室内における電磁波
高周波電磁波で問題となるのはビルや鉄塔に設置している携帯基地局だが室内を測定すると室内や隣家・隣室の機器から発せられる電波が意外に多いことに気が付く。日本で利用されている無線LAN規格は、2.4GHz帯と5GHz帯のどちらか(あるいは両方)を使い通信を行っている。その他にも様々な機器から電磁波が発せられていてかなり高い数値が検出される。携帯電話やpcに対応した現在販売されているAnインターネットへ接続するこれらの機器は電子レンジ以上の周波数を発している。2.4GHz帯は壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい傾向があり、屋内だけでなく屋外でも利用できる。家電やゲーム機器など幅広い製品にも採用されている。5GHz帯は基本的に無線LAN機器以外では利用されていない。最新規格の802.11acは最高6.9ギガビット毎秒と高速だ。ただし、屋外での利用は法律上認められていないため屋内利用のみとなる。現在販売されている「Wi-Fiルータ」などの無線LAN製品は、複数の規格を扱えるものがほとんどで。そのうえ2.4GHz帯と5GHz帯を独立したアクセスポイントとして同時運用できる製品が多く、スマートフォンでどちらかを使うか選択できる。建物の構造や材質、周囲の環境によって各部屋の測定値異はなる。今後これにスマートメーターや各種の機器からさらに多くの電波が室内を飛び交うことになる。
Date: 2018/03/26(月)


様々な電波が飛び交う理由
ラジオ局やテレビ局が電波を発信する際、他の放送局と電波が干渉しないよう、放送局ごとに決められた周波数の電波を使う。これを搬送波という。各放送局は搬送波に音声や映像の信号(=信号波)を織り交ぜて電波を発信している。搬送波に信号波を織り交ぜることを電波の変調といい、 搬送波の振幅を変調させる振幅変調と、 搬送波の周波数を変調させる周波数変調とがある。AMラジオ放送には振幅変調(AM)、FMラジオ放送には周波数変調(FM)が使われている。テレビ局にもそれぞれの周波数が割り当てられ携帯電波にもそれぞれ会社ごとに周波数が割り当てられ画像等の伝送容量が増すたびに周波数が上がってくる。今様々な電波が町中に飛び交い住宅内でも今後益々電波が飛び交うようになる。それが人体に良いかどうか真剣に考えるかどうかはあなた次第だ。
Date: 2018/03/25(日)


電磁波を感じる
我々が日常、家庭の設備や電気製品で使用している電磁波は1秒間に50回から60回断続的に発生する電流の流れということになり導電体を通して家庭に送り込まれてくる。ここでこのケーブルの周りに発生するのが磁界と電界でこれが各々のパワー、ポテンシャルとして派生する。電界では体感としてビリビリ感として感じることができる。磁界は鉄などを引き付ける力、これを人が意識して体感することはあまりないが強い変動磁界に曝されると頭が痛くなる等の感覚に見舞われてことがある。さらに長波からサブミリ波までを電波ということになるがこれも頭痛などで感じることがある。光の領域では可視光線の領域で目にすることができる。携帯電話は数10cmの波長の電磁波を送受信するものだが、人間の目はそれの100万分の1くらい(7.8〜3.8×10-7m)の波長の電磁波を感知し、波長が7.0×10-7mくらいの電磁波を人間は「赤」と感じ、波長が4.5×10-7mくらいの電磁波を人間は「青」と感じる。人間は目で感知した電磁波を脳で処理して風景として認識する。可視光線はその波長の長さによってさらに細分化され、波長が長い方から順に、赤→橙→黄→緑→青→藍→紫、となる。
Date: 2018/03/24(土)


