睡眠中に電気をつけたまま寝ると老化が
睡眠中に電気をつけたまま寝ると老化が早まる可能性があります。松果体は第三の目といわれ神経系や免疫系の活動を調整して、時間間隔を制御する。そのため昼夜のリズムが乱れるとメラトニン産生力がかなり敏感に影響を受ける。特に夜間の光には反応するのでメラトニンの産生力が低下する。若さの源泉ともいわれるメラトニンが減少すると当然老化が早まるという事にもなる。睡眠中に視野に入る小さな光源の存在は、それだけで夜間のメラトニン産生力を減少させるのに充分なのである。

Date: 2014/08/21(木)


携帯電話等の高周波電磁波の安全推定値
常時携帯電話を使用している側にできる脳腫瘍の確率は2.4倍という報告もあり、アメリカでは、携帯電話使用による電磁波で健康被害に遭ったとして、脳腫瘍の患者らが集団訴訟も起こしています。正常値を0.0001マイクロワット/平方センチとしたオーストリア医師会は、「4時間以上滞在する環境で最大値がこの値を越えないこと』としています。平均値ではなく、最大値を対象にしているので、いっそう厳しいといえます。バイオイニシアティブ報告書2012年版では、ごく弱いレベルでも生体影響が起きることを説明した一覧表があります。日本では6分間平均値(10 kHz – 300 GHz)が1mW/㎠を超えない事などの基準があり1,000μW/㎠と0.0001μW/㎠の差、4時間と6分の差ですからその安全に対する考え方に関して10,000,000倍以上の差があるとも言えます。
Date: 2014/08/20(水)


シックハウス症候群や化学物質過敏症の前の病歴
シックハウス症候群や化学物質過敏症を発症した方はほとんどの方が発症以前に花粉症やアトピー性皮膚炎などの病歴をもっていて、アレルギー体質の方がシックハウス症候群や化学物質過敏症にかかりやすいと言える。その症状は特定の症状が一つだけ現れるのではなく、体の様々な機関の異常が複数同時に現れるのが特徴である。このことは身体の根幹の免疫力が低下しているというでこれらの方がまた電磁波過敏症にかかりやすいという実態にも表われている。
Date: 2014/08/19(火)


カルシュウムイオンと心臓
細胞には、カルシウムイオンを通すカルシウムチャンネルという穴があり、そこを通り細胞の外からカルシウムイオンが流れ込み、細胞が収縮します。逆にその穴を通って細胞から外に出ることで元に戻ります。例えば心臓の場合、細胞一つ一つでこの流れ込みと排出が規則正しいリズムで行なわれ、心臓全体が動いており、鼓動している。昨日の話にもある16Hzの電磁波をあてると脳細胞からカルシウムイオンが流出するという実験がある。電磁波は人体内に起電力を起こすことによって人体に様々な影響をもたらす。これは自然のリズムから逸脱した被爆といわれるレベルの強烈で甚大な影響を人体に与えることになる。非熱作用だけに限らず高周波電磁波による細胞への熱作用は電子レンジの中で起きてる様な人体や生命が経験したことが無い攪乱を遺伝子・染色体等へもたらす。
Date: 2014/08/18(月)


カルシュウムイオンとメラトニン
細胞の中にも筋小胞体という、カルシウムイオンをためる場所があり、ここからも出し入れが行なわれています。すなわち細胞の内外でカルシウムイオンの出し入れが行なわれ、細胞が活動しているのです。カルシウムイオンは細胞の活動で基本的役割を果たしているのです。 もし、このメカニズムがうまく働かないと、どうなるでしょうか。例えば低温状態で見てみましょう。低温状態になると、このカルシウムチャンネルの穴を閉じる動きが鈍くなりますカルシウムチャンネルという穴を通ってカルシウムイオンの流入と流出が規則正しいリズムで行なわれ心臓は鼓動している。 そのため細胞の中はカルシウムイオンで一杯になり、必要な蛋白質が分解されたり、細胞膜を分解する酵素が活性化されて、やがて細胞が死んでしまいます。電磁波がもたらす健康破壊のひとつに、カルシウムイオンの流出があります。1976年に、ロマリンダ大学のスーザン・バーウィンとW・ロス・アーディは、培養器の中の神経紐胞に変調した145メガヘルツの高周波と16ヘルツの低周波を同調させて照射したところ、紐胞からのカルシウムイオンの流出を観察しています。また、カルシウムイオンは細胞分裂のきっかけにもなります。受精卵が細胞分裂を始めるのは、精子と一緒にカルシウムイオンが入ってくるからです。この細胞の活動での重要な役割を阻害することにもなります。このように特定の周波数の電磁波を被曝すると、カルシウムイオンの流出が起き、細胞の基本的活動に支障をきたすことが分かったのです。このようにカルシュウムイオンは細胞を構成する重要な要素でメラトニンの合成にも欠かせないと言います。メラトニンは免疫力に重要な成分です。電磁波は刺激による異常な細胞分裂やカルシュウムイオンの流失、メラトニンの不足といったガンの発生を助長する理由の大きな要因となっているのです。
Date: 2014/08/17(日)


窓効果
生体には血液脳関門や松果体といった生体を防御宇する砦のようなところや格や急所と呼ばれるチャクラなどがある。このような人間の健康、生体を維持する砦や機能へはパルス波の様な変調波が突破してしまう可能性が高い。また人間の心の窓ともいわれる眼に対して電磁放射線は特に強い影響を及ぼす。網膜から取り入れられたパルス波は人体に大きな生物学的影響を及ぼし人間のホルモン代謝に影響をあたえる。同じように第三の目と呼ばれる松果体には電磁波インパルスの影響はメラトニンの生産を低下させ人体に破壊的作用を及ぼすほどである。
Date: 2014/08/16(土)


変調電磁波の影響は正調電磁波の影響に比べ強烈
通常の家庭や職場で発生する低周波電磁波は50Hz〜60Hzというところであるが実際に私達が被爆している電磁波はそのような一定で単純なものではない。送電線に流れるケーブルには様々な外部からの電磁波が入り込みその周波数に変調をきたしている。一般的にこのような変調周波数いわゆるパルス波の影響は生体に1っ帝の周波数とは比較にならない程生体へ強い影響を及ぼすとされている。したがって通常の電磁波に比してその危険性は測定の上では10分の1以下で安全とされている。
Date: 2014/08/15(金)


周波数が高くなると危険
電場や磁場はその強さが一定なら、周波数が高い程、生体内の誘導電流は大きくなる現象を周波数比例の法則という。通常家庭内の電磁波の周波数は50Hz〜60Hzである。60Hzの電磁波が継続的に提供されると、外界には磁場300nT、あるいは電場3Kv/mが生じ、生体内部には1A/c屬生み出される。この数値は、計測可能な生物学的数値の限界値であると言われている。周波数を120Hzに倍増すると外界の電磁場の強さが150nT、あるいは1.5Kv/mと半分になっても、周波数比例の法則にしたがって、生体内部は2倍の強さの電磁場が生まれ結局前と同様の作用を生命活動に及ぼしさらに周波数が増すと細胞や遺伝子への影響も懸念されることになる。
Date: 2014/08/14(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000553
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72