現代病アレルギー
昔にはアレルギーという症状の人が大勢いたという話を聞いたことがありませんが現代ではすでに20年以上も前に乳幼児のアトピー性皮膚炎が40%を超えたと日本の厚生省の研究班が発表しています。このようなアレルギーにはいくつもの要因が考えられます。室内の空気中の合成化学物質や、カビ、ダニの死骸、等のダスト、花粉やほかにも様々な要因があります。食物や水にも様々なものが含まれたり添加されたりしています。果たしてこれらの要因から私達がどのように自己防衛していけるのかできるのかを考えていきたいと思います。防衛するにはまず敵が何か同様なものかを知ることから始めたいと思います。

Date: 2016/08/23(火)


電磁界に関する公的規制
国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)による電磁界の電界に関してガイドラインとして、公衆の暴露を4.2kV/m以下(60Hzの場合)とすることを示しています。日本では電気設備に関する技術基準を定める省令により、特別高圧架空電線路は地表上における電界強度が3kV/m以下になるように定められています。ドイツのバウビオロギー研究所のでは1V/m以下としていますので実に3,000倍の数値ということになります。磁界に関してはICNIRPがガイドラインとして、公衆の暴露を0.83ガウス以下(60Hzの場合)としています。電力会社は、送電線から発生する地表1mにおける磁界は最大で0.2ガウスと公表しています。アメリカなどでは送電線の近くで2mガウス以上あれば学校や幼稚園などの施設は建ててはならないとの指針がありバウビオロギーの指針では0.2mガウス(20nT)以下、〜2mガウスで少し影響ありとしていますので1,000倍から4,150倍ということになります。ドイツでは以前よりこの指針が下がってこの値ということですから研究すればするほど人工的な電磁波が人体に及ぼすストレスが大きいという結果になったものと考えられます。

Date: 2016/08/22(月)


交流電磁波と人体
電力会社から家庭の送られる50Hzから60Hzの低周波交流電磁波のような時間変化する電界や磁界が人体に働くと、、誘導作用によって体内に電流が流れますが、この程度の周波数でできる電界や磁界の強さは距離が少し離れるだけで急激に小さくなります。送電線は3相の電線がお互いの電界・磁界を打ち消すように作用します。したがって送電線の下も測定によらなければ危険な状態であるか判断ができません。周波数が1万Hzから3,000億Hzと高くなると電界と磁界が連鎖し電波として伝わっていきます。
Date: 2016/08/21(日)


死にボルト
感電により高電圧の場合死に至るケースもあります。感電は、体内に電流が流れて起こるのですが電流が1mAぐらいでは刺激として感じる程度ですが約10mAでは手足のけいれんを起こし自力ではこの状態から逃れることができなくなります。100mAを超えると、心臓の心室細動が起き、心臓が血液を送り出せなくなって危険な状態になります。100Vの電圧がかかると倍の200mAの電流が流れ十分危険な状態です。このように感電の程度は体内に流れる電流の大きさで決まりますが、触って危険な電圧は42V程度とされ、「死にボルト」と呼ばれています。
Date: 2016/08/20(土)


漏電ブレーカーが作動し停電になった場合の対処法
漏電ブレーカーが作動し停電になった場合にはいったん安全ブレーカーを総て切ってください。その後漏電ブレーカーを入れます。その後、安全ブレーカーを1つずつ入れてください。再び漏電遮断器が働いたら、その回路が漏電しているという手順で、漏電している回路を見つけることができます。湿気の多い場所や温度の変化により結露が発生しやすい場所では漏電しやすくなることがあります。冷蔵庫や洗濯機など水がたまりやすいところ、店舗などでは掃除のときにコンセントなどに水をかけ漏電することもあります。。
Date: 2016/08/19(金)


漏電に対する対処
電線に傷がついたり電気器具に不具合が生じたり内部結露により電気が器具のケースやアースへ流れる漏電が発生します。漏電は火災や感電といった危険性があります。電気器具にアースがついているものは必ずアースをすること、アースをしておくと漏電が発生しても漏電ブレーカーが自動的に電気を切り火災や漏電を未然に防止してくれます。理想なのは最初からアース付きの3相ケーブルにしておくことで人体の電界よりの影響を極力抑えることができます。
Date: 2016/08/18(木)


電子のスピード
電線に電流が流れているとき電子はどのくらいのスピードで流れているのしょうか。電子の流れるスピードは非常に遅く1m屬瞭疾に1Aの電流が流れているとき、電子の流れる速さは約0.1mm/秒です。これは10秒で1mm、1分で6mm進むということになります。この計算で行くと乾電池に豆電球をつないでもすぐ点灯しないということになります。豆電球がすぐに点灯するのは電線の導体全体に分布している電子がほぼ一斉に動き出すためにすぐに豆電球が点灯するのです。
Date: 2016/08/17(水)


電気で生じるトラブル
家庭で最も多い電気に関するトラブルは使用過多による分電盤や安全ブレーカーが切れることです。電気器具をあまり使用していないにもかかわらず安全ブレーカーが切れる場合には電気器具や配線などの不具合が心配されます。火災の危険性もありますので電力会社に相談の上修理する必要があります。そうでない場合には契約アンペアを大きくする必要があるかもしれません。電気器具の配線接続部の緩みやプラグの差し込み不足が原因で加熱する場合もありますので注意する必要があります。漏電ブレーカーが切れて家じゅうが停電した場合には、電気器具や配線の性能が悪くなって、電気がアース(大地)へ流れる漏電が発生しています。この場合も火災が発生する恐れがあります。
Date: 2016/08/16(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000663
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72