人工的な環境リスク
ここ100年程度の人工的な環境リスクは急速に高まっています。実際に電磁波過敏症、化学物質過敏症、低周波音過敏症といったストレートな症状を発症する人は数パーセントです。その他ではアトピー、花粉症、アレルギー、脳腫瘍、肺がん等の各種腫瘍、精神障害等、様々な疾病の要因にもなっています。水や土壌が汚染されることによって微生物、植物、動物、魚介類といった地球上の他の生命体にも同じようなことが言えます。他の生物はさらに人間の開発による環境破壊からも影響を受けることになります。200年前には現代の様な電磁波や化学物質の汚染は地球上には無かったわけですが今家庭の中でも電波等の人工的なリスクが増々蔓延しつつあります。このリスクを住宅内で少しでも低減するには各々の個人的な意識によって何らかの措置を取ることが重要です。
Date: 2015/02/03(火)


過敏症発症の原理
私達の身の回りには、過敏症をを引き起こす(誘発)原因物質や原因物質が存在し、心と身体の健康を害する要因として作用する。このような原因物質(環境因子)に対し、私達の体内に備わっている生体恒常性維持機能である自律神経系や免疫機能やホルモン分泌機能、解毒機能が、絶えず健康状態を維持する為に闘い、健康状態を維持している。しかし、こうした適応能力にも限界がある。そしてこの適応能力限度も一人ひとり異なる。年齢や性別などによってもその影響力が違ってくるのである。その人の適応能力限度を超えて原因物質が体内に取り込まれると、その人の身体は悲鳴を上げ拒否反応を示す。この状態から過敏症の発症につながっていく。原因(誘発)物資・因子は様々である。化学物質が主たる原因であれば化学物質過敏症、電磁波という物理的な因子が主たる原因であれば電磁波過敏症である。そして低周波音という物理的要因が主たる要因ならば低周波音過敏症である。
Date: 2015/02/02(月)


環境汚染と生物絶滅期
先日テレビ報道で過去2回の絶滅期の地層の解析と現在の環境汚染による生物絶滅の速度測定回析が報じられていました。地球上の過去の地球上生物のほとんどが絶滅した期間が地球上で数回あったようですが地層から過去2回の生物絶滅のその原因と期間を測定して分析をしていましたが1回はソ連の大火山爆発、1回は隕石の地球衝突でした。大火山爆発はその噴煙が地球上を覆い何年も日を閉ざされたこと、また隕石衝突もそのエネルギーと粉塵が大気を覆い地球環境が急変したことによるものでした。現在の人間による地球上で環境破壊や2酸化炭素の排出等の環境汚染は今の地球生命体の絶滅速度で行くと約200年でほとんどの生物が絶滅すると解析されているようです。2酸化炭素等の排気から水素発電などのクリーンエネルギーの転換により人類の叡智により将来の地球生命体が救われることをひたすら念じています。
Date: 2015/02/01(日)


精神分裂症と近代病
精神分裂病の重要な症状に幻聴や幻覚があります。幻聴は聴覚領域の幻覚の一種で実際には何も聞こえないのに、音や声が聞こえると感じることです。最近では電磁波や各種騒音等によりこの幻聴と耳鳴り、低周波音が混在して原因や症状を判断しにくくなっています。これらの複合的な要因により人間の脳や感覚、機能に変調をきたし騒音や電磁波が精神を侵しているという事もあります。精神障害、脳障害により幻聴を伴うのか、低周波音、超低周波音、電磁波等に被爆しそれらによる精神障害か判別しづらくなっていくのではと危惧しています。早期の改善であれば要因を考えそれらを取り除いたり対策することで一定期間で症状にも改善が見られていくので判別がつくのですが誤診により精神病として対処されるとその人にとっては取り返しのつかない事態も考えられますので細心の配慮をしていただきたいと思います。
Date: 2015/01/31(土)


スマートメーターの普及
スマートハウスの普及が本格化しています。大手ハウスメーカーは差別化のために最新設備をいち早く取り入れ大手の威信をかけて最先端の住宅を造りだしています。今からエネルギーを管理しながら最新機器で外部からスマートフォンやPCでも操作ができるスマートメーターと最新家電製品をセットして住宅に設備して販売していきます。光ケーブルやリモコンでその都度操作する機能も常に電波が飛び交うスマートメーターにより管理されます。電話もほとんどが子機のあるコードレス電話がついたものとなっています。携帯基地局だけでなくますます家庭が電波スモッグだらけ、まるで蜘蛛の巣が全面張ったような電磁波で覆われてしまいます。これらの流行によりこれからさらに子供達や女性、お年寄りの健康障害が急増することが考えられます。

Date: 2015/01/30(金)


低周波音か電磁波か
昨今、ブーンという音が耳について何とかしろという苦情が工務店さんのほうにお客様からあるのでどうしたものかという相談が立て続けにありました。低周波音公害は前にも述べたように以前は工場から発生する低周波音による近隣被害という姿を取っていたが最近では各家庭のエアコン・給湯設備、換気扇等、快適機器の普及により戸建であれば隣近所、集合住宅、マンション等では上下階、隣、近隣で感じる人が増えています。また照明器具からも脳に感じるノイズ音が発生しています。電磁波過敏症になるとこのノイズ音のような耳にシャーという連続音が聞こえることがあります。今は冬各家庭でエアコンが暖房の為にフル稼働しているケースもあり深夜電力を利用したエコキュートーが稼働するケース等多くの騒音発生源があります。吐き気を伴う頭痛、目眩、動悸や精神的ダメージ等とてもつらい症状をおこします。低周波音や耳鳴り、幻聴等、様々な要因があるために計りかねることが多くなっているのではないでしょうか。
Date: 2015/01/29(木)


住環境の重要性
なぜ住環境を大切にしないといけないか。住環境が最も大切であるという事について考えてみましょう。生まれて死ぬまで人は人生のおおよそ半分の時間を住宅で過ごします。その中でも最も大切な場所は寝室です。昼間の労働や勉学等の外部で過ごす日常活動の身体の疲労を癒し身体を整えるのが睡眠です。その寝室が化学物質や電磁波、各種騒音、微生物で汚染されていたらどうでしょうか?体を整えるどころか身体は化学物質や電磁波の被爆・騒音や微生物等の障害と戦い続けて疲弊してしまいます。また身体の正常なリズムを壊しホルモンの分泌や血液の循環機能などに異常が生じてくることになります。すり減ったエネルギーを夜、睡眠中に充満させるところ、反対にエネルギーをすり減らし身体の抵抗力が少しずつ失せ病気に罹り易い体になっていきます。免疫力がなくなると身体に入ってくる細菌やウイルス、アレルゲンを正常に排除することも出来なくなり体の中の通常の菌も増殖しすぎて体に悪影響を及ぼすことになります。したがって住環境を整えることが身体を正常に維持する最も大切なことであるという事を常に忘れずに定期的に住環境を見直し整備していく必要があるのです。

Date: 2015/01/28(水)


電磁波と薬
電磁波がメラトニンを抑制する働きがあることはよく知られていることです。メラトニンは免疫力を高めたりがん細胞を抑制したり、若返りのホルモン等とも呼ばれたりしています。電磁波の周波数や強さによって体に何らかの作用が働くという事も知られていることです。さて医薬品の部門では本来ガンの増殖を抑制する働きを持つ医薬品がある強さの磁場では逆にガンを増殖させるという結果になったケースも実験で判明しています。
Date: 2015/01/27(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000390
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72