水の中の電磁波の速さ
電磁波は、電場と磁場を変化させながら進んでいく波ということになりますが、その速さは、真空中では 30万km/s で、真空中での速さを水の絶対屈折率 約1.333 で割ると水中では23万km/s ということになる。これは1秒間に地球を6周弱するというスピードと計算できるが実際には水に含まれる成分にもよる。空気中も実際にはその成分による抵抗値があるのでそのスピードは机上の計算通りとはいかないもののそのスピードは地球感覚では一瞬である。電磁波が影響を及ぼす範囲はまた別問題となる各周波数によってもその環境や状況によっても電界、磁界、または電界・磁界の影響力が変わってくるそれぞれの状況をどの指針で捉えるかによって測定器もその対策も選択するということになる。厳しい指針を選ぶか否かで自己防衛力が全く変わってくる。
Date: 2018/03/23(金)


副交感神経
副交感神経を活性化する根本的な治療として応用したものが岩盤浴や遠赤効果ミストサウナ等の低温サウナである。身体が温かくなるということで副交感神経が優位になり身体全体がリラックスする、新陳代謝が良くなり毒性物質を体外に出し天然で上質なミネラル分を含んだ還元力の高いより良い水分を取り入れるようにするなど実質的に体感できるものもある。気は心からというが心が安定すると副交感神経が活発になり免疫力が上がるということが考えられる。瞑想することも精神的なストレス解消につながる。また何かを信じることにより精神的に安定して病気が快方に向かうケースもある。電磁波や騒音など物理的なものあるいは化学物質に関しては体の細胞レベルでの物理的・化学的な反応が生理的に起きている状態なので負荷がかかった状態が蓄積されていくことによりより障害が大きくなる可能性もある。したがって根本的に治療するためにはできる限りその原因となる汚染物質を体外に出す、負荷を下げるなどの直接的な治療法が必要となる。
Date: 2018/03/22(木)


静電気の電圧
冬は特にセーターなど着ていると自動車のノブでビリツ、家に帰ってドアのノブでパチツと静電気に悩まされる人が多い。さてこの静電気の電圧は一体どのくらいあるのだろうか。家庭のコンセントの電圧が100Vだからそれ以下かと考えるのが通常であろうがこのとき体に蓄えられている静電気は、数千Vの電圧になる。ただ静電気の電流は非常に小さいので感電してやけどをすることはない。しかしドイツでは部屋の静電気に曝された少女がほとんど睡眠がとれないといった症例も出ている。
Date: 2018/03/21(水)


火は電磁波?
ライターやマッチやろうそくの火は電磁波かということが疑問に思う人も多いのではないでしょうか。総ての物質は原子でできており原子は原子核の陽子・中性子と電子から成り立っておりこれが熱せられると原子が激しく振動し電荷も振動することになりそこで起きる電子の振動が電磁波を発生させる。つまり物体の温度が高くなると電子が激しく振動して周波数が高くなり波長が短くなり一定の温度以上になると発生する電磁波は可視光の波長になって光として見えるようになるということである。

Date: 2018/03/20(火)


心の病
昨日、今日と相撲界の暴力事件がトピックスとなっているが日本の伝統的な神技といえども相撲も格闘技の一種である。根本的に格闘技をしているものは試合や弱い人を助けるため、自衛のため以外には暴力は禁止である。言葉の暴力というのもあるが相手が良くなるための注意であれば大いにするべきである。叱咤激励も自分がコントロールしながらであれば大いにエクサイトしてもいいがこれも相手による。東京では今週また寒暖の温度差が10℃以上になるという。室内空気の上下の温度差が5℃以上なると不快となる。またくるぶしセンサーが体の温度を調整しようと呼吸器系等等に指令をだすなど体に変化を及ぼす。物理的な外的環境の変化には体が反応する。心が病んでいるとまた体に影響を及ぼす。人の心は自分自身で文字と言葉を出す、心を込めて出す、言い聞かせることでコントロールすることができる。自分を理想の人間にしようと思うならば自分自身がその理想が実現できたことを信じ込むことである。物理的な環境を整えながら気持ちを元気にしていくと健康な状態へと向かっていくことができる。多くの先人が立証しているこの事実を実践して自分自身を導いていこう。
Date: 2018/03/19(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
004914
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72