農薬分解微生物
農薬は、病原菌やカビ、雑草を駆除する薬剤なので環境中の様々な微生物にも作用し増殖を止めるなどの働きもあります。しかし微生物は世代交代が短期間で行われるために短時間で薬剤に対する適応能力を持ち耐性を持つようになる。さらにその中から積極的に農薬を利用して生きるように適応する微生物(農薬分解微生物)も現れる。農薬を分解しそのエネルギーを得ることによって生存するようになる。これらの農薬分解微生物を利用することにより土壌に残留する農薬を分解し無毒化できることになるのである。これらの作用を研究することはさらに他の毒性化合物の分解・無毒化の研究にも貢献している。
Date: 2018/02/22(木)


人為的な環境破壊と微生物による環境再生
人為的な環境破壊の主な原因は農薬によるものですが農薬も化学物質の一種であるように人工的な化学物質による様々な環境破壊があります。農薬は病害虫の駆除や予防、雑草の除去に用いられ、農業の生産性を高めているとされています。自然農法ではない現在の体制の農法では農薬や化学肥料を使用するのでそれらを使用しなければ生産性が上がらない土壌となっています。農薬は作用の対象である害虫や雑草だけでなく、野鳥や魚類、人に対して毒性を示すことや環境で分解されず残留することが明らかとなり禁止された農薬もあり法律による安全基準が設けられ人に対する毒性の低く、環境中で残存期間が短い農薬が使用されることになっています。しかし過去に使用が禁止されたにもかかわらず土壌中に残留する農薬はかなりの広範囲にあるものと推定される。こにょうな残留農薬を分解・無害化する微生物の研究が行われています。
Date: 2018/02/21(水)


自然災害による環境破壊と微生物による再生
自然破壊というと火山活動による噴火が考えられますが火山活動により噴火した溶岩や火山灰、火山ガスなどが森林や農耕地から植生を奪うということになります。この無機的な環境を再生するのも微生物の働きによるものです。無機独立栄養細菌は硫黄や鉄や水素ガスなどの無機物を酸化してエネルギーを獲得し、二酸化炭素から有機物を作ることができる細菌です。無機独立栄養細菌の中にはとりわけ鉄を利用する細菌が多いことが推定されています。この無機独立栄養細菌が生態系での一次生産者としての役割を担うことによって土壌が再生されていくと考えられています。このように地球上の総ての生物は連鎖し繋がっていることを考えると総ての生物の重要性が改めて認識されるところです。マラリア等の伝染病を媒介する蚊も様々な生物の糧になっていることが報じられていました。
Date: 2018/02/20(火)


環境再生と微生物
土壌中における植物と微生物のバランスの良い関係が、様々な要因で崩れることがあります。その要因は大きく自然災害的なものと人為的なものに分けられます。バランスの崩れた土壌では微生物が様々な働いて環境をもとの状態に戻そうとします。これを微生物による環境再生と呼びます。環境再生は人が病気やケガややけどをしたとき細胞を修復して元の状態にしていく働きと似ています。
Date: 2018/02/19(月)


土壌の微生物の働き
我々が普段、食する農作物はほとんどが農地の土壌で栽培されたものです。土壌中には目には見えないが膨大な数の微生物が生息し様々な働きをしています。したがって土壌の働きとは土壌中の微生物の働きであると言い換えることもできます。微生物は植物からの有機物供給の見返りに植物の無機栄養分の吸収を助けたり、空気中の窒素を固定し、植物へ供給したりしています。私達が農作物を毎日食べられるのも光合成を行う植物と微生物の関係がうまく行われているからです。
Date: 2018/02/18(日)


植物の健康診断
植物と微生物の相互依存関係が本来の生態系による健康な状態ということが言えるならばそこを分析することによりその栽培圏が正常かどうか判断できる。つまり植物と相互依存関係にある微生物を指標として植物の健康診断が可能になる。正常な自然循環で生育する植物の健康診断をすることによって最適な指標となる微生物の発見にもつながるということになる。問題は今分断されている生態系の自然循環の流れをつなげていくことが本来の地球生命体の健康、ひいては人間の本来の健康にも寄与できるということになる。
Date: 2018/02/17(土)


自然循環と相互関係
微生物と相互依存関係にある植物は病気にも強いし、貧栄養や低温などの環境ストレスにも耐えることができる。しかし土壌などの環境が悪化すると、真っ先に影響を受けるのが微生物で微生物の生態系循環が機能しなくなる。農薬などによる例が挙げられるがその影響により微生物が機能しなくなれば微生物の手助けが無くなった植物は、病気や環境ストレスに弱くなり病に弱く不健康な状態になると考えられる。
Date: 2018/02/16(金)


健康な植物とは
植物もがんになるということが言われていますがそんなことは通常意識することさえないかもしれません。健康な植物とは病気にかかっていないということですが人と同様に植物にとっても健康というのは見かけ上病気でなければよいというものではありません。生態系を考慮した農法で栽培され正常な循環によって自然成分による栄養分が補給された植物が免疫力の強い健康な植物といえます。総ては自然循環の恵みでその健康な植物を食べた動物も免疫力の強い健康な状態になる、総ては循環、和の成せる業なのです。
Date: 2018/02/15(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000316
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72