ風が吹く)条件で音が伝わりやすく、気温についても中立(高さによらず温度が一定)か、若干の逆転(地表より上空の温度が高い)の条件で音が伝わりやすい。そのため朝晩や夜間、日中でも曇天の場合にしばしば大きな音が観測される。例えば飛行場周辺では季節や時間帯によって逆噴射の音(リバース音)が聞こえたり聞こえなかったりすることがあります。
 したがって、低周波音の測定時の条件として,天気などとともに測定点近傍での温度などの気象条件、測定点周辺の地形や建物の配置などをできるだけ明確に記録しておくのが望いといえます。。

Date: 2013/02/07(木)


 騒音測定時の気象条件等による影響
 音が屋外を伝搬する際には、地形や建物の配置などによる遮蔽・反射・回折、地表面による吸収や気象の影響を受けます。特に発生源から数 km 以上離れた地点までの、低周波音の伝搬を測定する場合には、気温と風向風速の勾配の影響が大きい。発生源から距離が離れた場所では、風向きや風速の違いで 20〜30dB も音圧レベルが異なる場合があります。
Date: 2013/02/06(火)


低周波音国際的動向の概要
国際規格ISO7196として,20Hz以下の超低周波音の荷重特性であるG特性が決められています。G特性は 20Hz 以下の周波数における最小感覚閾値曲線に基づいて決められており、人間が知覚することによる苦情に対応しています。評価として何dB以下にするかは決められていない。最小感覚閾値のレベルをG特性音圧レベルに換算すると 90-100dB の範囲とされています。スウェーデン,デンマークの低周波音研究者は,個人差を考慮して安全側にとりG特性で 85dB 以下が妥当と考えています。 規制基準として国際的に確定したものはなく、いくつかの国で推奨基準等が決められています。規制基準については,産業職場内についてポーランド1国だけが決められており、50Hz 以下の低周波音について,管理・設計等のための良好な環境を保つべき部屋では,4-16Hz で 85dB 以下,31.5Hz で 80dB 以下と決められています。なお、この基準については、見直しの提案がなされているとのこと。
Date: 2013/02/05(月)


低周波音規制に関するポーランドのガイドライン
ポーランドのガイドラインでは、低周波音の知覚は聴覚と振動覚によりなされるとした上で、振動による知覚は聴覚より高い音圧が必要としている。低周波音による健康影響としてはアノイアンス(いらいら感)をまず挙げており、このアノイアンスは知覚されることにより生ずるため、聴覚閾値より高い音圧が必要としている。また、体幹、胸部、咽頭などへの共鳴作用による呼吸器障害などは、ずっと高い音圧によって生ずるとしている。
低周波音による生理的機能の低下については網様体賦活系と視床下部の関与があるとしているが、この影響は聴覚閾値以上のレベルで生ずるということが、聾の被験者を用いた実験により確かめられている。また、低周波音の知覚には聴覚よりも前庭部が重要であり、さらに中枢神経系を通して自律神経系への影響が生じる可能性があるというロシアの研究も引用している。
Date: 2013/02/04(月)


低周波音とは、低周波音の周波数範囲
改めて低周波音について確認しておきます。 人が聞き取れる音の周波数範囲は概ね20〜20,000Hzとされています。ISO-7196 1では、「周波数スペクトルが主に 1〜20Hz の範囲にある音」を超低周波音(Infrasound) としています。平成 12 年に環境省(当時環境庁)より公表された「低周波音の測定方法に関するマニュアル」では、主な低周波音発生源の周波数特性や、我が国における低周波音苦情の現状等を考慮して、1/3 オクターブバンド中心周波数で 1〜80Hz の範囲を低周波音、このうち特に 1〜20Hz の範囲を超低周波音と定義しています。
Date: 2013/02/03(日)


身の周りの電磁波低減のための問題点
身の周りにはたくさんの電化製品があります。電磁波過敏症で測定、相談依頼を受けていくとケーブルや電気製品が床じゅうに並べられベッドの周りにはコンセントや蛍光灯その他にも多くの電気製品、その上で生活されています。測定器で測定すると当然身の周り、接するところ大量の電磁波が計測されます。家庭でもこのような状態です。職場ではなおさら仕事のための多くの機器が強力な電磁波を発しています。家庭でも職場でも半径2m以上の電磁波をできるだけ低減すること、特に寝室では外部の高周波や低周波、内部の極低周波電磁波をできるだけシールドして電磁波負荷を少なくなることが自分自身の一生の健康をコントロールすることに繋がるのです。
Date: 2013/02/028(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000637
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72