バイオガス発電
家畜糞尿や生ごみ、下水汚泥などの有機性廃棄物をメタン発酵し、発生したバイオガスを発電に利用する仕組みで実際に北海道では生ごみのバイオガス化施設が稼働しており、生ごみの高温発酵処理によって取り出されたバイオガスは、巨大なガスホルダーに貯蔵されています。様々な発電方式がありますが明日の未来へ向けての発電方式のようにもっと多くの宇宙エネルギーを活用したものも出てくると思います。それも小さく簡単な方式になると考えられます。
Date: 2016/03/29(火)


木質バイオマス発電
間伐材や林地残材、建設廃材などを直接もやしてタービンを回し、発電する仕組みで燃料の形態には、端材などを機械で細かくカットしたチップや木屑、おが屑などを粉砕し圧縮し成型した固形燃料のペレットなどが利用されています。木質バイオマス発電は、パルプ工場や製材所、木質資源の豊富な地域で推進されています。
Date: 2016/03/28(月)


木質バイオマス発電
間伐材や林地残材、建設廃材などを直接燃やしてタービンを回し、発電する仕組みで燃料の形態には、端材などを機械で細かくカットしたチップや木屑、おが屑などを粉砕し圧縮し成型した固形燃料のペレットなどが利用されています。木質バイオマス発電は、パルプ工場や製材所、木質資源の豊富な地域で推進されています。
Date: 2016/03/27(日)


振動力発電
最新の発電方式の一つに、歩行時や自動車の走行時に起こる振動を電気エネルギーに変換する振動力発電があります。圧力が加わると電気を発生する圧電素子を利用し、圧電素子を敷き詰めた「発電床」を大勢が通行する通路に設置することで発電が可能となります。JR東京駅の自動改札では実証実験が行われており、イベントの装飾などではすでに実用化されています。
Date: 2016/03/26(土)


海の力を利用した発電
海洋エネルギーを利用した様々な発電方式があります。波力発電は波の上下運動を利用して空気の流れをつくりタービンを回す仕組みで日本でも航路標識用ブイの電源として使われています。海洋温度差発電は海面近くの温かい海水と深海の冷たい海水の温度差を利用しています。アンモニアなど沸点の低い物質を温海水の熱で蒸発させて、その蒸気でタービンを回し、令海水によって再び液体に戻す仕組みです。太平洋の離島などで注目されている発電方式です。潮汐発電は水力発電の要領で、満潮、干潮時の海水の動きを利用します。フランスのランスの潮汐発電所が有名とのことです。
Date: 2016/03/25(金)


地熱発電の方式
蒸気井から取り出された蒸気及び熱水の混合流体は、気水分離機で蒸気と熱水に分離され、蒸気はタービンを駆動させます。一方、熱水はフラッシャーで蒸発させ、その蒸気も発電に利用します。このように、熱の有効利用を図る地熱発電システムをダブルフラッシュ方式といいます。地熱発電は化石燃料を使用することもなくCO₂排出の抑制効果も高く半永久的に安定して利用できるが適地調査には多額の費用と時間を必要といわれこれらの問題点を克服する必要があります。地熱発電の開発は世界的にも利用価値の高い発電方式として期待が寄せられています。以前国が調査を行った有望地域にも、民間の企業の注目が集まっています。現在稼働中の地熱発電所は、東北と九州を中心に全国で18か所程度で、出力合計は約54万KW(国内総発電設備の約0.3%)にとどまっているということですが少なくとも4〜5倍のポテンシャルがあるとことです。
Date: 2016/03/24(木)


地熱発電の仕組みと特徴
地球内部の熱エネルギーを利用する地熱発電は世界有数の火山国である日本では、その地質特徴を生かした発電方式として地熱発電の推進に期待がかかっています。火山付近には、地下数Km〜20Kmの深さに約1000℃のマグマだまりがあります。地表から浸透した雨水等は、マグマだまりの熱によって加熱され、高温高圧(200℃以上)の蒸気や熱水となって大量に蓄積されています。これを地熱貯留層といいます。地熱発電は、この地熱貯留層まで井戸(蒸気井)を掘り、そこから噴出する蒸気で直接タービンを回す仕組みで地球がボイラーの役割を果たしています。

Date: 2016/03/23(水)


風力発電の仕組みと特徴
風力発電の導入は世界的にも進んでおり各国であの大きな風車を見ることができます。日本でも海岸に近いところの各地で見ることができます。さらに最近では小型化や羽の多様化が進み扇風機の風でも急速回転するものも開発されています。風力発電は風の力で風車を回し、その回転運動で発電機を駆動させる発電方式で、風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換します。風車には様々な種類があります。発電用としては、大型化が可能で出力も大きい3枚翼のプロペラが主流で、一般的に、風速3〜25m/sで発電し、発電出力は風速の3乗に比例(風力が2倍になると、出力は8倍になる)し風向きや風速の変動に対応できるよう調整されています。また台風などの強風による制止、制動のための安全システムも備えています。常にある程度の風力(平均風速6〜10m/s)があること、風の乱流が少ないこと、景観破壊や騒音問題を起こさないことなど立地の制約も多くなります。特に風力発電による超低周波音に関しては近隣住民に精神面などから大きな健康障害をもたらす可能性があることが最大の問題点です。当然ながら風力は常に一定でないため、発電量も安定しないという欠点もあります。太陽光発電も夜には発電しないことを考えると電気の蓄積、蓄電池の性能が大変重要となってきます。
Date: 2016/03/22(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000058
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72